<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コンセントプレート XP-CP 登場、そしてXP-CP SEはディスコンへ | main | 突発的BNCスタビライザーB級品 >>
コンセントプレート XP-CP
前のブログで書きましたが、コンセントプレートのXP-CPは素晴らしい出来栄えです。

その音を私のイメージで表現するのなら、

「黒糖」「カカオ含有量の高いチョコレート」「ギネスビール」

伝わるでしょうか。

どれもイメージとしては「黒」が出てくると思いますが、この「黒」と言うイメージは私のオーディオ再生にとって必須です。

兎に角音楽を暗闇の中から描きたい。

白いキャンバスに音楽を描くなんて考えられません。

白い背景は私にはノイズでしかないからです。

映像でもONとOFFのOFFは黒であるように、音楽再生でも黒であるべきなのです。

さて、黒のイメージでも「黒糖」「カカオ含有量の高いチョコレート」「ギネスビール」と表現しましたが、

それは音に、コク、甘味、深み、温和、柔らか・・・

その様なものを感じたからです。

XP-CPを装着した音は聴く側に内面から湧き上がる笑顔を与えると思います。

世の中いろいろなコンセントプレートが出ていますが、この様な音を出せるのは当社だけと確信しています。



このコンセントプレートは

インシュレーターであり、シールドであり、そして今流行りの言葉で言うなら仮想アースです。

兎に角この製品はインシュレーターとして設計しました。

プレートですが、インシュレーターとして使ったなら、世の中のいろいろなインシュレーターよりも音質に優れてる事がわかるはずです。

シールド性の高さに関しては言うまでありません。

ただどんなにシールド能力に優れSNが増しても、SN感が増さないと意味がありません。

それこそが残留ノイズコントロールであり、仮想アースとしての能力なのです。

当社の製品はすべて残留ノイズコントロールを計算し設計しています。

コンセントプレートをコンセントにネジで固定した際、得られるパフォーマンスは世の中の仮想アース専門グッズよりも遥かに優れてる事をご理解いただけると思います。

XP-CP装着の音を聴いていただければ、この部分に投資しなかったオーディオファンの多くがその怠慢に気付くはずです。