<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 突如自分の中に沸き起こるMAGNEPAN最強論 | main | NEW XP-WSB 絶対的自信、これが完成形 >>
この様なものを作りました

この様なものを作りました。

お分かりになるでしょうか?

DELA N1A用インシュレーターです(ネジのサイズからfidataにも使えるはずです)。

わたしは以前こう書きました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=879

「オーディオ用NASかどうか知りませんが、高級プレーヤー、高級トランスポートを所有されてる方々が、あの程度のものをノーマルで使ってる事が私には理解できない。
『本当に満足してるの?あんなもんで、あんな音質で』と」



私には本当に信じられないのです。

高級プレーヤー、トランスポートを所有されてる方が、あんな剛性のかけらもないプラスチックの脚で、尚且つ出てくる音もそれを裏切らないチープサウンドで満足されてる事が、

それじゃあ上級モデルのN1Zが良いかと言うと、あの重たくて重心の高い鋳鉄はいただけない(サウンドポリシーが感じられない)。

それではという事でHP-UB900LT(http://log.zama-dolphin.jp/?eid=71)のインシュレーターの技術を応用し製作しました。

このインシュレーターのポイントは、高さ調整できることです。

フェルトやゴムがない4個のソリッドなインシュレーターは構造的にガタが出やすいですが、脚を回転させることで脚の高さを調整できガタをとることができるのです。

インシュレーターを筐体にネジ固定する事で、インシュレーターの上で筐体が跳ね上がることがなくなります。

この音質的取り分は物凄く大きいです。

HP-UB900LTでその効果ははっきりと証明されています。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=825

ただ、私はN1Aを所有していませんので・・・

まずはお客様にお送りし試してもらう事にしました。

好結果が出ましたらここでまた報告させていただきます。