<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NEW HP-B・DRIVE登場 | main | RCAジャック保護キャップ3年越しでようやく完成 >>
NEW XP-DIC/USB EN



NEW XP-DIC/USB ENが予告通り登場します。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=709

旧XP-DIC/USB ENの生産完了から後継モデルを予告していたのですが、開発せずだらだらここまで来てしまったこと申し訳ありません。

NEW HP-B・DRIVEの登場予告に合わせ、お客様から後継モデルの問い合わせが多くなり開発をコツコツと行っておりました。

高い完成度で出来上がっています。

NEW XP-DIC/USB ENの詳細の前に一言

本当にオーディオグレードのUSBケーブルはどれもこれも音が悪いと思います。

オーディオグレード=ハイバランスにそしてメリハリ調にしないといけない

のかなと思ってしまいます。

NEW XP-DIC/USB ENを製作にあたりいろいろなUSBケーブルを聴いてみたのですが、一番いいと思ったのは家電量販店で売っている2000円くらいの金メッキ端子で被覆が 黒いUSBケーブルです。

これを聴いてしまうと、「オーディオグレード」という言葉のまやかしに気づいてしまいます。

おそらくこの2000円くらいのUSBケーブルをハイエンドメーカーが見た目をそれっぽく演出し販売したら数十倍以上の価格で販売できるの ではないかと思います(見た目を変えたら音も変わってしまいますが)。

「我々が求めていたのはこの音だよ!」ってな具合に。

「安いものはよくない。」とはなから相手にせずに聴かない方がほとんどで、選択肢に入っていないかもしれませんが、一度聴かれてみてもいい と思います。

何万円もするオーディオグレードのUSBケーブルよりも遥かに良い音がしますから。

改めてこの2000円くらいのUSBケーブルと比較するならオーディオグレードのUSBケーブルは

・低域が出ずハイバランス

・中域が薄く音の存在感が乏しい

・妙にノイジーで背景が明るく陰影が出ない

・歪っぽくてピーキー、クールでソリッド

よくもま〜と言うほど踏んだり蹴ったりの内容です。

オーディオグレードUSBケーブルから2000円くらいのケーブルに戻すと急に音楽が楽しくなり思わず微笑んでしまうのです。

脱線してしまいましたが、

実は脱線ではなく、NEW XP-DIC/USBの目指すべき方向をここに示しておきたかったのです。

2000円のUSBケーブル(別の言い方もあったのではないかと思いますが、ここまで引っ張ったのでこのまま引っ張ります)の延長線上に自 分が目指す音はあるという事です。

このバランスをベースにSN,歪を改善しレンジを拡大、そして情報密度を上げる事です。

このコンセプトをベースにNEW XP-DIC/USB ENは以下のような構成で製作されています。

・+Dライン、−Dライン、電源+、電源−の4ラインには約φ0.1mm極細リッツ銅線数十本が用いられた4芯シールド構造

・コネクターにはオリジナルメッキプログラムによる24金メッキを2μ以上

・ワイヤーとコネクターのターミネートにはCROSS POINTオリジナル低接触抵抗合金化技術をEN処理の採用

基本的に今までのCROSS POINTの構成・手法を踏襲しております。

その一方で(コストと手間がかかる)質を追求しました。

具体的にはメッキのプログラムを同じでありながら、メッキプログラムの質を高めています。

EN処理に用いられるハンダは、ENグレード10Kgの中から徹底的な視聴テストにより1Kgに選別したチャンピオンハンダを用いていま す。

この事により、スペック上は同じでありながらメッキ、ハンダともに聴感上高いSN感と情報密度の向上を果たしています。


その様な中で生まれたNEW XP-DIC/USBのパフォーマンスですが

目指すべき音へとたどり着いたと思います。

「オーディオグレードUSBケーブルから2000円くらいのケーブルに戻すと急に音楽が楽しくなり思わず微笑んでしまうのです。」と書きま したが、さらに音楽が楽しくなっています。

今度は逆にオーディオグレードのUSBケーブルに感じた様な不満を2000円USBケーブルに感じてしまうのです。

同じ陰影表現でも2000円USBケーブルはプラスチックを思わせ、NEW XP-DIC/USBは漆器を思わせる。

非常に滑らかで手にしたと時に口にしたときに湿り気・ほのかな温かさを感じるようです。

浮いた黒と完全に沈みきった黒の差として表現してくれます。

音が描かれる背景がそれほどの差がありますから、音の情報密度が高く、音場・音像ともに実に濃密です。

そしてその濃密な音は表現に幅と厚みを持ち、乱暴に描かれる事はなく、実に丁寧。

オーディ的凄みをほほえましい音楽表現で描いてくれるように思います(そこが旧XP-DIC/USB ENとの差かもしれません)。

NEW XP-DIC/USB EN

HP-B・DRIVEにふさわしいUSBケーブルとして、ここに完成しました。


NEW XP-DIC/USB EN 148,000円(税込)  (±40,000円/m)