<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「この様なものを作りました」完成報告 | main | HP-UB900LT生産完了のご案内 >>
HP-INAJ/N1 試聴結果報告2

HP-INAJ/N1

「この様なものを作りました」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=897

「この様なものを作りました」完成報告

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=901

で報告してきました。

この製品はチャレンジの一環として初回2SET製作しました。

一人目の試聴報告は 「この様なものを作りました」完成報告 で紹介しました。

二人目は「N1Zを所有してるのですが、使用可能でしょうか?」と言うお客様に(N1Zに使用可能かどうか)確認を含め試聴していただきました。

これで問題なければ胸を張ってN1用インシュレーターとして報告できるわけです。

試聴結果は以下のようになります。


インシュレーター試聴させていただきました。
まずは、N1Zの脚、無事換装できました。そして、その効果は驚くべきものでした…。
これまでファイルオーディオの可能性を信じていろいろ対策を講じてきました。
高価な電源ケーブル、USBケーブル、LANアイソレーター…などなど、正直これまでの対策とは「伸びしろ」が全く違いました。
もう、ディスクメディアを放棄しても良いかな、と思わせるような変化です。脱帽です。
これは、出来ればこのまま買い取らせていただきたいと存じますが、いかがでしょうか?


と言うものです。

「DELAもまさかN1AとN1Zの脚を止めるネジを変えてこないだろう」と恐らく大丈夫と予想しておりましたが、予想通り装着できてホッと一安心です。

そして何よりそのパフォーマンスに自信を確信に変えることができたと思います。

おそらく使用されてる電源ケーブル、USBケーブル、LANアイソレーター等の累計はHP-INAJ/N1の何倍もの価格がするものと思います。

しかしそれらはN1Zの能力を発揮させる決定打にはならなかった。

その様な中でHP-INAJ/N1は「もう、ディスクメディアを放棄しても良いかな」とN1Zの能力を覚醒させたと言えると思います。

HP-INAJ/N1はネジ寸法的にはfidataにも装着ができるはずです。

とするなら、HP-INAJ/N1はオーディオ用NAS能力覚醒装置と言えるのかもしれません。