<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スジャータ fidata | main | 昔感じた感動は今も続いています >>
DMP-UB900の高画質・高音質を気軽に考えてみる

DMP-UB900のモデファイ

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=754

は現在進行形です。

徹底的にモデファイし、スパイクコーンに至ってはコレ

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=664

まで使ってしまおうかと考えています。

ただ価格もそれなりに立派な価格になってしまいそうです。

そのような中、ベターなDMP-UB900も目指してみようとの考えも

DMP-UB900の一番の弱点はプラスチッキーな脚です。

DMR-UBZ1に比べ筐体剛性の違いを指摘される方が多いですが、私的には一番大きなのは脚の違いだと思います。

剛性のない樹脂が少ない容量で使われ、これはちょっとばかり酷い。

こんな脚で良い映像と良い音が出るはずがりません。

良くこの脚で・・・

と言うのが率直な感想です。

DMP-UB900へ最もコストパフォーマンスが高い投資は脚への投資だと思います。

近日その答えを出させていただきます。