<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BNCスタビライザー期間限定販売いたします | main | 究極のノイズフィルター!?XP-BR/AU >>
AYRE QB-9用XP-FS Flareのご注文を頂いたのですが・・・

AYRE QB-9のパフォーマンスを上げるべくお客様からCROSS POINTのFUSE XP-FS Flareのご指名が。

「かしこまりました」

と言った後に、自分の良心が自分に問いかけるのです。

「本当に良いのか?本当にお客様の事を考えてるのか?」と

何が問題?

それはそのQB9はノーマルだからです。

私は常日頃こう言っています。

「ノーマルに百万、数百万、1000万投資したところでノーマルはノーマル。」と

残念ながら、ノーマルの性根を叩き直すモデファイからスタートしないと、何も始まらないのです。

それは私が好きなAYREでもです。

今回提案したのはCNT複合銀メッキIECインレットとENLL処理のターミネート、インレット固定ネジの変更です。

たかがこれだけですが、製品の根本が変わるのです。

モデファイする事を

「メーカーの音を否定する」

と非難する人がいます。

しかし私に言わせるならメーカーの音のレベルで満足してる時点で、その人の伸びしろはお終いだと思います。

私が設定してる音のレベルは既成のオーディオメーカーよりも高いだけです。

ただ、、私はメーカーの回路設計までは否定しません。

オーディオ製品の外側にオーディオアクセサリーを用いるのではなく、中に用いてるだけなのです。


肝心のQB9をモデファイされたお客様の声ですが

「奈良岡様
その後、もう少しじっくりと聴きました。
一言 「とにかく情報密度が高く、純粋」
これにつきます。
余計な音の歪や濁り 不純物が無く 音楽本来の旨味がしっかりと出ていますね。
あくまで自然で、耳に刺激に感じる部分が無いのに、オーディオ的快楽もあり 不思議な感じです。
なるほど〜 これが座間DOLPHIN の音かという感じです。
今回の変更箇所は、IECインレットとその部分のENLL化とネジ
それだけで QB-9が別物になっています。
というか、機器(QB-9)の存在が感じなくなった様な感覚です。
ホント奈良岡さんのアドバイスのお陰だと 感謝致しております。」

お客様が

「それだけで QB-9が別物になっています。
というか、機器(QB-9)の存在が感じなくなった様な感覚です。」

書かれています。

それはQB-9と言う機械の音が、座間DOLPHINがターゲットとする目標の音に変わったからです。

QB-9の音を今より良くしたいのではないのです。

QB-9を当社がブレることなく持つ目標の音にのせる事を考えてるだけなのです。