<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NEW XP-WSB アップデートのご案内 | main | HP-INAJ/N1 試聴結果報告2 >>
「この様なものを作りました」完成報告

「この様なものを作りました」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=897

其の後の報告です。

今回試聴機は「DELA N1A/2モデファイ依頼」(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=879)のF様に送らせていただきました。

この製品を作ったのはF様から依頼されたわけではありません。

ただ、N1Aの脚の下に当社のXP-SBやXP-SB Flareを用いて試行錯誤してる事をF様からのメールで知っておりましたので「それでは!」という事で製作しました。

まず最初にオリジナル脚の下にXP-SBやXP-SB Flareのスパイク受けを敷いてピンとこないのは、高さが増し不安定になるからです。

製品の重心は高くな不安定になり、音もそのようになるのです。

またプラスチックの脚の情報量不足をダンプ材でナローにしてまとめてるところへ、軽量高弾性の正攻法のインシュレーターを持ってきても、(重心の高くなったような環境下では)殆ど能力を発揮しない場合が多いのです。

多くのデータを保存するNAS、オーディオ製品としてはそれほど重量のあるわけではないN1A/2

その様な理由から

「この製品に関しては脚を交換する方向で考えよう。HP-UB900LT(http://log.zama-dolphin.jp/?eid=71)手法で行こう。」

と考え報告させていただいたわけです。


製品としては完成してるという自信がありました。

しかしオーディオは絶対値と共に相対値と言うものでも考えなければいけません。

F様からの報告を聴きながら一部アジャストして最終仕様をお送りし感想をいただきました。

その感想の一部を紹介します。

「もちろん、導入します。
これを聴いたら、無くなっては困ります。
個人としても、今回のインシュレータで、相当に、理想の音に近づきましたので・・・!!!

>個人的にはこの処理は音の重心が格段に下がり音のうねりが出るほどに情報密度が増すと思っています。
>このインシュレーターがない音は出汁のない味噌だけの味噌汁様な感じではないですか?

全く同感です。
美味しさ、そして、心をホットさせてくれる ・・・ 出汁って、そんなところありますね。
今回のインシュレータの音は、オーディオ的に良い音であるのと同時に、聴いて楽しいと感じられるように思います。
これで、サビだけ、一曲だけといった、ザッピング的な聴き方が減ると思います。」

と言うものです。

もともと最初の時点で高い評価をいただいておりました。

ただ情報をやり取りしながら、理想の音へとアジャストしていき、本日更に上の感想が加わったわけです。

N1A N1Zついでにfidata用インシュレーターとして完成を報告します。

N1用インシュレーター HP-INAJ/N1 108,000円 (4個1SET) ※ちなみにAJは高さを調整できるという意味です。