<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
XP-PBへのリクエスト

お客様のリクエストから新製品が生まれることがあります。

「2018年最初の仕事〜XP-PBシリーズモデルチェンジ〜」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=930

それは今年の初めの事でした。

XP-PBの底板に「最適解処理」を行ったのでした。

最適解処理は実は面積が大きくなればなるほど難しいのです。

それは均一に行わないと音にムラが出てしまうのです。

ですから

「あの〜この技術を電源タップに用いることは出来ないのでしょうか?」

とリクエストがあった時は大変に躊躇しました。

大きいほど難しいなら、これはどうなんだ?

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=991

となるかもしれませんが、

この製品は価格を考え、最適解処理の密度を押さえています(とはいいましても16万円の価格のうち、ほぼ10万円が最適解処理です)。

ある意味コストパフォーマンス重視でリラックスした最適解処理です。

話はXP-PBの底板の最適解処理に戻りまして。

この音を聴いてしまっては、それまでの音は麩菓子。

スッカスカの音に聴こえてしまうのです。

これはもう、XP-PBをモデルチェンジするしかないと思い、年初め急遽モデルチェンジしてしまいました。

そんな中、「年末年始は良い音・映像で」と思ったお客様からケーブル・機械・コンセント・・・・etc.大量の製品がバージョンアップ依頼で1週間以上前に送られてきました(1か月以上前からのご予約のバージョンアップです)。

その中の一つがXP-PBだったのですが、そのXP-PBは底板を最適解処理していない旧仕様だった為、今回のバージョンアップで現行モデルにする予定でした。

そうしたらそのお客様から「底板だけでなく、本体も最適解処理できないか」と

私的には「は〜っ?突然それを言うかい。」なのですが、断るのも面倒なので

「チャカチャカっとそれっぽくやっておきますよ。」と答えるわけです。

2Dでなく3Dで尚且つこんな表面積が大きいものをまともにやったら大変です。

そして施工当日、チャカチャカっとやるつもりだったのですが、それをやれないのが私の性格

自分自身が知らないうちに潔癖になっていたように、いつの間にか製品作りに手を抜けない人間になっていた自分だったわけです(結果、同じ製品を作るにもかかる時間が数年前の数倍になってしまいました)。

チャカチャカのつもりが、しっかりと最適解処理を行い、そして音を出す。

その効果は・・・

底板との相乗効果なのかもしれませんが、もう凄いのなんのって。

変化の方向は同じです。

ただ音の満ち満ち方が全然違うのです。

誤解を覚悟で言うなら、ワイドレンジな音、広い音場をまるっきり意識させないのです。

低域〜高域まで空間が情報で満ち満ちている為、音の両端に耳が行くことがないのです。

ワイドレンジ・広い音場に振り回されず、しっかりと支配下に置いてるという事です。

この様な音を常日頃目指し、製品を作り、「このような音を出せるのは世界で俺一人だ。」という自惚れもあるわけですが、それでも新たな壁を超えると、

「あ〜このような世界がまだまだあったんだな。」

この様な経験を積む度に私は耳が良くなり、感性も研ぎ澄まされ、その様な製品に接したお客様も同じように進化していく。

「本当にキリがないな〜」

今年はXP-PBで始まり、XP-PBで終わるのかな?

とにもかくにも、お客様からのリクエストには教わることが多いです。




 

百式コンセント現在の状況

「XP-PS HYAKU/SHIKI 完成〜10万円以下で私が本気で作る最後のコンセント〜」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=992

ですが14日に第2ロットのメッキパーツ15個分が入ってきまして、その日にパーツのクオリティチェックと組み立て作業を朝方まで行い、15日に発送、16日(または17日)に到着となっております。

第3ロットの残り13個ですが再来週到着予定となっております。

30個限定のご注文状況ですが、今現在23個/30個となり残り7個となります。

コンセントご購入予定の方は是非ともご検討ください。

またXP-PS SEやXP-PS Flare≒Limited、XP-PS Flare Limitedをお使いのお客様でも粗略な電源タップをお使いの方には是非ともお薦めです。

