<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< AYRE QB-9用XP-FS Flareのご注文を頂いたのですが・・・ | main | XP-BR/AU+のご感想 >>
究極のノイズフィルター!?XP-BR/AU

実はずっと製作を考えていた製品がありました。

しかし「コンセプトを理解していただきにくい」という事で製作しませんでした。

それは何かというなら壁コンセントです。

それもオーディオ製品を接続するのではなく、ノイズ等によってオーディオ再生の邪魔をする家電製品を接続するためのコンセントです。

そしてどのようなコンセントの製作を考えていたかと言うならプチXP-PS HYAKU/SHIKIです。

エアコンや冷蔵庫、PC・・・日常に使う多くの家電製品は内(屋内配線)、外(室内)にノイズを出しオーディオ再生の邪魔をします。

試しにそれらの繋がるブレーカーを落としてみてください。

レンジや空間は広がり、しかし情報密度が上がった素晴らしい再生音になりますから。

その事を理解し高額なノイズフィルターをノイズ発信源と並列接続する事で対策されてる人もいます。

しかしやったことがある方ならわかると思います。

帯域が狭まり、音の覇気がなくなってしまうのです。

以前、一番のノイズ発信源と言われる温水便座に高級なノイズフィルターを装着したのですが、結果は・・・

「クリーンな感じにはなったけれど、なんて薄いんだ!なんて肌寒い音なんだ!」



「絶対に良くなる」と自分に言い聞かせ聴いたのにそんな感じです。

理論倒れの結果は非常に虚しいものです。

そんな中、試してみて物凄くと言うか、恐ろしく良かったのが、温水便座の電源を当社の電源タップから取った時でした。

SN感が格段に増し、とにかく音場が音楽に満たされ色濃くなるのです。

試してみたのにはそれ相応の勝算があったからです。



当社の壁コンセントを導入された方にはそれまで壁コンセントを通さない「IECインレット直主義」つまり、「壁コンセント不要主義」と言う方もたくさんいました。

そんな彼らが当社の壁コンセントを導入した一番の理由は、「接点を一つ増やしても壁コンセントを通した方が音が良かった」からです。

優れた壁コンセントを通すことでそのままでは未完成な音が完成された音になったからだそうです(壁コンセントが優れたプリアンプの役割を持ってる様にすら感じます)。

未完成な電源が、一旦優れた壁コンセントを通すことで理想的バランスに整えられ、ノイズの質一つとっても耳当たり良くなりSN感が増し、バランスの整った情報溢れる濃密なサウンドになる。

この理論の根っこにあるのが、私がよく使う「残留ノイズの質」

http://blog.zama-dolphin.jp/?search=%A5%CE%A5%A4%A5%BA%A4%CE%BC%C1

なのです。



つまりこのような事なのです。

温水便座を発信源とし

壁コンセント⇒(温水便座用)ブレーカー⇒メインブレーカー⇒(オーディオ用)ブレーカー⇒壁コンセント⇒オーディオ製品

と伝わるノイズは間に当社の電源タップを通すことでノイズの質が整えられ、一歩突っ込んで言うならノイズが人間工学において音楽再生に好ましいノイズになったという事なのです。

ここに学んだ私は当然に考えたわけです。

「ノイズ発信源の家電製品に優れた壁コンセントを装着したら!」と

やってみました。

空気清浄機や除湿器を接続する壁コンセントをXP-PS HYAKU/SHIKIに変えて見たのです。

結果は!?

予想通りです。

上で温水便座に試したたことと同じ効果が起こるのです。

これを聴いてしまうと我が家の家電製品すべてにXP-PS HYAKU/SHIKIを導入したくなる。

しかし・・・

XP-PS HYAKU/SHIKIは高い(それにディスコンだし)。



長い説明になりましたがその様な理由で、家電製品用コンセントを製作しようと考えたのです。

ただ・・・

私でもわかります。

そんな製品売れるわけがないと。

何より、かなりの数を買わないといけなくなります。

「う〜〜ん何かいい方法はないかな?」

そのような事を考えながら、いつの間にか戦略的ブレーカーXP-BR/AU(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1068)が完成してしまう。

「う〜〜〜ん・・・・、あれっ?」

そして気づいてしまったのです。

家電製品用コンセントはいらないのです。

家電製品が繋がるブレーカーをXP-BR/AUに交換すればいいだけなのです。

そうすれば無数のコンセント導入はいらないのです。

XP-BR/AUの完成が何年にもわたって悩み続けていた問題を簡単に解決してしまったのです。

XP-BR/AUは戦略的ブレーカーであるばかりか、戦略的ノイズフィルターにもなるという事なのです。



これから夏暑くなります。

エアコンを止め我慢比べのようにオーディオを聴かれる方いるのでしょうか?

それは熱中症のもとです。

どうすればいいか?

エアコン用のブレーカーをXP-BR/AUに交換すればいいのです。

その効果は内(屋内配線)のノイズだけではありません。

エアコンが外(室内)に出すファンのノイズも耳障りではなくなるのです。

当社のコンセントやタップをお持ちの方ならお分かりだと思いますが、当社の電源環境にPCをつないだ時のファンノイズの音と、普通の電源環境でのファンノイズの音は全然違ってきます。

暑い夏はオーディオをやめられる方がおられますが、これからは内と外から対策していただき夏でもオーディオをやって欲しいと思うのです。

なんか大げさな事にと思われるかもしれませんが、ノイズフィルターの弊害を知るからこそ、しかし家電製品のノイズの弊害を知るからこそ提案したいのです。

そしてXP-BR/AUの戦略的価格はここで大きな武器になるのです。