<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
XP-PSC EN/ST〜新しい時代の始まり〜

 

 

2019年仕様の電源ケーブル

エントリーモデルXP-PSC EN/ST 258,000円(1.8m)

が完成し、そのあまりに手ごたえに感動しています。

座間DOLPHINが主宰するCROSS POINTの伝説的電源ケーブルXP-PSC ENが諸事情によりディスコンとなった

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=662

今から3年9か月前の話です。

この穴埋めのために製作されたXP-PSC EN/STは今考えると妥協の産物だったのかもしれません。

「XP-PSC EN/ST変更 完成 そして」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=826

XP-PSC ENの最終仕様「XP-PSC EN 秋の収穫」(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=583)においては「価格無制限で他メーカーのリファレンス電源ケーブル達!どこからでもかかってらっしゃい!!」と言う自信がありました。

しかしXP-PSC EN/STに関しては「XP-PSC ENがない今となっては間違いなくこのクラスのベストコストパフォーマンスケーブルと言えると思います。」程度の表現にとどまった。

自信のなさ?は文章からもユーザーにも伝わり、XP-PSC EN/STは指名もなくほとんど売れませんでした。

自身は無いと言いましても、「同価格帯、いや1ランク上、2ランク程度上の他メーカー製品には負けない」という自信はありました。

ただ当社のユーザーが当社に求めるのは他メーカーに対してどうのこうのではなく、私の「やり切った」と言う達成感なのだと思います。

XP-PSC EN/STには私の「やり切った感」が感じられなかった。

それにつきます。

その意味では!

2019年仕様XP-PSC EN/STは「やり切った」と言う達成感と同時に「本当に凄いものを作ったぞ」と言う感動を自分自身強く感じています。

「とにかく良いものを作りたい」

この一心でXP-PSC EN/STの製作にとりかかりました。

「予算の枠は設けても、音質的妥協は絶対にしない。」

その目標を達成できたのはやはりXP-PS HYAKU/SHIKI(http://log.zama-dolphin.jp/?eid=85)で得た技術です。

この技術をベースに的確なコストダウンとコストアップを行う事が出来ました。

ACプラグ・IECコネクターはマリンコベースですが、適材適所のパーツ改良によりACプラグ・IECコネクター単体としてもXP-PSC EN時代のパフォーマンスを大きく超えています。

ターミネート処理のEN処理も、ウィスキーの樽一つ一つ一つを徹底的にテイスティングする様に音質的に相応しいEN処理用を見つけ、XP-PSC EN時代を大きく超えています。

最適解一つ一つを積み重ねる様にして作り上げられたXP-PSC EN/STがXP-PSC ENを大きく超えるのは必然でした。

何一つ劣るところはありません。

こんなにも優しく、こんなにも雄大で、こんなにも繊細で、こんなにも色濃く、こんなにも艶めかしく・・・・

こんなにも、こんなにも、こんなにも、

この様な音はXP-PSC ENからは絶対に出ない。

当時の自分にこの様な音を出せるという未来図はなかったし、今回もここまでの音が出せるとは・・・

いや、「意地でも出してやる。」と当初は導入予定のなかったパーツを実は奢り確信的にこの音を作り上げました。

まぐれでもなんでもなく、目指した音を確信的に作り上げたところにXP-PSC EN/STの凄さがあると思います。

「これが私の音です。」

私奈良岡の名刺代わりになる製品と思っていただいて構いません。

2019年仕様NEW XP-PSC EN/STの完成は、新しい時代の始まりを告げるのだと思います。

電源ケーブル XP-PSC EN/ST 258,000円 (1.8m ±82,000円/m)

XP-PSC EN/ST〜新しい時代の始まり〜
XP-PSC EN/ST〜並びそして軽く抜き去る〜

2019年仕様の電源ケーブル

エントリーモデルXP-PSC EN/ST 258,000円(1.8m)

何に並び、何を軽く抜き去るのか。

近日ご案内。
ホンダを褒めろ!
「ホンダ全然駄目ですね」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1041

ちょっときつめに書きましたが、私はホンダファンです。

それは我が家では私がLEGEND、妻がElysionに乗っていることからもわかると思います。

そんな私が胸を張って言えることはホンダ車のカーオーディオは音が良い!