コンセント同志はグランドでつながている為、質の悪いコンセントがタップに使われていると、システム全体の足を引っ張ってしまうからです。

それに関しましては

「XP-PS HYAKU/SHIKIの凄さ〜これが本当の仮想アース効果〜」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=994

で言及しています。

まずは第2ロットの百式が届いたお客様のシステムが良い音を奏でる事を期待しております。

バージョンアップするにあたってのお願い

コンセントをはじめ、当社の製品は多くがアップデート可能なため、買い替える必要がほとんどいらないという事が大きな魅力と自負しております。

前のブログ「バージョンアップしないのは非常にもったいない」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=995

でもコンセントのバージョンアップを推奨しております。

多くのお客様に当社の最新技術を感じ取って欲しい。

以前は「座間DOLPHINを始める前の自分の音は化石だ」と言っていましたが、今となっては1〜2年前の自分の音は「こんな音に喜んでいたのか。」と思うほど化石化しつつありますから。

さて、このようにバージョンアップを推奨して置きながらお願いするのは何ですが、

「製品を送りました。バージョンアップお願いします。」

と言うのだけはご遠慮ください。

直ぐにご対応できず、場合によっては1〜2週間またはそれ以上お待たせしてしまうかもしれません。

他の製品のご注文もありますし、バージョンアップの仕事もあります。

基本私一人の家内制手工業の為、一日にできる仕事量には限界があります。

特に今はXP-PS HYAKU/SHIKIの第二次出荷を来週に控えていますので。

バージョンアップにあたりましては、出来るだけお客様のシステムから製品が離れる期間を短くするようスケジュール調整をしながら行いたいと思います。

ご理解よろしくお願いします。

バージョンアップしないのは非常にもったいない

「XP-PS Flare Limited、XP-PS Flare≒Limited、XP-PS SEバージョンアップのご案内」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=986

でご案内しています、XP-PS Flare Limited、XP-PS Flare≒Limited、XP-PS SEバージョンアップですが、今現在半数強の方がバージョンアップを完了されています。

ただ半数弱の方がバージョンアップを行っていません。

正直、実にもったいない事です。

今現在唯一XP-PS HYAKU/SHIKIとXP-PS Flare≒Limitedを所有されていますS様の最初のご感想は

「火曜日がたまたまお休みでしたので、予備コンセント(安物タップについていた詳細不明のレビトン)装着の状態で改めてXP-PS HYAKU/SHIKIを聴いてみました。
 少なくともうちの環境、使用状況では、XP-PS HYAKU/SHIKIで得られる音像の存在感、響きの濃密さなどはXP-PSは勿論のこと、XP-PS Flare≒Limitedでも得られない特徴のように思えます。(総合的なポテンシャルは当然XP-PS Flare≒Limitedに軍配が上がりますが)
 冷静に考えて、コンセントだけでここまで音の密度が上がるものなのだという驚きが確かにあります。」

とXP-PS HYAKU/SHIKIを大絶賛されています。

フラッグシップのXP-PS Flare≒Limitedと言えども直近のバージョンアップを施さないと、最新の技術が投入されたXP-PS HYAKU/SHIKIの前では(オーディオ的なポテンシャルで上回っても)音楽的な魅力で後れを取ってしまう事が多々あるのです。

他社のコンセントは価格無制限でXP-PS HYAKU/SHIKIの足元にも及ばないという事が嘘ではないという事がご理解いただけると思います。

他社のコンセントなど相手にせず、それどころか旧モデルの兄貴分にまで牙をむくコンセントがXP-PS HYAKU/SHIKIなのです。

当然にS様はXP-PS Flare≒Limitedをバージョンアップされました。

その結果はご想像通りです。

だから思うのです。

XP-PS Flare Limited、XP-PS Flare≒Limited、XP-PS SEをバージョンアップしないのは非常にもったいないと。

XP-PS HYAKU/SHIKIの凄さ〜これが本当の仮想アース効果〜

10万円以下で私が本気で作る最後のコンセントXP-PS HYAKU/SHIKI

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=992

当社の電源タップを用いてるお客様に向けてもご案内しようと思い、XP-PBのコンセントをXP-PSからXP-PS HYAKU/SHIKIに変えて見ました(XP-PS自体も他メーカーの数万円のコンセントを圧倒する出来です)。

