<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< XP-PSC EN/STの試聴機入れ替えのご案内(SOLD OUT) | main | オーディオアクセサリーの優先順位 >>
休みを頂いておりました
実は8月4日〜8月14日迄夏休みをいただき実家青森に帰っておりました。

ホームページ上でもお分かりのとおり当店は「予約制」をとっていますので、「別にご案内しなくてもいいかな?」と、今年はご案内しませんでした(実は忘れてしまって途中で気づいた次第です)。

帰宅翌日8月15日の終戦記念日は東京タワーに行き、周辺の墓地や寺を散歩するのが毎年恒例なのですが、今年は天気の関係でそれをあきらめ、仕事を始めております。

休んでいる間ですが、在庫切れになっていますブレーカーXP-BR/AUをメッキに出したのですが、ちょうどメッキからあがってきておりました。

クオリティーチェックも完了し、すぐに出荷できる状態です。

ブレーカーを考えられてる方、究極のノイズフィルターを考えられてる方(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1073)、もしよろしければご検討ください。

余談ですが、XP-BR/AUを自宅で試されたダイナ5555のKさんから

「本当にこれ凄いね」と正式なご注文を頂きました。

一般のエンドユーザー様からのご注文は当然に嬉しいのですが、日常オーディオ製品に囲まれ、ある意味擦れてるオーディオ専門店の方に自宅導入いただくのもまた物凄く嬉しいものです。


また休んでいる間に別のK様に試聴機としてスピーカーケーブルとしてXP-EN/AUをお送りし、ご試聴いただきました。

K様には以前(2014年末)XP-SP ENをご試聴いただいたという伏線が実はありまて。

当時はバイワイヤ環境のところへXP-SP ENのシングルワイヤ環境でご試聴いただき、向上を感じていただきながらも、一長一短な部分もあったようで導入に至りませんでした。

K様にはインタコ(XLR、RCA)、BNCケーブル、USBケーブル、電源ケーブル全てを導入いただいてる中で、「もうそろそろリベンジしたい」と2019年仕様のXP-SP EN/AUを聴いていただいたわけです。

その結果ですが

「奈良岡様
お世話になっております。
お休みのところ、どうしようかと迷いましたが、
居ても立っても居られなく、ご連絡させて頂き
ました。
昨夜、早速 お借り致しました試聴機をじっくりと
聴かせて頂きました。
チープなB&W純正のジャンパーを使用しているの
にもかかわらず、何なのでしょう。
この濃密で情報密度に溢れた素晴らしい音は!!
前にも、一度 スピーカーケーブルをお借りした際に
は、これ程 触手が動かされる事は無かったのに。
凄い進化に、驚きが隠せません。
ホント 凄いです。このケーブル
ちなみに、スピーカー側のみを、バイワイヤにした
スピーカーケーブルを以前ブログにて提案されて
いたと思うのですが、製作って可能なのでしょうか?
・・・・・
・・・・・
お見積もり宜しくお願い致します。」

青森でこのメールを読ませていただいたのですが、素直に嬉しくガッツポーズです。

以前聴いていただいた2014年末仕様のXP-SP ENには触手が動くことは無かったが、今回のXP-SP EN/AUでは・・・

CROSS POINTの序列ではXP-SP EN/AUよりもXP-SP ENの方が上になります。

ただ

2019年仕様XP-SP EN/AU>>2014年仕様XP-SP EN

という事なのです。

もっと突っ込んで具体的に言うなら、2019年仕様XP-SP EN/AUは間違いなく2017年仕様までのXP-SP ENよりもパフォーマンスで上であり、2018年仕様XP-SP ENと比較してもある部分では優ってる部分もあるという事なのです。

見た目は何の変哲もないか細いスピーカーケーブル。

しかし付けたらこのスピーカーケーブルは凄いのです。