<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NEW HP-PSC登場 〜アップデートしないは大きな罪〜 | main | XP-PS Flare Limited、XP-PS Flare≒Limited、XP-PS SEバージョンアップのご案内 >>
XP-SBD Flareこっそり登場〜そしてXP-SBD生産完了〜

駄目だこりゃ、差がある過ぎる。ラインナップにとどめておくわけにはいかないな。

何かと言いますと、ここで発表する事のないままいつの間にか発売になっていたサウンドボードXP-SBD Flare登場に伴うXP-SBDのディスコンです。

XP-SBDに関しましてはこちらをどうぞ

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=70

そしてXP-SBD Flareとは?

昨年末登場しました、カーボンファイバーコンポジットの能力を出し切る最適解加工

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=79

をXP-SBDに施し生まれた製品なのです。


その音を聴いた瞬間、「XP-SBDって何だったの?」と

XP-SBD Flareを聴いた後ではXP-SBDが

刺々しく硬質に感じる。

薄く散漫に聴こえる。

低域が出てないただただ浮遊的な音に感じてしまう。

「これがないとオーディオ・ビジュアルが始まらない」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=865

とまで信頼を置いていたXP-SBDが、XP-SBD Flareの前では霞んでしまいます。

XP-SBDでは出し切れなかった音楽の旨味をXP-SBD Flareは易々と出してくれるのです。

生のままの刺し身と冷凍⇒解凍した水っぽい刺し身

と言う表現が浮かびました。

間違いない表現でしょう。

しかし同時にXP-SBDが甘さだけに特化した上白糖としたなら、XP-SBD Flareは甘さの中にいろんな旨味を持つ黒糖と言う表現を用いたくなります。

音楽として独り立ちできないXP-SBDに対しXP-SBD Flareは「これが音楽だ!」と膝を叩きたくなるのです。

ここで勘違いして欲しくないのはXP-SBDに弱点があるのではなく(XP-SBDアリの音を聴いた後ではない音はとてもじゃありませんが聴けません)、XP-SBD Flareがそれだけ凄いという事です。

XP-SBDの名誉のために。

しかし差がありすぎる。

当初は「インフレ」と言う批判を恐れ

XP-SBD 50,000円

XP-SBD Flare 78,000円

と併売しておりましたが、このあまりにも大きな差の前では併売の意味がありません。

XP-SBD生産完了、XP-SBD Flareの単独販売と言う案内のもとに、このブログでXP-SBD Flareを初めて紹介させていただきます。

XP-SBD Flare

正直、これがないとオーディオ・ビジュアルは始まりません。



・カーボンファイバーコンポジットサウンドボード
NEW XP-SBD Flare 78,000(税込) 236×236×2mm

※XP-SBD(旧XP-SBDは含まない)からのバージョンアップ料金は33,000円となります。