<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< XP-BR のご感想をK様からいただきました | main | メーカーを作るパワー >>
会心の出来! フットベースインシュレーター XP-FB56登場

構想7年

「このようなものを作りたい」と思い形にし

しかし形にしたものは満足できず

途中で「こんな製品無理して作るん必要ないんじゃないか」とあきらめ

ただオーディオのセッティング環境を見渡すなら「実は求められてる製品はこれではないのか?」と考え直し

・・・・・・・・・・・

分かりやすく言うならずっと作りたくても作れなかったというか、ずっとイメージ通りのものが出来上がらなかった製品がようやく完成したという話です。

それは何かというとオーディオ製品の脚の下に用いるインシュレーターです。

これまでもCROSS POINT社では

XP-SB (スパイク受けインシュレーター)
XP-WSB (カップリングインシュレーター)
XP-SIN (スパイクコーンインシュレーター)

・・・・・

を製作してきました。

スパイクコーンであったり、スパイクコーンを受け止めるインシュレーターであったり、それらが完結したインシュレーターだったり・・・。

これらはオーディオ製品を理想的に使うにはそれこそふさわしいものだと思います。

しかし現実問題、多くのオーディオ製品が大きな(高さのある)脚部をも持っていたり、脚部は小さくても底板が複雑な凹凸のある形状があったり・・・

当社が提案するインシュレーターが使えない環境にありました。

その様なお客様が求めるインシュレーターはそれこそオーディオ製品オリジナルの脚の下に敷くインシュレーターです。

それを当社は作れませんでした。

正確には私が納得できるレベルで作れなかったのです。

私が納得できるレベルと言う意味、このブログを読まれてるお客様なら理解いただけますよね?

ネット上で多くのオーディオファンのインシュレーターのセッティングを見るとオリジナルの脚の下にインシュレーターを用いられてる方もいましたが、私に言わせると

彼らは「きっとこれは良くなるはずだ」と言う大きなバイアスがかかり、現実大きく音質が落ちていることに気づいていない。

その最も大きなものは何かといいますと、重心が高くなることです。

オーディオボードを用いる事と違い、オーディオの脚の下にインシュレーターを用いることは基準点を高くし、上ずった音になってしまうのです。

中域、高域はインシュレーターの素材が持つ魅力がそれなりに光りながらも、低域は目減りし重心は高くなり、トータルでは軽く散漫な音になるのです。

私はこれが許せなかった。

物理的に考えるならオーディオ製品の脚部下に使うインシュレーターはない方が良いという結論に達し

「こんな製品無理して作るん必要ないんじゃないか」と一時諦めたのです。

が、その一方で

「オーディオ製品の脚部は決して理想的素材で作り上げられたものではない」

とするなら

「オーディオ製品脚部下に敷くインシュレーターには意味がある!それを作り上げられないようじゃ、CROSS POINTなんてオーディオ業界から消えて無くなった方が良い」

と思うように。

その様な格闘の中でXP-FB56は完成しました。

積層プログラムを見直し、

カーボンファイバーコンポジットの能力を出し切る最適解処理

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=79

このプログラムを何度も何度も何度も変え完成しました。

その音は、

「これを用いないオーディオ再生は考えられない」

とまで強気に、いや確信的に思います。

XP-FB56を用いた音

その音はまず部屋を暗闇に変えます。

暗闇とは静けさであり、音楽再生の第一音が出るまでの怖さでもあります。

「これからいったいどのような音が出るのだろう?」と言う人間の思考、想像力が生む怖さです。

その怖さの中から有機的で立体的が音楽が空間に描かれます。

その音をイメージ的に伝えるのなら、

割り箸をイメージさせるような薄っぺらいチープな音色が、ブラックウォールナットをイメージさせるようなシックで重厚、空間を埋め尽くす音楽に変わったような

もっと具体的気に言うなら、やわな石膏ボードにチープなクロスを張った壁が、肉厚なブラックウォールナットの壁に変わったオーディオルームのような・・・

伝わりましたでしょうか。

一つ言えることはオーディオルームを人工的に、汚らしい音響材で埋め尽くし、家族の反感を買う前に、やるべきものがあるのではないかと言う事です。

う〜〜〜ん

たかだかインシュレーターの説明をするために、少しばかり大げさに語ってしまったかもしれませんが、XP-FB56はそれほどの出来だと思います。

改めまして

構想7年以上、多くのオーディオファンが求めていたインシュレーターが完成したと思います。

・フットベースインシュレーター Φ56×6mm
XP-FB56 110,000円/4個1SET(税込)