<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< CROSS POINT 2019年仕様ケーブルのご案内 | main | XP-USBSTのバージョンアップに伴い >>
HLP-DIC/USB

2019年仕様のCROSS POINTのケーブルラインナップを報告しましたが、それとは別に私の欲望を満たすための座間DOLPHINオリジナルのケーブルもここに紹介します。

CROSS POINTの製品は他メーカーが真似ることができない、非効率+最先端技術の結晶ですが、あえて更に非効率でハイスペックなコアな製品が座間DOLPHINの製品です。

私奈良岡の好奇心と向上心を見捨てることなくついて来てくれる座間DOLPHINユーザー様だけに向けての製品が座間DOLPHINオリジナル製品です(本当にコアな製品の為リセールバリューはないかも?)。

さて今回紹介する製品はUSBケーブルHLP-DIC/USBです。

基本設計はCROSS POINT社のUSBケーブルXP-DIC/USB ENと同じでありますが、A・BコネクターのVBUS・D-・D+・GNDの4接点に数十μ厚のCNT複合銀メッキを施し、ケーブルとコネクターのターミネートにはENLL処理が行われています。

そのパフォーマンスは、

・音作りと言うあざとさを感じさせない盤石な帯域バランス

・一切の抑圧感を感じない、たっぷりの音場と音像のボリューム感

・たっぷりのボリューム感を一切薄く感じさせない、いやこれ以上ないほどに濃厚・濃密に聴かせ、音楽に存在感を与える情報密度
 

その様な音です。

私が掲げる「オーディオの三大ルール」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=855

をしっかりと満たした教科書的製品です。

しかし教科書通り終わらない。

「教科書通り」と言う無機質的響きとは正反対のこれ以上ない音楽的魅力をオーディオ装置に与えてくれます。

剛腕であり、しかし繊細であり、濃厚・濃密で成熟した美しさもあり、しかしチャーミングでもあり。

もしかしたらそれは音楽データが本来持たないものかもしれません。

しかしその一方で「データには音楽を描くためのこれだけの手がかりがあったのか。」と

このケーブルは新たに情報を創造する情報補完的役割をPCオーディオに与えてくれてるのかもしれません。


・座間DOLPHINオリジナルUSBケーブル
HLP-DIC/USB 356,000円(税込) 1m