<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019年仕様 飛躍的に向上したケーブル

CROSS POINTの2019年製品群は無敵艦隊だと思っています。

その中でも特に大きなパフォーマンスアップしたものは「電源ケーブル群」とブログでも書きましたが、それと同じくらいに向上したものはBNCケーブルXP-DIC/BNC ENだと思います。

それは何故かというならBNC端子が大きく変わったからです。

基本的に世の中のBNC端子のほぼすべてが磁性体のニッケルメッキがされています。

そして2018年仕様までの当社のBNC端子も下地にニッケルメッキをしていました。

当然それを心から良しとしたわけでもありません。

当社オリジナルの金メッキをしてみました。

しかし音が尖がって攻撃的になってしまうのです。

他のジャンルのケーブル(端子)ではニッケルメッキに逃げるようなことはしませんでしたが、BNCケーブルだけは逃げざるをえなかったのです。

私はこう悟りました。

「BNC端子は長い歴史の中でニッケルが用いられ続けた、ニッケルによってフォースのバランスを保っていた、ニッケル文化なんだ。この歴史はちょっとやそっとじゃ動かすことができない。素直にこの文化に従おう。」

と。

この悟りが2018年仕様までのBNC端子のベースにはあったのです。

しかし2018年末、ついにその悟りと言うか呪いから逃れることができたのです。

それは2018年の1026事件です(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=992)。

・最上の金メッキプログラム

・メッキする母材ごとに使い分けた最上の金メッキプログラム

これが遂に完成したのです。

これによりBNC端子に対し怯え、消極的にメッキした黒歴史に幕を下ろすことができたのです。

その音はと言うと・・・

それこそXP-PS HYAKU/SHIKIに代表される盤石の金の音です。

この音を聴いてしまうと2018年仕様までのBNC端子は、薄く人工的で覇気がなく、全てをツルンと無機質にまとめたと音と感じます。

「音の幅・厚み・温度感・質量感・品位・・・・全然出てなかったんんだな〜」



「そこまで言うか奈良岡」と2018年仕様までのXP-DIC/BNC ENユーザー様に怒られそうですが、そこまで言います。

ここまで違うと言わない方が罪深いとすら思うからです。

しかしあまりにも良すぎて自分自身ブログに書くことを躊躇していました。

「クロックケーブル、デジタルケーブルでここまで音が良くなって良いものだろうか?何か悪い副産物があるかもしれない。」と

兎に角ひたすら重箱の隅を突っつくようにヒアリングしました。

しかし答えは

「ただただ良い」

でした。

何一つ死角が見つからないのです。

2019年仕様XP-DIC/BNC EN

これは間違いなく私の代表作となるクロックケーブル(BNCケーブル)だと思います。




 

2019年仕様HP-PSC販売終了のご案内

「こんな電源ケーブル、やはり座間DOLPHINにしか作れないだろ!」

として登場した座間DOLPHIN限定の2019年仕様HP-PSC

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1034

登場したばかりなのですが、残り3本で生産終了となります。

このケーブルは私自身も自宅のシステムの一部に使う大変お気に入りの自信作ですが・・・

生産終了の理由は使用する電源ケーブルの最新ロットの音質が大きく落ちてしまった為です。

10万円の価格でハイパフォーマンスを実現するため、既製の電源ケーブルにCROSS POINTの最新技術をふんだんに導入したHP-PSCなのですが、最新ロットでは自分が意図す音が出ないのです。

