<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Comet DAC/HLP + HLP-B・DRIVE

Comet DAC/HLP

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=933

HLP-B・DRIVE

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=934

の登場は

Comet DAC/HLP + HLP-B・DRIVEという製品を登場させます。

Comet DAC/HLP と HLP-B・DRIVEの電源部が共通である以上、Comet DAC/HLPとHLP-B・DRIVEを同時に使うことがないのなら、電源部を2台所有する必要がないからです。

ディスクをリッピングするとき、(Comet DAC/HLPを用いての)音楽再生を行う時で電源部を使い分ければいいのです。

その様なわけで

Comet DAC/HLP本体+ HLP-B・DRIVE本体+共通電源 をSET製品として提案させていただきます。

Comet DAC/HLP+HLP-B・DRIVE 1,500,000円(税込)

※Comet DAC/HLP+HLP-B・DRIVE詳細
★Comet DAC/HLP本体770,500円
・本体240,000円
・アンダーボード200,000円
・インシュレーター108,000円
・ネジ類20,000円
・本体モデファイ40,000円
・ENLL処理162,500円
★HLP-B・DRIVE766,000円
合計1,536,500円⇒1,500,000円(SET価格)

HLP-B・DRIVE登場 〜Comet DAC/HLPの技術の波及〜

「Comet DAC/HLP正式登場 〜HLPシリーズの進化〜」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=933

の技術は座間DOLPHINが提唱するリッピングマシンHP-B・DRIVE

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=66

にも必然的に波及します。

Comet DAC/HPとHP-B・DRIVEの電源部は共通だからです。

これまでもHP-B・DRIVEの内部ターミネートにENL処理(現在はENLL処理)を用いたHLP-B・DRIVE特注扱いで製作してまいりましたが、

今回Comet DAC/HLPの登場でHLP用電源部が完成し、ここにHP-B・DRIVEに対し完全に差別化のはかられたComet DAC/HLPを発表したいと思います。

HLP-B・DRIVE 766,000円(税込)

※HLP-B・DRIVE詳細
<HLP-B・DRIVE>(ドライブBDR-S11J-X)
・HP-B・DRIVE210,000円
・ENLL処理325,000円
・電源部強化パネル128,000円
・XP-FS Flare(FUSE)103,000円
合計766,000円
 

Comet DAC/HLP正式登場 〜HLPシリーズの進化〜


昨年末このようなパーツが入ってきました。



このパーツ群は座間DOLPHINの提案するDAC Comet DAC/HP

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=60

のHLP仕様の為に開発されたカーボンファイバーコンポジット製オリジナルアンダーボード、インシュレーター(脚)、強化電源パネルになります。

強化電源パネルを除けば、アンダーボードやインシュレーターの見た目はComet DAC/HPと一切変わりませんが、そのグレードはまるっきりの別物です。

当社のリファレンスプリアンプKX-R/HLP用に開発したアンダーボード

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=670

と同じグレードのカーボンファイバーコンポジットを用い、

更にはインシュレーターと強化電源パネルには昨年末CROSS POINTのカーボンファイバーコンポジット製品を飛躍的に進化させた

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=79

の技術が用いられています。


これまでもComet DAC/HPの内部ターミネート処理にENL処理(現在はENLL処理)を用いた、Comet DAC/HLPを特注扱いで製作してまいりました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=730

そのパフォーマンスは

ESOTERIC K-01⇒AYRE KX-R⇒AYRE MX-Rに用いただけで、ESOTERIC K-01を手玉に取るだけでは足らず、AYREのKX-Rすらを凌駕し、

ESOTERIC K-01⇒Comet DAC/HLP⇒AYRE MX-R(最終的にはESOTERIC K-01がMARK LEVINSON NO.31Lへ変更)と300万円ほどもするプリアンプAYRE KX-Rを省略してしまうほどの能力を持っていることをブログでも報告していました。


今回のComet DAC HLP化カーボンファイバーコンポジットパーツは、Comet DAC/HPとは中味だけでなく、筐体(筐体を強化するカーボンファイバーコンポジット)までも完全に変えてしまう為のものなのです。

