<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 急遽最後の一台 DAC-25DSD+ENLL(RB15) | main | 私が考える仕事(LEMO端子編) >>
もう痛くない

初期とは言え椎間板ヘルニアになり苦しんでる事はブログで書きました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1167

ちょっと良くなったと思えばまたすぐに悪くなり、また少し良くなり、ただ昼は良くても夜就寝すると1〜2時間で痛みで目が覚め不眠に苦しみ

「この苦しみに出口はあるのだろうか?ちょっと以前のぎっくり腰とはわけが違うぞ!」

鬱一歩手前でした。

そんな自分が今1週間以上痛みもなく仕事ができています。

毎日ぐっすり眠れています。

その原動力となったのは「逆さぶら下がり健康器」です。



この製品、まじめに凄いです。

そして理にかなっています。

普通のぶら下がり健康器は腕に負荷がかかり長時間ぶら下がれません。

それに対し「逆さぶら下がり健康器」なら足を上にしぶら下がれるので長時間ぶら下がれます(私は5分×2本逆さにぶら下がっています)。

その効果は本当に凄く、私はこの歳で5mm身長が伸びました。

「あ〜腰椎の間隔が広がっている。」と言うのが実感できます。

当然にこれに対し反論もあると思います。

「一時的に間隔が広がっても、時間が経つと重力で元に戻るだろう。」と言うものです。

多くの反牽引治療の方が言うセリフです。

しかし、ある行為を行う事で元に戻りにくくなったようです(だから身長が5mm伸びたのだと思います)。

それは逆さにぶら下がった状態で腹筋を一緒に行っているからです。

座った状態の腹筋とは違い、つるされた状態の腹筋は、腰椎を引き伸ばしながらの腹筋であり、引き伸ばされた状態に見合ったような筋肉がついて行くようです。

その証拠に「逆さぶら下がり健康器」を用い始めた2〜3日の間は「ちょっと骨の間隔があき過ぎになるんじゃない?」と言う感覚がありましたが、今はそのような感覚が殆どなく、筋肉が過剰な間隔の開きを抑え込んでる様に感じます。

今は姿勢も良くなり「これが理想の骨格のバランスではないのだろうか?」と思えるように。

今怖いのは腰の状態の良さに調子にのりすぎる事と、実家に帰った時にこの器具がないくらいです(実家に買うかどうか悩んでいます)。

自分の性格を知っていますので「完全復調」と大口は叩きません。

ただ、お客様に迷惑をかけない程度の仕事は出来るようになったと思います。