<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< メッキへの最終回答 | main | メーカーに未来はないのか?それともAVファンに未来がないのか? >>
HP-BR登場


座間DOLPHINから電源関係のNEW WEAPONとしましてブレーカーHP-BRが登場します。

座間DOLPHINはオーディオアクセサリーメーカーCROSS POINTを主宰していますが、

「その中で何が一番コストパフォーマンスが高い製品ですか?」

と問われれば迷わず、

(フラッグシップブレーカー)「XP-BR Flare」

と答えるでしょう(逆に2番目以降が悩んでしまいます)。

オーディオにおいての上流の大切さを理解する方なら、電源ケーブルや壁コンセントの重要性を理解する方なら理解いただけるはずです。

理解はしているものの、なかなか手を出さないというのもブレーカーではないでしょうか。

なぜ多くの方が最も効果のあるこの場所に手を出さないかを個人的に考えるなら、それは電源ケーブルや壁コンセントを交換してる人口に比べ、ブレーカーを交換してる人口が少ないからだと思います。

「皆がプリウス乗ってるから私もプリウス」という日本人気質がオーディオにおいても脈々と生きてるわけです。

実にもったいない話です。

XP-BR Flareを装着された方は、プレーヤー、DAC、プリアンプ、パワーアンプ・・・

エレクトロニクス製品の能力が根こそぎ数ランク上がったような現実を目の当たりにして驚きます。

それどころか、同じブレーカー上に存在するPCの映像や照明の変化にブレーカーを交換した事を知らない家族が驚いてしまうほどです。

それほどまでにブレーカーは効きます。


「ブレーカー交換の素晴らしさを感じてほしい」

HP-BRはそのような思いで作られたXP-BR Flareの血筋を引くハイコストパフォーマンスブレーカーです。

HP-BRの技術的ハイライトは非光沢剤銀メッキの採用です。

その詳細は前のブログ「メッキへの最終回答」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=571

をご覧ください。

HP-BRの詳細は以下になります。

・内部ショートバーに40μ厚銀メッキの採用

・ワイヤー固定部ネジ・BOX部、ブレーカー背面固定ネジ、ブレーカー分電盤固定ネジに数μの24金メッキ採用

です。

電流が通過するショートバーには地上で最も電気抵抗が低い金属銀を光沢剤抜きで40μメッキし、その他の固定部には電流通過を阻害しないように地上で最も安定的な金属24金を採用しています。


本当に素晴らしい製品に仕上がったと思います。

この音は「地上で最も電気抵抗の低い金属の銀からはこのような音がしてほしい」と多くの方が頭の中に理想(空想)としてイメージする(願う)音なのかもしれません。

本当に静かな、音楽が再生する背景に暗闇をイメージさせるような広く深い音です。

音場、音像ともにわけ隔てなく、低域〜高域まで万遍なく濃密に描く高い情報密度です。

塊感を持った音像は瑞々しく張りがあり、音場を含めた音楽全体としては音が持つあたたかさをしっかりと感じさせてくれる音でもあります。

個人的には慈悲深い、甘味な表現に秀でた音とも表現したくなります。

映像においても音楽再生と同じような効果があります。

「音楽(映像)をリラックスして聴ける、しかしかぶりついても聴きたたい(観たい)」

HP-BRはそのようなブレーカーです。

「多くの方にブレーカー交換の素晴らしさを感じてほしい」


HP-BR 42000円(税込)