電源タップのIECインレット側手前2個がXP-PSで、一番音が悪くなる3番目の場所にXP-PS HYAKU/SHIKIを装着です。

まずは電源タップの手前2個のXP-PSを用いての試聴と思ったら・・・

「あれ、あれ?さっきまでのXP-PSのみを用いていた電源タップの音よりも良いぞ!それもちょっとやそっとの差ではなく、圧倒的なまでに。」

あまりの良さにちょっとばかりそこで立ち止まってしまいました。

何故にそうなったかの理由は、当ブログを読み続けてる方はすぐにわかるはずです。

そう、世間で言う「仮想アース」的理由です。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=646

XP-PS HYAKU/SHIKIから電源を供給しなくても、電源タップ内ではグランドラインがXP-PS HYAKU/SHIKIに繋がっているのです。

製品を作る際に徹底的に残留ノイズの質を計算し作り上げてるXP-PS HYAKU/SHIKIを装着したことにより、オーディオ製品の再生音のバランスが格段に上がったのです。

私はこの事をとって一々「仮想アース」なんて騒ぎはしませんが、これが本当の仮想アースのあるべき姿であり、他社の仮想アースなんて得られる効果はどうでもいいものばかりです。

さて、ここで思うのは

「ここまで良くなってしまうとXP-PS HYAKU/SHIKI本体から電源をとっても『さほど変わらないね。』と言う落ちにならないだろうか?一番音質的に不利な3番目のコンセントだし。」

という事です。

正直試聴前は「聴くの怖いな〜。」と言うのが本音でした。

しかしその心配は杞憂に終わりました。

もう音が出た瞬間からすべてが違います。

この音を聴いてしまうと、それまでの音はハイバランスで鋼の様に硬質で肌寒い音に感じてしまいます。

エッジだけが際立ち中身のないスケルトンのような。

そしてこの音を聴くと、オーディオ再生に大切なのは風が通り抜けるような軽々とした音と同時に質量を感じさせる音なんだなと。

人の体重、楽器の重量、コンサートホール全体の重さ・・・

このコンセントを真っ先に導入いただきましたS様のコメントがそれを物語っています。

「特に驚いたのは音のひとつひとつの重さがそれまでとは比べものにならない、全くの別物となっている点です。
重いというのは音像の密度のことですが、薄い濃いという表現ではなく、重いと表現するのがぴったりだと感じました。
その上で音の響きがかなり細かいところまで、長くじっくりと描写されるので、ひとつの音の存在感が尋常でないほど高く、表現をとても楽しめるようになっているように思えます。
歪みが少ないためボリュームを上げていくことも可能なのですが、音の重さから控えめでも十分に楽しめるようです。」

と言うものです。

私がXP-PS HYAKU/SHIKIの説明で、他のオーディオグレードコンセント(数十万円のものを含め)をこのように表しました。

「壊滅的なほどに低域が出なく、音の脚がなく浮遊的で音が薄く、音楽的旨味が皆無。」

私がXP-PS HYAKU/SHIKIに感じた事、XP-PS HYAKU/SHIKIに対するS様のご感想を総合すると、私が他のオーディオグレードコンセントにもつ不満を完全に払拭できたと思います。

