<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< PCオーディオやられる方へ | main | HLPシアター >>
明日から12月


 
明日から12月です。

毎年この時期になるとドキドキです。

いかにして年末年始を家族と共に映画や音楽番組を見て過ごすか。

もう店の売り上げなんてどうでもいいや!来年稼げばいいだろうというのは言いすぎですが、自宅のホームシアターシステムを如何に充実させるかが年末の自分の関心事です。

そうなると当然にすべきことはHP5509(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=519)のENL処理によるHLP化(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=614)です。

AYRE KX-R MX-RはすでにHLP化され、ご試聴いただいたお客さまからも「KX-R Twenty MX-R Twentyとは別次元、アンプのグレードが一気に上がったようなサウンド」とのご感想をいただきました。

HLP96(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=671)をご購入いただいたお客様からは、ご自身が持つA社&A社&D社の1500万のデジタルシステムがHLP96の前には遠く及ばないというお言葉をいただきました(所有していないならいくらでも好き勝手言えます。所有されてるからこそその言葉には真実があり、重みがあると思うのです。)。

今のところ音楽再生には一切不満はなく何を聴いても大満足です。

以前に比べ相対的にいいのではなく、自分が頭に描いてる音が出てるため、なにも不満がないのです。

しかしやはりこのクオリティーの音を聴いてしまうとホームシアター再生には大きな不満が出てきてしまうのです。

2chプリとしてハイエンドオーディオメーカーのリファレンスプリアンプを圧倒したHP5509でもHLP化されたシステムの中で聴いてしまうと不満だらけ、いや不満しか出てきません。

このような精神状態で年末年始は過ごせないということで本日からHP5509をENL処理し始めました。

「時間がたっぷりあるからゆっくりやろう」ということで、通常ははんだ吸い取り機の入らないスイッチ部分もアクロバッティングな体勢でハンダを吸い取りENL処理。

上手くいくと明日には完成しそうです。

私だけでなく、多くのオーディオ・ビジュアルファンの方々も如何にして年末年始を過ごかすか考えられてると思います。

素晴らしい年末年始を過ごす為にも、やり残した宿題をお互いに頑張りましょう。

話はプライベートから座間DOLPHINへ

座間DOLPHINとしましては、今年中に凄い凄いケーブルインシュレーターを発表できればと思っております。

オーディオのハードに用いた以上の効果を持つインシュレーター

いや、このケーブルインシュレーターを用いないのなら、オーディオアクセサリーに手なんて出さなくて結構というインシュレーター

実は本日発表できる予定だったのですが、カーボン屋さんがものの見事に加工ミス。

ただ、加工をミスしたものでさえ、にわかには信じがたいパフォーマンスを発揮しております。

1週間後になるか、2週間後になるか分かりませんが今年中発表できればと思っております。

どうぞご期待ください。