<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< DELA N1A/2モデファイ依頼 | main | どっちも嫌だって選択肢ないのかな? >>
最適解

DELA N1A/2モデファイ依頼

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=879

と前回のブログで書きましたが、本日モデファイが終わりました。

写真の様に当初の予定通り当社のリファレンスIECインレットに変更され、内部の電源ラインは銀リッツ線仕様に変更されています。

それらの配線は全てENLL処理(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=833)され、最上段の電源部基盤もすべてENLL処理されています。

AC配線の圧着端子部のENLL処理も行いました。

さてノイズフィルター付IECインレットですが、当然写真のように本体内部にはありません。

その代りスマートに内部に同じ特性を持つノイズフィルターを装着しようかとも考えていたのですが・・・

何人かの技術者や関係者に相談しつける事をやめました。

その理由は

1、ノイズフィルターは電波障害対策の為付けられてるものであって、N1A/2の音質の為ではない。

2、そもそもスイッチング電源用のノイズ対策としてコモンモードノイズフィルターもコンデンサーも電源基盤についている。そこに更にノイズフィルター(付IECインレット)を装着する理由が分からない。

3、ノイズフィルターのつけ過ぎは音をぼかして大きく殺す

です。

最後のとどめは

4、ノイズフィルター付きIECインレットを取り払ったN1A/2をPCやプラズマテレビと同じ場所から電源をとりチェックした限り、画像や音声が乱れる等の電波障害が一切起こらなかった。

です。

そして以上の事を依頼者に伝え、了解を得このような最終仕様となりました。

その音質ですが、

とにかく空中にぽっかり浮いていた蜃気楼が地上に降りてきた盤石さであり

とにかくたっぷりのボリュームを持つ音場であり音像であり

たっぷりのボリュームをただただ濃厚に濃厚にさらに濃厚に艶めかしく聴かせる高い高い情報密度であり

これはもうただの水と、極上のラーメンほどの差です。

不味いラーメンと美味しいラーメンの差ではなく、ジャンルを飛び越えたほどの差です。

素材と完成された料理ほどの差です。

ノーマルはあるべきスープの味もないし、具材が全く見えない。

「数万円のデジタルプレーヤーと百万円越えのデジタルプレーヤーの差もここまでないよな?」

と思います。

「ノーマルのN1A/2の外部に100万・200万・300万・・・のオーディオアクセサリーを導入してもこの差は埋まらないよな」

とも思います。

これが座間DOLPHINグレードの音です。

座間DOLPHINのお客様にPCオーディオごっこなど不必要だと思うのです。

無理してPCオーディオをやる必要などないと思うのです。

やるならここまでやって欲しい。

ここまでくるとディスクオーディオもPCオーディオもありません。

ノーサイド

どちらもありで、お互いに手を取り合って音楽を楽しめばいいと思うのです。

これが私のN1A/2の電源部モデファイの最適解です。