そしてその目的は、ハイエンドオーディオメーカーのフラッグシップDAC+フラッグシッププリアンプを凌駕しようというものです。

その目的は達成されました。

・音の帯域バランスでは今まで見えなかったピラミッドの裾野がはっきりと表れ、更なら盤石なピラミッドバランス、好ましい帯域バランスに変わりました。

・今まで以上に音場・音像ともにボリューム感が増し、音楽が等身大に迫るものになりました。

・ボリュームアップした音場・音像を更に更に上回る情報密度の向上は、音楽を更に濃密に艶めかしく、訴え掛けてくれます。

ここに特注裏メニューではなく正規ラインナップとしてComet DAC/HLPを発表したいと思います。

Comet DAC/HLP 1,270,000円(税込)

※Comet DAC/HPとComet DAC/HLPの金額詳細は下記になります。

<Comet/HP>
★本体430,000円
・本体240,000円
・アンダーボード80,000円
・インシュレーター50,000円
・ネジ類20,000円
・本体モデファイ40,000円
★電源部140,000円
合計570,000円⇒540,000円(SET価格)

<Comet/HLP>
★本体770,500円
・本体240,000円
・アンダーボード200,000円
・インシュレーター108,000円
・ネジ類20,000円
・本体モデファイ40,000円
・ENLL処理162,500円
★電源部533,500円
・電源部140,000円
・電源部強化パネル128,000円
・XP-FS Flare(FUSE)103,000円
・ENLL処理162,500円
合計1,304,000円⇒1,270,000円(SET価格)

年賀状も進化しています

毎年、当店でご購入いただいたお客様(オークションはいれておりません)には感謝を込めて年賀状を送らせていただいております。

2018年の年賀状、皆さま届いていますでしょうか。

今年も自信作です。

オーディオ製品と同じように年賀状も進化するように毎年頑張っています。

「座間DOLPHINのくだらない年賀状が欲しいから製品を購入してるんだ!」

というお客様が出るように頑張ります。

ただ、しっかりチェックしたつもりですが2017年ご縁があったにもかかわらず年賀状が届いていないお客様がいらっしゃいましたら

「この落とし前どうつけてくれるんだ!」

とご連絡ください。

2018年最初の仕事〜XP-PBシリーズモデルチェンジ〜

2018年最初の仕事ですが

2018年最初のブログ「明けましておめでとうございます」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=820

でも書いています。

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=79

からの派生製品です。

「カーボンファイバーとエポキシにより成形されるカーボンファイバーコンポジットの構造を理解し、その能力を出し切る」加工をお客様からのリクエストで電源タップXP-PBシリーズにまで施しました。

「あの〜この技術を電源タップに用いることは出来ないのでしょうか?」

と年初めにお客様から。

「ついに来てしまいましたか、このリクエストが。できないことは無いのですが、多大なる時間と労力を必要とする為考えない事にしていたのです。」

と応える自分。

ただ「できない」と応えなかった以上は

「あの〜、時間があったらできないか試してみます。」

と付け加えました。

その様なわけで、2018年最初の大仕事は

「XP-PBシリーズのカーボンファイバーコンポジット最適解加工」

です。

あっという間に1日が終わりました。

ただ、その効果は絶大です。

XP-WSB、XP-SBシリーズ、XP-CIN(HP-CIN)のバージョンアップを経験されたお客様ならお分かりだと思いますが、まさしくその延長線上です。

ただ、電源はオーディオの命の源!その効果たるや本当に凄い。

ぐっと下がった音の重心の低さが凄い

空間を埋め尽くす情報密度が凄い

音楽の背景の暗さが凄い

幅・厚さ・濃さ・柔らかさ・温度感・粘度・・・この絶妙さが凄い

音だけでなく映像がまた凄い(上と同じ事を書くので詳細は省略)

そのような事を一々言ってもきりがないので、リクエストを頂いたお客様にはこのように結果報告しました。

「割り箸が天然目を思わせるような姿に変身を遂げてしまいました。」と

そのお客様からは当然にバージョンアップの依頼が。

さて、問題はこれからです。

この成果を1回だけの特注品で終わらせるべきか、それとも正規ラインナップに加えるべきか?

・・・

まさか今年一発目の仕事を1回こっきりで終わらせるわけには行かないでしょう!

