<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 外国産松茸を食べて例えばコンセント | main | XP-PSCシリーズ20A仕様製作します。 >>
アナログターンテーブルシート レコードスタビライザー 復活

昨年限定販売されましたアナログターンテーブルシートとレコードスタビライザー

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=991

販売終了となっていたのですが、お客様からの「復活して欲しい」との要望で復活する決断をしました。

オーディオ不況に合わせ当社も「選択と集中」と言う形でラインナップを一部縮小はしてはいます。

しかしそれだけだと大滝秀治さんに怒られそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=g0w_-e-caBw

「つまらん、CROSS POINTはつまらん」と

つまらない企業にならない為にも、お客様の声にこたえ、完全に消えたアナログ関連のアクセサリーを一部復活させようと。

製品名は

・ターンテーブルシート φ295×3mm
XP-TSH 190,000円

・レコードスタビライザー φ56×6mm
XP-RST 38,000円

です。

実はどちらも進化しています。

特にレコードスタビライザーXP-RSTは旧スタビライザーより価格が下がったにもかかわらず、かなりのパフォーマンスアップを果たしています。

それもそのはず、設計コンセプトは私の超自信作インシュレーターXP-FB56(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1103)がベースになっているからです。

ターンテーブルシートも着実に性能アップを果たしています。

どちらも自信作です。