<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< XP-USBSTのバージョンアップに伴い | main | XP-PS HYAKU/SHIKI LAST >>
2019年仕様HP-PSC登場


「NEW HP-PSC登場 〜アップデートしないは大変に大きな罪〜」

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=84

昨年秋にバージョンアップしたばかりのHP-PSCですが・・・

こちらもCROSS POINTの2019年仕様

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1030

に倣いモデルチェンジしなければいけません。

そしてこのモデルチェンジは消極的なものではなく積極的なもの。

見た目は一切変わらないですが(内部の見た目は少し変わります)、大変なケーブルになってしまいました。

どのくらい大変かと言いますと、ケーブルとしては遥か格上のXP-PSC EN(278,000円)と比較するのが怖いです。

今手元にXP-PSC ENがない為「相対的な比較はできませんが」と断りながら、

確かにボリューム感はXP-PSC ENが優るかもしれませんが、

音のバランス、知性、深さ、甘味な表現・・・

2019年仕様HP-PSCの方が上かもしれません。

いったいどのような進化をしたのだろうと考えます。

分かり易く言うならデジタル⇒高級アナログ的変化かもしれません。

デジタルとアナログを比較するならSN比など比較するレベルにはありません。

ノイズレベルの桁が違います(断然デジタルのSN比が上です)。

しかしデジタルプレーヤーの音と高級アナログプレーヤーの音を聴き分けるなら、デジタルプレーヤーの方が遥かに音楽の背景が騒がしく感じます。

情報が情報として独り立ちできていないのか、それとも残留ノイズらの処理の仕方が下手なのか。

とにかくデジタルプレーヤーには空間上に無駄なチリが沢山浮いてるように聴こえるのです。

2018年仕様HP-PSC⇒2019年仕様HP-PSCになるとそのチリが消え去るのです。

ただただ黙々と音楽を訴えかけるのです。

実に地味な音です。

しかし地味でありながら情報に溢れたゴージャスな音とも言えます。

2019年仕様のCROSS POINTや座間DOLPHINの音を基準にするのなら、他のケーブルは自信のなさをごまかすための空騒ぎ的ケーブルに聴こえると思います。

こんな電源ケーブル、やはり座間DOLPHINにしか作れないだろ!


2019年仕様 HP-PSC 100,000円(1.8m)

※2018年仕様からのアップグレード 25,000円
2018年以前仕様からのアップグレード 55,000円