そんな事をしたら2018年、オーディオの神様が私から逃げて行ってしまいます。

その様なわけでXP-PBシリーズは2018年、急遽モデルチェンジする事となりました。

XP-PB 480,000円⇒580,000円

XP-PB Flare 780,000円⇒880,000円

※現行XP-PBシリーズからのバージョンアップ料金102,000円

となります。

10万円の価格UPは確かに高いかもしれません。

しかし安心してください。

数十万円の電源ケーブルを用いてもこの+10万円の音はとてもとても出ません。


 

明けましておめでとうございます

皆さま、明けましておめでとうございます。

今年はいつもの年よりも早い仕事始めです。

昨年は1月2日のブログで

「新年明けましておめでとうございます。
今年も例年通り元旦は妻の実家、本日は自宅でゆっくり、そして明日3日から12日まで休みをいただき実家の青森に帰る予定です。
昨年末をいれますと約半月の休日となります事お許しください。」

と書いてるように、いつもですとまだ青森なのですが、今年は2月はじめ第四子が生まれる予定という事で青森への帰省を自粛しての早い仕事始めです。

帰省・Uターンがない分ある意味体力的に楽だったかと言いますと、

一部のお客様はお分かりだと思いますが、昨年12月は9〜17日迄結石で苦しみ、21日〜は現在進行形で腰痛で苦しみ、その中での仕事・大掃除・妻の実家帰省・家族サービス・・・

ちょっとピンチ!?

その様な中で体調を取り戻すため、仕事の虫の自分でありますが、意図的に仕事を遠ざけて年末年始本当に何も仕事はしませんでした。

あまりにも音沙汰がないので

「元気ですか?」「生きてますか?」

と何人かのお客様からメールを頂きました。

心配させてすみません。

安心してください、奈良岡生きています!


2018年の抱負を言う前に、

昨年を振り返りますと、本当に働きまくった成果のある1年だったと思います。

昨年1月2日のブログで

「昨年(2016年)一年を振り返りますと、やりたいことの半分くらいしかできなかったとはいえ多数の傑作を出せた一年だったと思います。」

と書いていますが、2017年はやりたいことの半分どころか、やろうとしていたことを遥かに上回る仕事をこなしたと思います。

「自分で言うのもなんですが、ここ最近の自分の出す製品は凄いと思います。
完全に自分の能力を超える製品を出しています。」

と昨年末のブログでも書いていますが、能力以上の事をこなした結果の結石と腰痛なのかもしれません。

それでは2018年はどの様な年にしたいか?

個人的には第四子が生まれるという事で健康を重視した一年にしたいです。

座間DOLPHINとしては・・・

正直2017年があまりにも凄い年だった為すぐに思い浮かびません。

まだやり残した仕事があります。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=927

ここから派生する製品も出る事でしょう。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=910

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=79

自信の能力を超えた製品を作った以上は、自身の思考さらに向上させなければいけません。

結局は、2018年も日々勉強です。

無数に存在する自分が知らない事を2018年はどれだけ解き明かすことができるのだろうか?

今からワクワクします。

USBスタビライザー一旦保留

USBスタビライザー

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=924

USBスタビライザー在庫状況

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=925

という形で紹介しておりますUSBスタビライザーですが、一旦保留とさせていただきます。

本日メッキからあがってきたのですが、メッキが私の望むクオリティーで仕上がっていませんでした。

またこの絶縁カバー部が「予告なき変更」の為素材が硬くなったため、この素材を使いこなせていません。

多くのご注文をいただき、普通のメーカーならクオリティーコントロールなど気にせず販売してしまうのでしょうが、私はそのような仕事はしたくありません。

DOLPHIN、COROSS POINTの発展の歴史はクオリティーコントロールの追求の歴史です。

クオリティーコントロールを追及する事で、何が原因で音が変化するのかを突き止め、理論を積み上げ、その積み上げた理論で優れた製品を世に送ってきました。

特急料金をプラスしたお金を失っても、目先の売り上げを失っても、「DOLPHINクオリティー」「CROSS POINTクオリティー」という信頼は失いたくありません。