そしてXP-PS HYAKU/SHIKIに用いられた技術は急遽これまでの当社のコンセントにもフィードバックされることとなりました。

XP-PS HYAKU/SHIKIですが、本当に凄いコンセントです。

このコンセント実は初回製作は試作を含め3個のみでした。

本作の2個が今現在S様にお納めされてる状態です。

今後の生産予定は2回目の生産が15個(納期が2週間ほどでしょうか)
、3回目が13個(納期が3〜4週間後だと思います)と言う予定です。

今現在のご注文状況は16/30と言う状況です。

納期に少しばかり時間がかかるという事で、お客様に対し積極的にご案内していなかったという事もあります。

ただ、これほどまでのXP-PS HYAKU/SHIKIのパフォーマンスを耳に目にしてしまうと、

「私の為ではない。このコンセントのプライドの為に、2回目の生産が完了する前に限定数量30個を達成してあげなければいけないな。」

と思ってしまいます。

純粋にこのコンセントとために。

HLP8802A天板完成〜やばいくらいに凄い奴〜

 

「近日登場」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=989

と予告しておりましたHLP8802A用天板ですが、ものの見事に完成しました。

天板に使うという事を考慮、計算しつくされた積層プログラムにより作り上げられたカーボンファイバーコンポジット

HLP8802A用に行ったハイグレードの最適解加工

これをベースに作られたHLP8802A用天板(両面テープではありません、どこかのハイエンドメーカーのような木工用ボンドでもありません。カーボンファイバーコンポジットに用いられるエポキシ樹脂と同じ成分の接着剤が用いられています)です。

その効果は、正直凄すぎます。

ハイエンドメーカーが威信をかけて作り上げたリファレンスプリアンプをあざ笑うHLP8802Aですが、この天板を装着する前と後の音を聴いてしまうと、使用前の音のうすっぺさら、チープさのみを感じてしまいます。

使用後を使用前に戻すと、「HLP8802A壊れたか?」と思うほどの衝撃かもしれません。

HLP8802Aの天板にXP-SBD Flare(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=984)を用いた音とも比較しました。

確かにHLP8802Aの天板にXP-SBD Flareを乗せると格段に良くなるのですが、このHLP8802A用天板の音を聴いてしまうと「何か変わったの?」と思ってしまうほどです。

衝撃度合いが理解いただけましたでしょうか。

HLP8802Aユーザー様

これは必須アイテムです。

※この天板はHLP8802Aユーザー様に向けて製作したもので、天板のみの販売はしておりません。

XP-PS HYAKU/SHIKI 完成〜10万円以下で私が本気で作る最後のコンセント〜

前フリしていました限定販売コンセントXP-PS HYAKU/SHIKI

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=988

遂に完成しました。

まず、このコンセントに関して一言いうなら

10万円以下のコンセントでは私が本気で作る最後の製品になると思います。

その理由は前フリのブログのとおりです。

私が本気を出すにはやはりカーボンファイバーコンポジット製バックプレートが必須となります。

その構造に最もふさわしい旧5362IGが生産完了になった今、作りたくても作れないというのが本当のところなのです。

今後は貴重な旧5362IG(オレンジ)は高額なXP-PS SE(22万円)とXP-PS Flare≒Limited(50万円)のみに用いようと決定しました。

ただそれでは寂しすぎる。

限定とはなりますが、せめて最後を飾る製品を作りたい。

それがXP-PS HYAKU/SHIKIの開発の動機です。

まず最初に、

正直、世の中のオーディオグレードを名乗るコンセントは音が皆悪すぎます。

はっきり言います。

価格無制限で悲惨なほどに音が悪いと私は思います。

何十万円の電源ケーブル、インターコネクトケーブル、デジタルケーブル、インシュレーター、スピーカーケーブル・・・

その様なものを用いても既存のオーディオグレードコンセントを使うなら、全ては台無しだと思います。

壊滅的なほどに低域が出なく、音の脚がなく浮遊的で音が薄く、音楽的旨味が皆無。

雑誌が褒めるコンセントを「本当に良いのかな?」とあれこれ試しましたが、どれも酷い。

実はオーディオアクセサリー業界でコンセントは冬の時代なのですが、そりゃ〜当然というものです。

私が製品を作る側でなく、買う側だったらオーディオに絶望し、オーディオをやめたいぐらいです。

溜まり溜まった現状への不満

「あっ、オーディオって楽しい!壁コンセントを交換する事は、これだけの夢をオーディオに与えてくれるのか!!」

オーディオアクセサリーに消極的な方々に、頑張れば購入できるコンセントを最後に作ろうと思ったのです。。

XP-PS HYAKU/SHIKIの開発には、これまで培った技術を総動員するだけでなく、今回新たにチャレンジした新しい技術も用いました。

金メッキを2μ以上するにしても、如何にすれば真の金の魅力を引き出せるか?