非常に苦しい決断なのですが、生産終了とすることにしました。

残り3本ですので、ご購入希望の方はお問い合わせください。

XP-PSC EN/STまたはXP-PSC EN/AU(合わせて)3本限定の特価商材のご案内

座間DOLPHINは3月決算という事で今月中に決算処理を行わないといけません。

今妻と協力しながら経理作業を一生懸命やっています(ディスクワークが苦手な自分にはゴールデンウィーク明けの1年で1番辛い時期です)。

その様な中で在庫整理もするわけですが、今回XP-PSC EN/STまたはXP-PSC EN/AU(合わせて)3本限定の特価商材のご案内を。

2019年仕様のCROSS POINT製品は自分で言うのもなんですが主観ではなく客観的に見ても「完全に天下をとったぞ」と言えるパフォーマンスだと思います。

どの製品も大幅にパフォーマンスがアップしましたが、特に大きなパフォーマンスアップを果たしたのが

XP-PSC EN/ST

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1045

XP-PSC EN/AU

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1048

等電源ケーブル群です。

構成パーツをそれぞれ再吟味し、製作方法も再吟味し、ケーブルを作り上げる製作プロセスすべてに最適解を重ねたような電源ケーブルです。

「今まで自分が作り上げた電源ケーブルはいったい何だったの?」

と思う成果を2019年仕様電源ケーブル群は果たしているのです。

当然にその成果と言う果実を手に入れる為には試作もたくさんこなしています。

その試作の中で使われたケーブルですが、当初2mから作り上げたものの試作を繰り返すうちに正規の長さ1.8mに届かなくなったもの3本を今回は特価商材としてご案内差し上げます。

170cmほどのものが3本あります。

この170cmのものをベースに一からすべて作り上げます(つまり新品と思ってください)。

XP-PSC EN/ST XP-PSC EN/AUどちらでも製作可能です。

XP-PSC EN/ST 258,000円 (1.8m ±82,000円/m)

XP-PSC EN/AU 378,000円 (1.8m ±82,000円/m)

ですのでそれぞれの定価はXP-PSC EN/STが249,800円、XP-PSC EN/AUが369,800円となりますが

XP-PSC EN/ST 249,800円⇒210,000円

XP-PSC EN/AU 369,800円⇒330,000円

それぞれ3本ではなく、2種類のケーブル合わせて3本限定の特価商材としてご案内差し上げます。

ご興味のある方はお問い合わせください。

2019年春青森に帰って・・・
今回のゴールデンウィークの10連休

私は11連休をとりました。

それは休みを一日ずらすことで帰省ラッシュを回避し、事故を回避するためです。

4人の子供の親としましては、絶対に家族に何かあるようなリスクは取りたくないのです。

子供の数が増えれば、一人の子供の命の重みが下がるかというととんでもない。

家族全員のチームワークが深まりより一層重みが増すのです。

少なくとも我が家の場合。

さて「2019年春青森に帰って・・・」の本題へ

今回11連休あったという事で、車から降りゆっくりと実家の旧尾上町の景色を見ました。

そうするといたるところの店がなくなり更地になっているのです。

過疎化+大型店舗独り勝ちが一番大きな原因でしょう。

過疎化ですが

私がいた尾上中学校は1学年180人くらいだったはずが、今は1年生は57人になっていました。

青森に住みたくてもそれを支える職業がなく、私たち世代の多くが県外に出てしまう。

結果、子供の人口が3分の1未満に。

このスピードで行くなら、30年後には中学校の生徒の数は1学年20人?