ご理解よろしくお願いします。

2017年ラスト1ケ月特別商品 販売終了

「2017年あと1ケ月に向けまして」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=914

「2017年ラスト1ケ月特別商品2番目」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=915

「2017年ラスト1ケ月特別商品3番目」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=916

の現在の販売状況です。

HLP-PS Flare≒Limited 388,000円(税込)※1個限定⇒1個/1個

HP-CIN 78,000円(4個1SET)※4SET限定⇒4個/4個

コンセントスタビライザー HLP-PSST 63,000円(税込)※10個限定⇒10個/10個 

全商品販売終了となりました。

ご注文いただきましたお客様方有難うございます。

全商品なるべく早く納品できるよう頑張らせていただきます。

USBスタビライザー在庫状況

急遽販売する事となりましたUSBスタビライザー

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=924

前のブログでも書きました通り、販売する予定はありませんでした。

本当に販売する予定は無かった為、今現在あるUSB AコネクターとUSB Bコネクターはケーブル製作用でUSBスタビライザーにまわす在庫はありません。

急遽USBスタビライザー用にUSBコネクターをメッキに出す事にしました。

年末に向けメッキ業者は忙しく、本来なら完成は来年です。

その一方で昨日のブログでの発表により何人かのお客様より既にご注文をいただきました。

「どうしよう。来年でないと無理と言ったらがっかりされるかな。」と悩んだ私は

「超特急料金をお支払いしますので早めにお願いできませんでしょうか?」とメッキ屋さんに相談。

メッキ屋さんからの回答は

「〜プラスになりますが、超特急対応で明日出荷が可能です。」と

コストが高くなり薄利になりますが、年末の一番の稼ぎ時にこれほどの対応をしていただけるメッキ屋さんの好意に私はすぐに

「よろしくお願いします。」

土曜日にXP-USBST/A ×20個、XP-USBST/B ×10個のパーツが入ってきます。

現在XP-USBST/A 6個とXP-USBST/B 2個のご注文いただいております。

XP-USBSTを年内ご購入予定のお客様はご検討されてみてください。
 

USBスタビライザー

自分用に作ったはずなんだけど・・・

何かというと

「XP-DIC/USB ENよりも凄い奴」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=920

今週の火曜日ですが用事で都内へ

年末のあいさつでオーディオショップDさんのKさんの所へより

私「これちょっと聴いてみませんか?」と

USB入力を持つマッキントッシュのプリメインアンプにノートパソコンを繋いでいただき、使用前使用後を聴いてもらったのですが

Kさん「これホント凄いね!これいくらするの?」と

私「いやこれ、年末年始楽しく過ごすために自分用に作ったもんで販売考えてないんですよ。」

Kさん「いやこれ売ったほうが良いって、売ると幾らぐらいするの?」

私「う〜ん売るとですか・・・ニッパチくらいですかね?」

Kさん「28万円?」

私「いえ28,000円です。本当は半田処理もして門外不出のENLL処理までしてるので58,000円ぐらいとりたいんですけど、過去に販売したXP-RAPCの価格バランスというのもあるので28000円くらいかな〜と。」

Kさん「これ絶対に売ったほうが良いって」

私「ま〜やるにしてもうちの店限定のHPシリーズとしてかな〜と。」

Kさん「あまりDOLPHIN限定・限定言わないでよ。」

私「いや〜こんな製品ってマイナー過ぎてうちのお客様しか買わないのではないかと。」

Kさん「CROSS POINTの製品自体がマニアックで、でもこのクラスのマニアはDOLPHINさんのお客さんでなくても買うでしょ。いやこれ絶対売れるって。」

私「そうですか〜考えさせてください。」

途中でAさんが現れ

Kさん「Aさんこれ凄いからちょっと聴いてみて」

・・・・・

Aさん「これ凄いね。USBなら何でも効くの?」

私「もともと自分の年末用にブルーレイレコーダーやAVアンプ用に作ったので、オーディオだけでなく映像にも恐ろしく効きます。レコーダやアンプ以外にTVにもUSB入力ありますし。」

Aさん「ハブやルーターにも効くの?」

私「そこが一番効くようです。」

Kさん「Aさんモザイクもとれるんじゃない?」

(笑い)

Kさん「Aさん買ったら?」

Aさん「それじゃあとりあえず1個もらおうかな。」

私「はい、は〜、はい有難うございます。」


なんかCROSS POINT製品として販売する事になってしまったようです。


・USBスタブライザー

XP-USBST/A 28,000円 (USB A用)

XP-USBST/B 28,000円 (USB B用)