<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お客様にHP-UB900LTを視聴していただく〜ハイエンドオーディオって何なんでしょうね〜 | main | 深夜のリッピング >>
XP-PSC EN/ST変更 完成 そして

XP-PSC ENのブレードが手に入らなくなり上位モデルのXP-PSC EN/JとXP-PSC EN/STの方向で行くことを過去に書きました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=662

その時XP-PSC EN/STはジョデリカの銅無垢プラグで行く予定だったのですが、どうもイメージと同じ音が出ない。

CROSS POINTの製品は同じ方向性を向いていなければいけません。

「銅を使った」と言うプロセスよりも「CROSS POINTサウンド」という事が大切です。

悩みに悩みあれこれ試した中で、ACプラグとIECコネクターはジョデリカの使用をあきらめ、マリンコ+ワッタゲイトのハイブリットで行くことにしました。

片方がマリンコで片方がワッタゲイトと言う意味ではなく、ACプラグの一部分はマリンコでACプラグの一部分はワッタゲイトと言うダブル使いです。

それプラス一部チューニング。

結果としてジョデリカよりも高くつきます。

その結果ですが、悩みが一気に解消されました。

本当に良い音がします。

CROSS POINTサウンドがします。

XP-PSC ENに比べ陰影感が落ちますが、しかし「明るい!」と言う感じではなく「穏やかな飴色」「セピア色」的クラシカルなフィルムトーン的な幸せ感を感じさせてくれます。

基本端末処理はEN処理ですから、CROSS POINTサウンドでありENサウンドです。

XP-PSC ENがない今となっては間違いなくこのクラスのベストコストパフォーマンスケーブルと言えると思います。

さて変更〜完成〜そして

の「そして」ですが

今となっては手に入らないXP-PSC ENですが、手元にある店の展示品3本を処分提案したいと思います。

展示品ですから新品でありませんが、そのかわりXP-PSC EN/STと同じ価格で販売させていただきます。

最後の3本です。

ご希望の方はお問い合わせください。


※XP-PSC ENは販売終了となりました。