宇都宮にいた時にホンダのカーオーディオ部門の方と面識がありましたが、皆さんバランスがとれた音を好みとされていました。

分かり易く言うと中庸な音です。

世の中のハイエンドオーディオをやられてる方とは正反対の真っ当な音です。

実際マークレビンソン搭載のレクサスの車を乗られてるお客様が私の車の音を聴き(サウンド調整機能でほんの少し調整していますが)

「レクサスなんかかなわないくらい凄くバランスが取れたい良い音」と大絶賛され、

Elysionの音も私のこの繊細な耳を疲れさせない。

確かにほんの少し調整していますが、既製品の分際で生意気です。

今のLEGENDはKRELLが搭載され悪い予感がしますが(マークレビンソンの前例もありますので)。

少なくとも我が家のLEGENDとElysionは◎です。

トヨタ、レクサス、日産なんて相手になりません。

あの時のメンバーが変わっていなければ今でもホンダ車の音は良いはずです。
ホンダ全然駄目ですね
2019年F1グランプリが昨日から開幕しましたが

ホンダ全然駄目ですね。

レッドブルのフェルスタッペンは昨年ポールとの差は0.674秒差だったものが今年は0.834秒差

F1ファンならわかると思いますが、今年のレッドブルのマシンはエイドリアン・ニューウェイが本気で作ったマシンです。

それで昨年よりもポールとのタイム差が0.16秒広がっているわけです。

これはもう大惨敗です。

逆に昨年までレッドブルにPUを供給していたルノーはメルセデスとのタイム差を2.368秒⇒1.548秒(ヒュルケンベルグはQ3に進めなかったので、Q2比較)

ルノーは昨年よりも0.838秒メルセデスとの差を詰めたとことになります。

つまり単純計算なら、もしレッドブルがルノーPUだったら簡単にポールを取れたという事です。

残念ながらホンダPUは今のところ駄目駄目です。

ホンダファンとしてホンダを応援しますが、私の応援の比重は

レッドブル>>ホンダ

です。

この様な状況が続くなら、アンチホンダになるかもしれません。

とりあえずここでは結論を出さず数戦観てみましょう。
エンジン音だけならHONDAの圧勝

2019年F1

今年は3月15日のオーストラリアGPからはじまります。

今週の金曜〜日曜はおそらく私は「仕事全くしません病」になってしまうかもしれません。

なんたって私が最も応援するレッドブルがHONDAとタッグを組むのですから。

実は2月18日のバルセロナテストからF1モードの自分は完全な夜型になってしまいまして、寝るのが6時、起きるのが昼すぎというのが半月以上続いています(今日もこれから寝ます)。

さてそんな中この様なものを発見

https://www.youtube.com/watch?v=OzAb7FYTanw

はっきり言ってエンジン音だけならHONDAの圧勝です。

今のF1は15000回転までですから、NA時代ほど高回転を多用するわけではありません。

そしてそれを加味して考えるなら、ホンダの太くて甲高い音は

「お〜っ、これは低回転(とはいっても高回転ですが)からトルクが出てるぞ」と感じさせるのです。

今のF1はエンジンにERS(MGU-HとMGU-K)を組み合わせたPU(パワーユニット)ですので、電気的な部分でホンダがどれだけのものを持っているか分かりませんが、少なくともエンジンは大きく進化してるように感じます。

昔のF1のオイル臭さを最も感じさせるHONDAエンジン

応援せずにはいれません。

本日でXP-PS HYAKU/SHIKI LASTがラストです

「XP-PS HYAKU/SHIKI LAST」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1035

いったい何個ご注文があるか心配と言うか、興味深かったですが、私の予想に反して今現在10個を軽く超える(20個には届きませんが)ご注文を頂いております。

「10万円以下で私が本気で作る最後のコンセント」

として昨年作った百式ですが、確かに正規ラインナップにするなら10万円オーバーの製品だと思います。

ただ、10万円オーバーでも価値は大ありのコンセントだと思います。

他メーカーのコンセントは出来る事ならコンセントを通さず直接オーディオ製品に電源を供給した方がいいと思います。

しかし百式は意図して通した方がいいとすら思うからです。

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、他メーカーのコンセントを使っているのなら、何十万円どころか100万円オーバーの電源ケーブルを使っても虚しいだけです(と悩んでるお客様に以前言ったことがありました)。

XP-PS HYAKU/SHIKI、その技術の派生製品

これが私に教えてくれたことは音楽再生とは「音から音楽を紡ぐ」という事です。

XP-PS HYAKU/SHIKI登場前と後の製品群で同じ歌手の歌声を聴くと

「あ〜以前はまだまだ歌い上げていなかったんだな。本当はこの様な歌だったんだな。」と

良くオーディオマニアを「あなた方は音楽ではなく音を聴いている。」と言われる方がいますが、おっしゃる通りです。

ただXP-PS HYAKU/SHIKIは最高の音を最高の音楽として紡いでくれる製品です。

音楽も大事ですが、音も大事です。

最強の10万円台スピーカーケーブル

2019年仕様 XP-SP EN/AUも完成し、製品開発もひと段落

そんな中、突然のアイデアが

「お蔵入りになっている、アレとアレを組み合わせたなら」



アレとは?

