<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< XP-CINオーナーの優越感 | main | HP-INAJ/N1にSEバージョン登場 >>
NEW XP-DIC/USB EN

CROSS POINT社のUSBケーブル XP-DIC/USB ENのモデルチェンジのご案内です。

大変に素晴らしい製品に仕上がったと思います。

前回のモデルチェンジ

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=717

からケーブルも端子も一切変わっていません。

しかしそのサウンドは完全に1ランク、いやそれ以上に上です。


今回のモデルチェンジのコンセプトは純度の追求と、完成度の追求です。

ワイヤーがケーブルとしてパッケージングされる際に混入する不純物、ターミネートする際に混入する不純物、これらを徹底的に排除する事で、本来ケーブルが持つ、コネクターが持つ能力を出し切る事が可能となりました。

また完成された製品としてはパフォーマンス向上で手を打つのではなくイメージ上の音が出るまで細かいセッティングが続けられました。

イメージ上の音が出るまで開発をやめないという事は今まで殆どなかったと思います。

今までもイメージ上の音を追いかけ製品を作り上げてきましたが、思考と現実の誤差はかなり多めにとっていました。

その意味で私の音楽的感性をさらけ出す、言い訳のできない製品だと思っています。

実はこの流れ、ここ最近登場しましたNEW XP-WSBやNEW XP-SBシリーズ、生産完了品ですがNEW XP-CINも同じです。

自分で言うのもなんですが、ここ最近の自分の出す製品は凄いと思います。

完全に自分の能力を超える製品を出しています(その理由は後日でも)。



さてそのサウンドですが、とにかく聴感上のSNが高く、歪も少ないというか皆無に近いと思います。

「煩さを探す」

この職業で培われた私の耳に煩さが届いてきません。

本当に心に耳に安心安全なサウンドです。

そしてそのサウンドは安心安全=有機農産物を思わせる様に味が深く、そして濃い。

オーディオ的用語を並べる事よりも音楽的な旨味に溢れた音を言葉に表したくなります。

その言葉は人それぞれ食べ物の好みによって違うかもしれませんが、とにかく「美味しい音」

NEW XP-DIC/USB ENはそのような音だと思います。


NEW XP-DIC/USB EN 158,000円 (1m ±48,000円/m)

※旧モデルからのバージョンアップは40,000円となります。