まさかそんなことは無いと思いますが・・・

大型店舗独り勝ち

これはどの地方でも抱えてる問題です。

「買い物する場所がイオンしかなくなった。」

「地域を象徴する建物がイオンモールになってしまった。」

もう完全に地方の町の景色は消え去ったと思います。

「あ〜ここに昔自転車屋があったんだな」

「あ〜ここに子供たちや近所の人たちが買い物する小さなお店があったんだな」

という形跡と形跡すらない更地があるのみなのです。

昔はその町を象徴する大きな店がことごとくなくなり、今回も冬に行ったときはあったはずの「新し屋」がない。

寂しい・・・

いや

怖い

「あれだけ大きかった店がなくなるのなら、座間DOLPHINなんて何時吹き飛んでもおかしくない。」

確率論的に考えればそう考える方が素直です。

未だに「出来る事ならなるべく人と接したくない」なんてことを言う偏屈な男が経営する店やメーカーが残ってる方が逆におかしい。

そう思うと更に・・・怖い。

しかし何とか生き残り今こうしてブログを書いています。

それが出来るのは「技術力」だと思います。

人と接しない代わり多くの開発時間を割けるからです。

座間DOLPHINやCROSS POINTの2019年仕様が完成した時には「完全に天下をとったぞ」くらいの揺ぎ無い技術に対する自信を持ちました。

それでも怖いのは自分自身「偏屈」と言うように経営者としては3流という自覚があるからです。

決算に伴い税理士の先生が店に訪れた時、先生がケーブル用のドラムを見て

「これで奈良岡さんケーブル作ってるんですね〜。凄いな〜。」と言われ

「そうですよ。自分で言うのもなんですが世界一の技術を持ってるという自負があります。もしこの店が潰れるなら経営者の性格の問題ですね。」

言い方は冗談ですが、言ってる事は実は本心。

自覚してて直せない自分。

ただ今回の実家の景色を見て思いました。

「自分を生かしてくれてるお客様にもっと感謝し、お客様の事を今まで以上に思いやれる人間にならないと。」と

「気持ち悪いよ奈良岡」

お客様につっこまれそうですが、年に1回くらいは言わないと。

さてこのブログを書きながらついでに過去を振り返りながら気づいたのですが、今月で私の座間DOLPHINの在籍期間(2012年2月〜2019年5月)が町田ドルフィン在籍期間(2004年10月〜2012年1月)に並び、6月から超えます。

6月からは完全に奈良岡=座間DOLPHINとお客様に認知していただきますように何とか今月を乗り切り頑張りたいと思います。
「なつぞら」酷すぎる
NHKの朝ドラ「なつぞら」

視聴率は良いようですが、本当に酷いドラマです。

近年ここまで酷いドラマはあっただろうか?

本当に酷い。

戦後すぐの日本を描いてても

役者の衣装はおろしたての新品

色彩は当時絶対に存在しないような派手派手な顔料

役者は素肌感ゼロの蛾のような厚化粧

これが戦後すぐの時代を描いたものといわれても・・・

感情移入できないから見るのが非常に苦痛(私はすぐにやめました)