アレ,CROSS POINTの初代スピーカーケーブルXP-SP SE

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=27

のワイヤー部

アレ△2019年仕様

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1014

の為にお蔵入りになった2017〜2018年仕様XP-SP EN/AU用Y端子

です。

そして,鉢△離拭璽潺諭璽箸蓮2017年仕様EN処理

※△2017〜2018年仕様XP-SP EN/AU用Y端子はXP-SP SEで用いられているY端子よりもパフォーマンス的に上です。
 〜2017年仕様EN処理は説明するまでもなくXP-SP SEに用いられてるターミネート処理よりも上です。

このスピーカーケーブルを急遽デビューさせることにします。

HP-SP 170,000円 (1.8mPair ±30,000円/m)

パフォーマンスは当時35万円したXP-SP SEよりも格段に上

最強のコストパフォーマンススピーカーケーブルと言えるかもしれません。

唯一の弱点はどちらもお蔵入りパーツですので、在庫に限りがある事ですが。

これさえあれば!

ハイエンドオーディオを志される方

個人的にはCROSS POINT製SPケーブルをフロント2chに使い、マルチチャンネルサラウンドをやられてる方

いろんな夢が見れるはずです。

2019年仕様 XP-SP EN/AUも完成しました。

「CROSS POINT 2019年仕様ケーブルのご案内」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1030

2019年仕様のケーブル群を発表しましたが、ブログの通りXP-SP EN/AUだけは完成しておりませんでした。

Y端子が未完成だったためです。

が、「黄金の・・・」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1036

ようやく入り、本日無事完成しました。

そのサウンドは当然に「DOLPHIN・CROSS POINT風サウンド」ではなく「DOLPHIN・CROSS POINTサウンド」

私の大好きな地味でゴージャスな音

オーディオ特有のノイズ、歪がない、オーディオ的脚色がない音は「実に地味」

しかしむせ返る様な情報は、筋金入りの甘党を一杯で納得させる濃厚で極甘の御汁粉のようで「実に贅沢」「実にゴージャス」

少しは伝わりましたでしょうか?
 

黄金の・・・

黄金のウニ

いやいや失敬

2019年仕様XP-SP EN/AU用Y端子が到着しました。
 

XP-PS HYAKU/SHIKI LAST

XP-PS HYAKU/SHIKI

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=85

が通り過ぎ2か月以上経ちました。

はじめは「LEVITON社のコンセント5362IG生産終了」⇒「今後は上級モデルシフト」⇒「記念的に30個作ろう」という程度のものでした。

しかしブログを読まれてる方ならお分かりだと思いますが、このコンセントの開発がその後の座間DOLPHIN、CROSS POINTの運命を大きく変えてしまったのです。

「今ある技術でXP-PS HYAKU/SHIKIを作ればいいや」から「最高のXP-PS HYAKU/SHIKIを作ってやろう」に変わり、その結果途方もない金メッキ技術が生まれたのです(その技術をベースにCNT複合銀メッキも進化しました)。

もし私がXP-PS HYAKU/SHIKIを製作しなかったらと思うとぞっとします。

このコンセントは途方もないコンセントでした。

他社の25万円もするコンセントからこのコンセントに乗り換えられた方が私が知る限りでも4人いました。

当社の上級コンセントに対しても旧モデルに対してはある部分で牙をむきました。

PCのような日進月歩の世界では新製品が数倍の価格の旧製品を凌駕する事は当たり前にある事ですが、コンセントと言うローテクの分野ではなかなか考えられない事です。

でもこれが技術革新と言うのだと思います。

その後XP-PS HYAKU/SHIKIは販売終了となりますが、そこで生まれた技術は多くの製品にフィードバックされていくのです。

2019年の座間DOLPHIN、CROSS POINTの製品群はXP-PS HYAKU/SHIKIをベースとして存在すると言ってもいいかもしれません。


さて、長い前フリになりましたが

その様な流れをブログを通して知ったお客様方から

「XP-PS HYAKU/SHIKってそんなに凄いコンセントだったんだ。」

「XP-PS HYAKU/SHIKをもっと買っておけばよかった。」

「再販ありませんか?」

じわじわと問い合わせが増えてきています。

それに対し

「誠に申し訳ありませんが再販の予定はありません。」と答えるしかないのですが。

一番の理由は

・ベースのコンセント旧5362IGを上級モデルの為にストックしておきたい

・コストを考えた時に68,000円(税込)は絶対に出せない

というものです。


ただここにきて旧5362IG(オレンジ)をまとまって何十個か調達する事が出来ました。

68000円と言う価格は無理ですが、製作は可能となったのです。

それならばという事で大々的ではありませんがひっそりと1週間限定(〜2月28日迄)で販売しようと思います(ひっそりなわけですから長々とは出来ません)。

価格は申し訳ありません80,000円となります(あの金額は30個以上作るという前提のものです)。

心の底からXP-PS HYAKU/SHIKIを欲するお客様がいらしましたらお問い合わせください。


期間限定復刻コンセント
XP-PS HYAKU/SHIKI LAST 80,000円