<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「君の名は」画質・音質 | main | 2017東京インターナショナルオーディオショウ >>
DELA N1A/2のモデファイは

「DELA N1A/2モデファイ依頼」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=879

「最適解」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=880

ブログを見続けられてる方とはスムーズに話は進むのですが、初めてブログを見て問い合わせをいただくお客様の中にはモデファイ金額を聞いて「こんな高いモデファイ金額なんてありえない」「本体金額よりも高いなんてありえない」と怒られる方もいます。

ブログの文章を読んでいただければF様の予算的選択肢はN1A/2だけでなくN1ZSもあり、ただ安く抑える為にではなくパフォーマンスを重視して「N1A/2+モデファイ」を選んだという事がお分かりいただけると思います。

ちなみにF様のモデファイはENLL処理の+αの金額もありますので55万円相当となります。

それでは高すぎるというお客様にはお客様の予算に合わせたモデファイの提案もしています。

例えば過去にブログで紹介しています

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=554

は45,000円でご提案できます。

コンセントの接点もファストン端子の接点も同じです。

100μのCNT複合銀メッキのコンセントは20万円近くしますから、このCNT複合銀メッキファストン端子がどれだけコストパフォーマンスが高いかわかると思います。

またこのモデファイではファストン端子とケーブルはEN処理の半田処理が行われていますので接触抵抗は限りなく0です。

この(EN半田処理の)取り分だけでも高級電源ケーブルを入れたぐらいまたはそれ以上あると思います。

ファストン端子3個と(ケーブルとファストン端子の)EN処理に45,000円を払うのはアホらしいという方も当然おられます。

残念ながら、そのような方に対しては座間DOLPHINはお力になれません。

ただ、N1A/2、N1ZS等のモデファイは45,000円〜ありますという情報をご記憶いただければと思います。