<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仮想アース? | main | オーディオボードを試作中 >>
オーディオやるならファインの滝でしょ
 我が家の子供たちが学校から帰ってきてまずする事は、お風呂に入る事です。

学校の臭いを体から取り払うために必ずお風呂にはいります。

「学校の臭いって何ぞや?」と言いますと多くの場合柔軟剤の臭いでしょうか。

私も昔なりましたがシックハウスになって一番きついのは整髪剤の臭い、芳香剤の臭い、そして柔軟剤の臭いなのです。

私の妻の知り合いは今現在シックハウスに悩んでいまして、外にでれないそうです。

その方曰く「一番辛いのは、外を歩いた時に薫ってくる洗濯物の柔軟剤の臭い」だそうです。

私も同じでした。

いや私の場合は住んでいた建物自体が化学物質的臭いがしていたので、24時間車酔い状態でしたが。

学校では各家庭の衣服の柔軟剤、そして学校でもつかわれてる一部芳香剤の臭いがしてそれを染み込ませて子供たちは我が家に帰ってくるわけです。

そして子どもたちは無添加せっけんと無添加せっけんシャンプーで体を清めいつもの生活に戻るわけですが。

自分で言うのもなんですが、なんて不自由な生活なんでしょう。

はっきり言って坂上忍よりも不自由な生活だと思います。

と思う一方で、この様な生活を送ってると、食べ物、飲み物の本当の美味しさがわかるわけで(場合によっては出前寿司の板前の整髪剤の臭いまで分かったりしますが)、まあ±0なのでしょうが、ある部分では物凄く幸せです。

この様な環境下で生活する自分が1000%断言して良い事は、

「どんな優れた空気清浄機(私のお奨めのエアフォレスト)をもってしても、臭いはとりきれない!」

「本当に部屋の臭いをとり浄化し、安らぎの場にするのならファインの滝は必須アイテムだ!」

と言うものです。

どんな優れた空気清浄機を持ってきても部屋の臭いがとりきれないというのはこの三年ではっきりと実感しました。

ファインの滝なしでは、本当に部屋の臭いはとりきれていません。

ファインの滝のある部屋(+空気清浄機)から空気清浄機だけの部屋に移った時は「ウワ〜ッ」

「空気清浄機の脱臭機能なんてこんなもんか?」と気づくはずです。

それだけではありません、

「なんて空気がどんよりしてるんだろう。」

と思ってしまいます。

ファインの滝

http://www.binchoutan.com/fine.html

これは簡単に言うなら人工滝です。

我が家に人工的に滝を作り、その滝の細かいミストにより埃や臭いを取り払い、マイナスイオンまで出してしまう製品です。

オーディオ業界だけでなく世の中には本当に胡散臭いマイナスイオン発生器がありますが(中にはトルマリンを使い放射線を出すものまであります)、その様な電気的に作るマイナスイオンは本当に体にいいかどうか実は分かっていません(そればかりか世の中に多く存在するマイナスイオン発生器は大量の+イオンも発生するのです)。

ただ一つはっきりと確かめられてるのは「滝壺で発生するマイナスイオンは健康に良い」と言うくらいなのです。

ファインの滝はファンを回し非常に細かい水しぶきを作り上げてる滝そのものなので、ローテク的製品ではありますが、その様な胡散臭い製品群とははっきりと異なる、マイナスイオン発生器であり、脱臭機であり、空気清浄機なのです。

この製品を用いた日常は毎日が森林浴の様な爽やかなものであるばかりでなく、オーディオを再生したときのそのサウンドは、音が本当に艶やかでモッチモチしています(ファンが回る音がするので試聴するときは止めた方がいいかも知れませんが)。

透明な空間に、単なる透明ではなく録音現場の色を反映した色彩ある透明を描いてくれます。

映像で言うなら適切な色温度とガンマーカーブで映像を描いてくれるような感じです。

ま〜これを使い続けると、やはりこの効能に慣れるものです。

ただ、この製品を半日でもとめた日には

「あ〜、こんなどんよりした空間で自分は生きていたのか?こんなどんよりした空間で自分は音楽や映像を鑑賞していたのか?」と思うはずです。

今日も我が家のリビングと寝室ではファインの滝(F2)は頑張り、ゴールデンウィーク実家に帰省するときは一緒に実家に持っていきます(農業の盛んな田舎って農薬や除草剤が使われるので皆が思うほど空気は綺麗じゃないんですよ)。

ファインの滝、オーディオルームに一台いかがでしょ?

<注意>当店ではファインの滝は販売しておりません。