妻も「頑張ってみようとするけれど、見るのが非常につらい。」と

この様なドラマを見ると同じ北海道でも「北の国から」を見て心を洗いたくなります。
大津の自動車事故
大津の自動車事故の為一昨日から体調がすぐれません。

4人の子供の親としては心が苦しくて仕方がないからです。

今回の事故で私はまた運転が怖くなってしまいました。

実は私は20代の時に車で人をひいた事があります。

深夜運転していると、突然自転車が歩道から曲がってきたためです。

車は急に止まれません。

脳が反応してもブレーキを踏むまでの空走距離もあれば、ブレーキを踏んでから車が止まるまでの制動距離があるからです。

自転車に乗っていた人は前方に大きく吹っ飛びました。

フロントガラスは割れ、屋根も潰れ、車は廃車です。

自転車に乗っていた方は入院されましたが命に別状はありませんでした。

その後私は愛車のインスパイアを失いましたが、車の免許の点数は失いませんでした。

人だかりの現場で事故の状況を観ていた人が

「あれは避けれるわけがない」

駆けつけた警察官に熱く語ってくれたこともあったと思いますし、実は自転車に乗っていた人は事故の前に居酒屋で暴れ警察官の職務質問を受けていたというのもあります。

その後べろべろに酔っ払い自転車に乗りふらっと車道に出てきた為に起こった事故でした。

当時入っていた自動車保険の担当者は「仮に相手が自転車でも過失は向こうにあるから自動車の修理代を彼に請求する」と鼻息も荒く・・・

保険会社の方が言うには「その後連絡が全然取れなくなった」と。

今だから冷静に語れますが、人をひいた瞬間と言うのは本当に頭が真っ白になり、「俺の人生はもうおしまいだ。」となるものです。

児童を失った親の気持ちもわかる、右折車に衝突され児童をひいてしまったドライバーの気持ちもわかる。

だからこそいろんな気持ちが交差し、吐き気するほどに気持ちが悪いのです。

今回の事故、直進車両のブレーキ痕がない事がニュースになっています。

ただ、車は急に止まれないのです。

制限速度が何Km/hだったか分かりませんが、仮に50Km/hだったら空走距離は10mを超えます。

事故のニュースの後、交差点を走りながら「自分は今回の様な事があった時に対応できたのか?」と自問自答しながら運転しています。

はっきり言えることは、我々ドライバーは車と言う凶器を運転しているのです。

運転とは非常に怖いものだと再認識した次第です。

XP-PSC EN/AUバージョンアップのご感想
XP-PSC EN/AUにバージョンアップされましたお客様のご感想を紹介します。

まずバージョンアップ第一号はHP-PSC EN/AUからバージョンアップされたS様でした。

★S様のご感想(メールのやり取り)
・導入初日
ACケーブル無事に届いていました。
 本調子になるのは明日以降だと思いますが、とりあえず現時点では従来品と比べて悪くなった感じはありませんでした。
 音のボリューム感、躍動感などはそのままに、全体の雰囲気が静的になっているのが好ましく思えます。
 中高音はアナログ的というかノスタルジックな雰囲気もあり、ブログに書かれていたことにようやく納得がいきました。(従来品でも僅かにそのような質感の傾向はあった気もしますが、今回の物ほど明確ではありませんでした)
 この傾向のまま馴染んでくれば、かなり聴き応えのある鳴り方になるのではと期待させる物があります。

・導入二日目
うちの再生環境では、やはり二日目以降で本調子となってくるようです。
 本日再び試聴しましたが、確かに旧品とは比べものにならないくらい力強い再生音となっていました。
 旧品も低域のスケール感はかなりのものがありましたが、今回のバージョンは中域から高域にかけても音の拡がるタイミングが合っているため、スピーカーのサイズを大きくしたような、より懐の深い再生が楽しめるようになっています。
 強い音だけではなく、弱い音はより繊細に鳴るようになっているため、Dレンジについても旧品とは違うレベルにあるように思えます。
 音の密度も行き届いていますし、響きも充実していますので、スケール感のある音場を音で埋め尽くすような再生ともなっています。
 また一日目に感じた、全体の雰囲気が静的だという点も重要な特徴となっているように思えます。静的というと誤解を招くかもしれませんが、背景に静寂を感じるという表現も近いのかもしれません。この点は旧品と違う、新たな美点のように思えます。
 この特性からか、音のひとつひとつにおもむきがあり、表情に深みを感じられるようになっているような気がします。
 爽快なスケール感と同時に、繊細な表現の機微も存分に楽しめるようになったと思います。ありがとうございました。

・導入三日目
> ところでどうでしょう?
> HP-PSC EN/AU改めXP-PSC EN/AUはSTAGE掘KRAKENと比べどうですか?
> HP-PSC EN/AUだといい勝負だったようですが、今度は抜きされるレベルになりましたでしょうか?

 まだXP-PSC EN/AUが完全ではないでしょうが、現時点でもXP-PSC EN/AUの圧勝かと思います。
 先日の感想でスケール感の違いについて触れましたが、STAGE掘KRAKENもHP-PSC EN/AUと近いステージ展開だったように思えます。低域に関しては驚くほど広大な拡がりをみせてくれますが、中域から高域にかけては、物足りないわけではないものの低域ほどのスケール感はありません。聴いていればそれが自然に思えるものですが、XP-PSC EN/AUと比べてしまうと分が悪いです。
 STAGE掘KRAKENは独特のダークな雰囲気があり、XP-PSC EN/AUやHP-PSC EN/AUとは全く違う個性ですので勝ち負けではなくあえてSTAGE掘KRAKENを選ぶという向きもあってもおかしくないのですが、XP-PSC EN/AUと聴き比べてしまえばそれも少し無理があるのかもしれません。
 うちの環境では音量を同一にできませんので正確な対比ではなく印象での話となりますが、スピーカーの鳴り方がそもそも違うように思えます。

