<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 当社ではキャッシュレスポイント還元をやりません | main | 年末年始のホームシアター、今から準備をお薦めします。 >>
NEWコンセント XP-PS AU SE、XP-PS AU登場のご案内

この度CROSS POINT社より NEW壁コンセントXP-PS AU SEが登場します。

昨年、当社の壁コンセントのベースになるLEVITON社 5362IGがモデルチェンジし構造上これまでのような作り込みが不可能となった結果、ラインナップに大きな変更がありました。

在庫を持つLEVITON 5362IGを当社の上位モデルXP-PS Flare、XP-PS Flare≒Limitedのみに用いるという決断を行い、それ以下のモデルが消滅したのです。

結果として当社の壁コンセントは22万円〜の状態が1年近く続きました。

「その様な状況下では、多くのユーザーに壁コンセント交換の凄さ、楽しさ、オーディオの素晴らしさを伝えることができない。」

その様に考え当社は旧5362IG探しを開始し、ある一定の数を確保、XP-PS AU SEの登場に繋がりました。

XP-PS AU SEの構造は

・全金属パーツへの2μ以上の金メッキ

・カーボンファイバーコンポジット製バックプレートの採用

とごく簡単に説明できます。

しかしそこに採用された技術はCROSS POINT社の金メッキ技術とカーボンファイバーコンポジット技術の総動員です。

金メッキでは全パーツの音色を統一するために、母材ごとにメッキプログラムを変え、7〜8工程の長きにわたる工程で製作されます。

完成されたメッキは、各工程のメッキ厚をデーターシート上で入念にチェック、その後に音質チェックが行われ、初めてXP-PS AU SEのパーツとして採用されます。

カーボンファイバーコンポジットバックプレートにおいても、徹底的な管理下の元に完全オリジナルの成型が行われ、最後は音質チェックを行いXP-PS AU SEのパーツとして採用されます。

最先端の技術、他メーカーでは真似ができない物量、音に対するプライド

その様な背景のもと一品一品丁寧に作り上げられたのがXP-PS AU SEです。

パフォーマンスに関してはあえて詳細を記しません。

ただ一つ、音楽性においてもオーディオ的特性においても他のコンセントやオーディオアクセサリーとは絶対値が違うはずです。

壁コンセント
XP-PS AU SE 110,000円(税込)



同時にXP-PS AU SEの姉妹モデルXP-PS AU が登場します。

価格帯では当社以外のハイエンド壁コンセントを意識し、その中で当社XP-PS AU SEのパフォーマンスに近づける製品を目指しました。

ベースになった製品はLEVITON 5362です。

当社オリジナルの金メッキを施すパーツを

±ブレード×2点
アースブレード×1点
コンセントプレート止めセンターナット(選別無酸銅削り出し)×1点
アースブレード固定ネジ×1点
アース端子ワッシャー×1点

の7点に絞り、メッキ厚をXP-PS AU SE比70%にする合理化を図る事で、XP-PS AU SEに近いパフォーマンスをこの価格帯で達成できました。

そのパフォーマンスは同一価格帯含め他メーカーの製品と並べ比較するものではありません。

「どこまでXP-PS AU SEに近づけたか?」でしかないのです。

壁コンセント
XP-PS AU 38,000円(税込)