メッキ前の処理、金メッキ前のメッキプログラム、メッキ後の処理・・・

如何にすればカーボンファイバーコンポジットの魅力を引き出せるか?

XP-PS HYAKU/SHIKI様に特化したカーボンファイバーコンポジット最適解処理

技術はアバンギャルドに、しかしヒアリングは長い歴史を持つ音楽に敬意をはらい保守的・古典的に

・・・・・

XP-PS HYAKU/SHIKIは完成しました。

名前の由来は前フリのブログのとおりです。

かつてこれほどまでに黄金に輝くコンセントは存在したでしょうか?

音楽の神様に従順に、音色の統一感をはかる為にはここまでするしかなく、それが黄金のコンセントを生んだのです。

その音は陽性な金ピカの音、華やかな音とは対極だと思います。

華やかさを競うアクセサリーのような音ではなく、歴史を感じさせるような深さ、重み、落ち着きを感じさせる音だと思います。

交換した瞬間のみ魅力を感じるのではなく、時間が経てばたつほどその音に魅了されるような時間的耐久性の高い音だと思います。

すばらしいコンセントが完成したと思います。

最初に

「10万円以下のコンセントでは私が本気で作る最後の製品になると思います。」

と書いた事で、「その能力も10万円以下となるのでは?」と思われる方もおられるかもしれませんが、ご安心ください。

聴いていただければ、観ていただければわかるはずです。

限定壁コンセント
XP-PS HYAKU/SHIKI 68,000円(税込) 30個限定

限定ターンテーブルシート、レコードスタビライザー

新製品案内です。

この度CROSS POINT社ではカーボンファイバーコンポジット製、ターンテーブルシートとレコードスタビライザーを限定販売します。

今現在世の中には多くのカーボンファイバー製品が溢れかえっています。
そしてその殆どが音質的に好ましくなく、オーディオファンにとってカーボンファイバー製品であることがネガティブな要因になりつつあります。

具体的には「音が冷たい」「音が軽い」「音が硬い」「音が死んでしまう」・・・のような。

それに対し当社の誇るカーボンファイバーコンポジット製品は世間のイメージとは真逆の音であると自負しています。

それを支える技術は、カップリングインシュレーター(現行型)XP-WSBから用いられている最適解処理(※)です。

他社とは完全に一線を画す当社のカーボンファイバーコンポジット製品の能力を示すべく、限定販売となりますがアナログファンに向け登場させていただきます。

ターンテーブルシート(限定8枚)
XP-ATSH 160,000円(税込)
Φ295mm×3mm

レコードスタビライザー(限定8個)
XP-ARST 48,000円(税込)
Φ56mm×10mm

XP-ATSHとXP-ARSTのSET価格 200,000円(税込)



こちらの製品ですが、例えばターンテーブルシートに使用されるカーボン繊維は遥かに暗黒のカーボンの方が上です。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=561

正直グレードが違いすぎます。

ただ出てくる音はXP-ATSHの方が上だと思います。

突出した中域、中高域の濃さは確かに暗黒のカーボンのアナログシートにオーディオ的凄味は感じながらも、音楽全体を支える余裕ある低域、充実した中低域、甘味な中域〜高域と言う音楽的なバランス、楽しさは遥かにXP-ATSHの方が上なのです。

それを支えるのが最適解処理なのです。

何故にこのような製品を8枚限定で出したか?