・導入4日目
ケーブルはそろそろ安定してきたような気もします。
 ケーブル自体に気になるようなところはありませんが、耳障りになる煩さがないことでボリュームを開けることができてしまうので、音量を自制しないといけないという些細な問題はあります。

> >  先日の感想でスケール感の違いについて触れましたが、STAGE掘KRAKENもHP-PSC EN/AU
> > と近いステージ展開だったように思えます。低域に関しては驚くほど広大な拡が
> > りをみせてくれますが
> やはり低域の再現力では負けてしまうでしょうか?
> ただ、XP-PSC EN/AUには今のバランスがベストと考えます。
分かりづらい表現だったかもしれません。低域の拡がりという観点では、HP-PSC EN/AUもXP-PSC EN/AUも、STAGE掘KRAKENと同等という印象に思えます。
 XP-PSC EN/AUは更に低域の重さと沈み込みでSTAGE靴茲蠅睇集塾呂脳,襪抜兇犬泙靴拭
 三本とも、低域に硬さや押し付けがましさがないのは共通する点かもしれません。
 クラシックのような音源では特に、XP-PSC EN/AUの帯域バランスが活きるように思えました。


★F様のご感想(XP-PSC ENからのバージョンアップ+Flare Limitedを2019年仕様へのバージョンアップ)
受け取りました。

さて、早速、Flare Limited 2019 を、KX-R へ(10分ほどで)
 パワフルはパワフルに
 ゆったりしたところはゆったり
 メインの奏者もバックの奏者も、しっかり表現してくれます。
 音量も大幅にアップした印象です。

加えて、EN/AU 2019 を、AnalogDACへ(こちらは20分ほどで)
 広がりが違う ・・・さらに時間が経つと
 XYZ 3次元のどの方向にも均等に広がるので、スピーカーが完全に消えた感じ。
 ベースの弦も、ドラムも、サックスも・・・しっかり、かつ、自然に 演奏が広がる感じですね!

確かに、大きくバージュヨンアップした印象です。

ノイジーな刺激が全くない。

最後に、ROON - Meridain 218 で、ストリーミングのFMを聞いてみると、
CD並みの音質で聴けいている感覚に。


★O様のご感想(XP-PSC ENからのバージョンアップ)
2019年仕様のケーブルの良さを再度実感しました

XP-PSC ENも、非常に良いケーブルと思っていましたけど、AUを聞いてしまうと見劣りを感じます

全音域の厚み、バランスの良さが音楽として聞いても、音として聞いても満足のできる物になっています

小難しい理屈を抜きにして、音楽にのめり込む事ができるケーブルです


昨日戻ってきております
今年のゴールデンウィークは夜逃げするように4月26日深夜に実家に帰り、そして昨日無事座間に戻ってまいりました。

水曜ですが今日から仕事です。

まずは頂きましたごご注文製品の製作をコツコツとこなしていきたいと思います。
ルパン三世を観なおしたい
私にとってルパン三世は、リアルタイムで見た第二シリーズと再放送で見た第一シリーズです。

