<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週の予定 | main | 1週間限定販売ねじHP-BD/PS・SCREW4につきまして >>
コンセントボード固定用ネジ完成しました

「今週の予定」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=970

で予告しておりました、コンセントボードを壁に止めるためにネジ(皿ネジM4×40mm)が入ってきました。

外観は写真のようになります。

内容的には真鍮ネジに金メッキをオリジナルメッキプログラムでかなりの厚さで施しております。

銅削り出し、CNT複合銀メッキ等のいろいろな選択肢もありましたが、強度の問題や、(壁の向こう側の)受け側の金属との音色の相性らを総合的に考えこのような結果になりました。

真鍮ネジに金メッキと言いましてもただ普通にメッキしては音になりません。

真鍮に金メッキをしてしまうと、音が筋肉質と言うか鋭利と言うか、ちょっと心が休まらないサウンドになってしまうからです。

その様にはならないように、あくまで中庸なバランスを貫き、そこに濃厚で甘味、ボディ感を持った金メッキの魅力を再現しようとチャレンジしたのが今回の「コンセントボード固定用ネジ」なのです。

そして今ここでこの様に紹介してるという事は、イメージ通りの音が出たという事です。

そのサウンドは、

今までも、これからも推奨していくスタンダードネジを大きく魅力で上回っています。



「推奨ネジはあくまで音が出る事を確認してください」と言わんばかりのオーディオ的魅力、音楽的魅力を持つネジです。

もっと言うなら、コンセントボード、コンセント、コンセントプレートをこだわりながら、ここに拘らないのは非常に滑稽と言いたくなってしまうほどです。

さて、このねじの魅力は何かというと、「音の暗部への引き込みの深さ」「彩度豊かに描かれる音楽の表現力」「音場・音像、空間を埋め尽くす密な密な高い情報密度」です。

最初の言葉「音の暗部への引き込みの深さ」ですが、

推奨スタンダードネジも音楽の陰影表現に秀でたネジだったと思います。

ただこのねじと比較するのなら、単に全体のトーンが暗いだけで、絶対的な暗部の引き込みは浅かったという事に気づいてしまうのです。

完成したネジは暗部への引き込みが実に深く、闇をベースに音楽が描かれています。

「彩度豊かに描かれる音楽の表現力」

推奨ネジはコントラストの浅いモノトーン的音色とするのなら、このねじが描く音楽はライカ的濃厚で暖かな音色です。

「音場・音像、空間を埋め尽くす密な密な高い情報密度」

とにかく音場に隙間がない、密な密な高い情報密度です。

特に音場の土台、下側の密度の充実は素晴らしく、トールボーイスピーカーがバランスの取れた大型フロアタイプのスピーカーになったような充実感を与えてくれます。

この音を前にすると、「なんで今まで作らなかったんだろう」と思ってしまいます。

ただ、今までの自分ではこのようなコントロールされたネジを作れませんでした。

同じメッキプログラムでも、その複合する何種類ものメッキの厚さの精度、電解液の状態に対する神経質すぎるリクエスト・・・

今だからできたネジだと言えると思います。

・コンセントボード固定用ネジ
HP-BD/PS・SCREW4 13,000円 (皿ネジM4×40mm 2本1SET)
※7月1日〜7月7日までの1週間限定販売(販売、ご予約終了となりました。有難うございます。)

また同時に、コンセントをコンセントボードに固定するネジも発表させていただきます。

・コンセント固定用ネジ
HP-BD/PS・SCREW3 8,000円(バインドネジM3×L5mm 4本1SET)
※こちらはレギュラー商品で、期間限定ではありません。