<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 仕事復帰 | main | バージン銅、バージン銀 >>
DOLPHIN限定 なかなかの電源ケーブル

オーディオショップ座間DOLPHINはCROSS POINTと言うオーディオアクセサリーブランドを持っています。

そのコンセプトは妥協を排した製品作りです。

ただそのために、製品価格のスタートラインが必然的に高くなってしまうこともあります。

その一つが電源ケーブルなのですが。

このような事がありました

CROSS POINTの製品哲学に共感していただき、電源ケーブルだけでも数十本購入いただいたお客様から

「それほどこだわる部分ではないので、CROSS POINTほど優れていなくてもいいのですが、10万円以内で無難な電源ケーブルありませんか?」と

・・・・・

考え込んでしまいました。

そのような電源ケーブルが全然思い浮かばないのです。

自社のみを肯定したいわけではないのですが、巷にはびこる製品は、薄く、重心が高く、クールで、(薄いにもかかわらず)ソリッドなものばかり。

「これなら純正で良いや」というものばかりなのです。

ただ、「思い浮かばないですね。純正で良いのではないですか?」と言うのもあまりにも脳がないので、「それでは作ります。」という事になった次第です。

素性の良い電源ケーブルを見つけ、CROSS POINTで培ったターミネート処理を用い作り上げたケーブルがこちらになります。

その音ですが、純正の音を否定しない中で間違いなく良くなっています。

CROSS POINT製品ほどのインパクトはないですが、濃厚で柔らか、心温まる様なウォームなサウンドでありながら(相反する)CROSS POINT製品を彷彿させる陰影表現も持ち合わせる。

ミニCROSS POINT的な魅力を兼ね備えていると思います。

私的には妥協と言えば妥協かもしれません。

ですからCROSS POINTのラインナップには入れません。

しかし電源ケーブル界の世界地図を見渡すなら、この製品は極めて優れたケーブルと言えると思います。

「10万円以内で良い電源ケーブルありませんか?」と言う要望がある以上、そのようなケーブルを作るのも使命と考え、DOLPHINのラインナップに入れたいと思います。


電源ケーブル HP-PSC 58,000円 (1.8m)