正しく昭和のルパン三世は子供には非常に暗く大人の世界でした。

幼稚園〜小学生が見るにはちょっと重かったかもしれません。

積極的に見たいアニメではなかったです。

が、リアルタイムではないのですが中学時代にカリオストロの城をTVの放送で見てから、急にルパンが大好きに。

今考えると「カリオストロの城」だけが異色のルパンなのですが。

それがルパンを改めてみるきっかけになり、「あ〜こんなに面白いTVアニメだったのか!」と

このアニメって特に第一シリーズは大人の食べ物ですよね。

子供時代惰性で食べていたタケノコとワカメの酢の物が大人になって急に美味しく感じるように。

そう、ルパン三世はその時気づかなくてもやがて気づく時間的耐久性の高い漫画でありアニメだったわけです。

昭和のアニメでありながら、平成のアニメでもあり、きっと令和のアニメにもなるのかなと。

大人がホームシアタールームに閉じこもり観ることができる数少ないアニメです。

もっと言うと観てる事を他人に見られても恥ずかしくないアニメです(つまりオタク御用達アニメではないという事です)。

「平成のアニメでもあり、きっと令和のアニメにもなるのかなと。」と書きましたが、昭和の大人のアニメです。

5月1日から令和になるわけですが、平成ではなく昭和が急に恋しく感じます。

そしてなぜだかその景色が自分にはセピア色に浮かびます。

モンキーパンチさんがお亡くなりになり、何故だか急にルパン三世を観なおしたくなった自分です。
リハビリとしてベースケーブル

実は先週火曜夕方から週末までずっと風邪で寝込んでいました。

土曜の夕方にはある程度回復していたのですが、昨日日曜日は座間市中学校吹奏楽合同定期演奏会があり、長男玲もチューバ奏者として参加していましたので家族で観に行ってしました。

さすがに火曜〜日曜まで何も仕事をしていないと「まるっきり仕事したくない病」になってしまうものです。

いや、健康で休んでいたなら気力体力も充実するのですが、風邪での休みは気力も体力もまるっきりなくなってしまい・・・。

まずは今日から仕事始めです。

今日の仕事はリハビリを兼ね私事でした。

その私事とは、長男の中学校の吹奏楽部の為にエレキベース用のケーブルを作る事です。

以前玲に「もしよかったらお父さん、部長(普段はコントラバス奏者)の為にエレキベース用ケーブル作ってやろうか?お父さんが作れば間違いなく世界一のケーブルだぞ。」と言うと翌日には「(吹奏楽部の顧問の)先生が凄く喜んでいたよ。」と喜ぶ玲

「あれから数か月たっちゃったな〜」と思いながら玲の演奏を聴き、妻に「ホント〜中は上手になったね。例のケーブルもうそろそろ作ってあげないとな。」と言うと

「ホントそうよ。あっという間に時間は過ぎるからね。急がないと3年生卒業しちゃうわよ。」

これはイカンイカンと反省し、リハビリを兼ねてのケーブル製作となったわけです。

写真のケーブルがそのケーブルです。

メッシュをかけようかと思いましたが、ミュージシャンの多くは普段ケーブルを引きずり回し演奏し、ケーブルが汚れる為メッシュは嫌がると聞いていましたので付けませんでした。

端子ですが当然CROSS POIN製金メッキを用い(L字仕様フォン端子は構造上G&Hオリジナル金メッキのままです)、ターミネートは座間DOLPHIN最高峰ENLL処理です。

一切の手抜きなしです。

その音ですが、おそらく世界最高峰のケーブルに仕上がったと思います。

ボリューム感たっぷりに「ドスンッ」と沈み込み、コールタールを思わせるドロッとした粘度を感じさせる汚い音から、濃厚で色彩豊か、まるでライカの色彩を感じさせる歴史の重みと美しさを兼ね備えた音まで

その様な音です。

多くのミュージシャンと面識もあるKさんに話すと

「もったいないな〜、そんないいケーブルを中学生が使うなんて。」

と言われましたが、

「世界最高峰のベース用ケーブルを座間の中学生が使っているなんて痛快でいいじゃないですか。」

と返す私。

タダそうなると、アンプスピーカーもいじりたくなります。

ACプラグぐらい交換しちゃおうかな。