それは世の中にカーボン製品が多すぎるからです。

渡辺謙が「世の中字が小さすぎる」と怒るように、私的には「世の中カーボン製品が多すぎる。そして皆音が悪すぎる。」なのです。

結果として「カーボン製品=音が悪い」と言う事が定着化しつつあり、カーボン製品であることがネガティブな要素になってしまったのです。

その誤解を解くために、

「座間DOLPHINのCROSS POINTのカーボン製品の音は他メーカーとは根本的に違います。」

とアピールするためにこの製品を作りました。

たったこれだけの違いなのに

お客様からPCアナログ電源用DCケーブルの製作を依頼されたのは今年の春。

きっとこのような事があるだろうと昨年の秋にメッキ製作依頼していたDCコネクターなのですが半年過ぎでも入らず。

「あの〜いつ入るのでしょうか?」とお願いし続け、入ってきたのが注文から1年弱の9月でした。

CNT複合銀メッキDCコネクターですが、メッキは「(オリジナルのニッケ)メッキ剥離」⇒「CNT複合銀メッキ」となります。

おそらくメッキ剥離における樹脂の(ダメージ)問題があったのだと思います。

S社 K様、いつも私がお願いする無理難題のメッキにお付き合いいただきありがとうございます。



シルバーリッツ線、ENLL処理、そしてこのDCコネクターを用い完成したDCケーブルの音は依頼者T様曰く

「想像通りの素晴らしい音です。PCオーディオの再生能力が一気に上がりました!」と言うものでした。

気を良くした私はこれをComet DAC/HLP(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=933)用電源に用いたらどうだろうと試しました。

・・・・・・
・・・・・・

正直開いた口が塞がりません。

「今までのComet DAC/HLPは何だったの?」と

もう完全に別物のDACです。

完全に暖まったこれまでのComet DAC/HLP用電源と、(完成したばかりの冷え切った状態の)CNT複合銀メッキコネクター搭載 NEW Comet DAC/HLP用電源との比較なのですが、思わず口から

「これまでの音はカスか」

と不謹慎な言葉が。

多くの超ハイエンドDACや超ハイエンドプリアンプを手玉に取ってきたComet DAC/HLPに対し思わずその様な汚い言葉を吐いてしまうほどです。

早速そのバージョンアップを行って戴いたお客様には

「O様
大変遅くなりましたが本日電源部を発送させていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
少なくともこちらでは今までの音は、まるっきりのカスに感じるほどです。
本当にここまでくるとプリアンプの存在意義が消え去ってしまいそうです。
明日午前到着の予定です。
楽しみにお待ちください。
奈良岡 」



O様から返ってきたメールは

「無事に届きました
大きく変化していて、驚きました
低域の厚み、音の広がり、全てにおいて向上していて、以前もこれ以上にないと思っていたのですが
今回のと比較すると、前は音が出ていただけに思えてなりません
車検があったので、賞与が出てからお願いしようかと思っていたのですが、待たなくて正解でした
待っていたら、後悔するところでした」

と言うものです。

なんて言ったらいいのかな。

全部が違います。

私がオーディオの三大ルールに掲げる三要素(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=855)が全く違う次元で達成されているのです。

三要素は

1、整った帯域バランス

2、音場と音像のボリューム感

3、ボリューム感を持った音に存在感を与える密度感

なわけですが、

今まで見えなかった音楽の脚(最低域の再現)が見えるようになったという点においては帯域エネルギーバランスはより一層理想的ピラミッドバランスになり

音場音像ともにスケールを増したという点では更なるボリューム感を得

今までの音が希薄で薄っぺらに聴こえるようになる点では、ボリューム感が増したことによる容積拡大を遥かに上回る情報密度の情報を意味し。

音が変わったのではなく、音が格段に向上したという事なのです。

たったコネクター1個の違いなのに。

近日登場

 

HLP8802Aユーザーの皆様大変にお待たせしました。

近日HLP8802A用カーボンファイバーコンポジット複合天板が登場予定です。

天板に求められる要素を計算した積層プログラムと、その能力を発揮すべく最適解処理が行われたカーボンファイバーコンポジットが用いられています。

ルックスもパフォーマンスもご期待ください。

奈良岡