<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< AV8805SE一択と言う座間DOLPHINからの提案 | main | Duo300 USEDのご案内 >>
俺も疾る2018〜合理化6人家族仕様〜

2018年2月7日6人家族になった座間の奈良岡家ですが、3LDKのマンションはギュウギュウです。

そうなるとスペースを効率的に使わなければいけなく、また子供たちが自由に音楽を聴いたり映画を観たりする事ができるように合理的なセッティングが求められます。

その結果がこのような感じです。

ちょっと解説を

コストパフォーマンス的に私が最も評価するラックは朝日木材加工のStack Series(http://www.asahiwood.co.jp/item_list/2/28/)ですが(これにつきましては後日ブログで書きます)、6人家族でリビングに設置し、掃除やらエアコン掃除やらを考え、ホームシアター関連の機器を網羅するにはキャスター付きで横3列×縦4段はどうしても必要となり、ラックはクアドラスパイアしか選択肢がなくなります。

それほど剛性がなく下からの突き上げに弱いこのラックをカバーするために用いたのがタオックのSCB-CS-HC45W(http://www.taoc.gr.jp/scbcshc.html)です。

合理化の一環でプレーヤーはGOLDMUND MIMESIS36とWADIA921の組み合わせは店の方にもって行き、HLP96になりました。

もともとノーマル状態ではMIMESIS36とWADIA921のコンビではHLP96に全く歯が立たなかったので、実はずっと使っていませんでした(時間ができたところでMIMESIS36とWADIA921はモデファイしないといけません)。

プリアンプはKX-R/HLP(ENLL仕様)

AVプロセッサーはHLP5509(ENLL仕様)

パワーアンプはMX-R/HLP(ENLL仕様)

だいたいこのような感じです。

例えば以前はパワーアンプはラックの後ろに設置していました。

その為子供たちは気軽に電源を入り切りできませんでしたが、今度は簡単にできます。

また夏に直射日光がMX-R/HLPにあたらなくなるのでMX-R/HLPのオーバーヒート対策にもなります。

ラック裏がすっきりした事で、掃除も簡単にでき埃がたまらず、潔癖の私的には理想的です。

俺も疾る2018年、合理化6人家族仕様の紹介でした。