<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< XP-DIC/BNC EN 2017 | main | ハイエンドオーディオと超ハイエンドオーディオ、そしてDuo300/HLP >>
気になるプロジェクター

LG以外に松下・SONY・東芝

4K有機ELも出そろい、「もうそろそろ購入しようか」とヨドバシに比較に行ったのですが、

う〜ん、買うのをやめました。

それは何故かと言うと松下よりもSONYの方が良かったからです。

もっと言うと東芝も松下よりも良かった。

私の中では松下のTH-65EZ1000(http://panasonic.jp/viera/products/ez1000/)の最強モードが勝手に出来上がっていて、もう買う気満々だったのですが、観たらSONYの方が上。

SONYの映像は本当に破綻のない、派手さのない、地味な映像です。

有機ELの漆黒の良さを壊さないようにした、バランス感覚に秀でた映像です。

求められるべき色濃さを満遍なくだし、求められるべき階調を満遍なくだし、明るさもコントラスとも求められるべきものをしっかりと出し、しかし求められないものは出さない、行き過ぎない良識でとどめている。

「こ〜なんかな〜パ〜っと明かるく、パ〜っと色濃くインパクトのある映像を求めてるんだよ!」って人には向かない映像です。

そんな映像は液晶に求めるべきもので、そもそも明るさで液晶に劣る有機ELは絶対的ダイナミックレンジの大きさで内に秘めた凄味をスルメをかじってる様に視聴者に感じてもらうTVだと思います。

SONYの弱点をあげるとどこか田舎料理的な洗練さが足りないもので、「あともう少し映像に知性」「あともう少しあか抜けてほしい」なんて言いたくなる部分はありますが、自発光という事を意識した大人の映像だと思います。

それに対し松下は、

自発光という事でプラズマ的映像づくりに回帰すると勝手に思っていたのですが・・・

こりゃ〜もう駄目だ、完全に液晶の映像づくり。

黒が潰れていないという事を意識させるため、黒側の引き込みが浅いというか。

確かに潰れていない、暗いシーンがよく見える。

しかし黒の怖さがない。

最暗部の黒はしっかり出ているので、黒が出ていないというわけではないけれど、見る側が見えるか見えないか目を凝らす暗部をアッサリ見せてしまう。

正直つまらない。

とにかく映像が瑞々しいのではなく水っぽい。

私のプラズマ時代の松下はイメージは

江戸前の甘辛い天丼、江戸前の甘じょっぱいお稲荷、映像界の演歌

この様なイメージがあったのですが、今回の映像は減塩料理に、流行り廃りのJPOP

正直がっかりです。

その様なわけで、今回は有機EL買いません。

「それならSONY買えばいいだろ。」となるでしょうが、このブログを読まれてる方々は私のSONY嫌いはお分かりのはず。

ま〜100歩譲って「SONYでもよければ買えばいいじゃないか」となったとしても、アルファベットのAの様に、斜め上を見ているTVはさすがに買おうとは思いません。

今回はパスです。

さてそうなるとプロジェクターでも買おうかと。

実は昨年ずっと登場を待っていたプロジェクターがありました。

それは何かというとOPTOMAのLED光源の4KDLPプロジェクターです。

昨年初めのCESで昨年末に1万ドルを切る価格で出すようなことを言っていたので待っていたのですが出ませんでした。

今年に入り、「なんなんだ!口だけか?」と調べると、UHD65と言うプロジェクターが出ています(LED光源ではないですが)。

https://www.optomausa.com/projectorproduct/uhd65

根布さんも気になられてるようです。

http://av-nebu.com/neb_blog/blog.cgi/permalink/20170615134049

当然私も気になっています。

私「根布さ〜ん、日本で出ないんですかね?」

根布さん「日本じゃ出ないでしょ。」

と話していたのですが、すぐに「オーエスに聞けばいいじゃないか」と気づき確認しますと

「近日かどうかはわかりませんが日本でも発売します。」との回答が。

これは登場したらすぐに買います。