<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
無事四児の父になりました
2月7日午前7時11分

奈良岡秀樹、無事四児の父になりました。

3196グラムの男の子で名前は「澪(みお)」です。

女性的というか中性的というか、

生まれる前に男の子か女の子かあえて聞かないのは我が家の流儀。

今回は男の子だろうと女の子だろうと「澪」という名前で決めていました。

一番上から玲(れい)・麗(うらら)・嶺(りょう)・そして澪(みお)

どの字も「れい」と読めるのは、「できる事ならあなたたちの名前は同じにしたかった。」という親心です。

その様なわけで2月7日は私にとって最も幸福な日になるはずだったのですが・・・

しかし物凄い辛い日でもありました。


2月6日午前

2月2日に耳鼻科からもらった抗生剤があまり効かず、逆に「ちょっと悪くなってるかな?」と言う症状があったので、熱は36.8度にもかかわらず、今流行りのたいして症状が悪化しないインフルエンザB型を心配し病院でインフルエンザ検査を受けました。

そしたら

「いや〜出ちゃいましたね〜B型」と

私的には地獄に突き落とされた気持ちです。

2月5日が妻の出産予定日だった為、1月19日近辺からずっと自宅でスタンバイ状態で(当然お酒は一滴も飲めません)、人には殆ど会わない状態。

1月末からは本当に人とは接しないでいました。

それプラス皆さまお分かりのとおり根っからの超潔癖。

何故に自分がインフルエンザにならなければいけないのだと。

今考えると、2月2日に行った耳鼻科でもらったとしか考えられません。

もうこれは何かの間違いだと叫びたかったのですが、現実は受け入れるしかなくすぐに妻にインフルエンザ報告の電話

そしたら妻からは

「出産の兆候が来てしまった。」と

そして夜から陣痛が始まり・・・・

私は体中にアルコールスプレーを振りまき、手は消毒ジェルで完全消毒、口は普通のマスクではなくHEPAフィルター搭載のマスクを装着し、更には妻にもそのマスクを装着させ午後11時妻を車に乗せ助産院へ

その時私は助産師の先生から

「赤ちゃんが生まれある程度落ち着いたら奥さんと赤やんを迎えに来てください。ただ、出産直後の奥さんと赤ちゃんにインフルエンザをうつさないため、出来る事ならご主人だけ家族から離れていただくことは出来ませんか。」と告げられるわけです。

私は助産院を後にし、我が家の子供三人には「何かあったらすぐにパパが飛んでいくからすぐに電話するように。パパはこれから職場で寝泊まりするから。ご飯の時はマスクしてパパ行くから。」と職場で待機する事に。

そして2月6日は過ぎ、2月7日早朝妻から

「無事、澪ちゃんは生まれました。」

との報告を受けたわけです。

凄くうれしい、そしてその数時間後に助産院に迎えに行きその姿を見て更に嬉しい。

しかしインフルエンザで澪を抱けない。

2月7日お昼頃、妻と澪を自宅まで送った自分は、急遽千葉から来ていただいた妻のお母さんに後の事をお願いし、職場に寝泊まりし一人インフルエンザ治療にあたるわけでした。

※ただ妻から「生まれた直後の軽い澪ちゃんを抱けるのは今しかないから」と2月8日完全消毒マスク状態で澪を生まれて1日後抱くことは出来ました。

そして解熱(36.8度しかなかったのですが 、イナビルを飲んだら急に38度ほどまで上がりました)した2月7日の夜から3日後、今日ようやく私は自宅にカムバックし、今この様にブログを書いています。

今回のあまりにも滑稽な自分の姿を報告することは非常に恥ずかしかったのですが、これもまた人生です。

4人子供がいれば、4人とも生まれた状況は違います。

その時その時が良い思い出と自分に言い聞かせるしかありませんし、恐らく何年後かには良い思い出になってるのかな?

とにもかくにも今日から我が家の寝室は6人。

6畳に6人

この6人がしっかり生きて行けるように今まで以上に仕事に励まなければいけません。

この腕にかけて!どの店、どのメーカーよりも良い仕事をします。

改めまして座間DOLPHINのご指名よろしくお願いします。

※これからの座間DOLPHINですが
2月14日までは自宅でPCを用いたディスクワークのみになります(基本メールのやり取り、ご注文の受付となります)。
2月15日から少しずつ職場に復帰し、ハンダごてや工具を持った仕事を行っていく予定です。
やめられない止まらない〜XP-USBST〜
「アクセサリーよりハードの方にといっておきながら、
舌の根も乾かぬ内ですが、USBスタビライザーを
あとふたつください。
今日、受け取りましたがとても感動のある製品でした。」(T様)

「XP-USBST/A 届きました。
早速、N1Aの空き端子に挿してみました。
いつもながら、素晴らしいですね。
更に歪みが減り、
でも逆に、音の温度感は高まり、ライブ感も感じます。
空き3カ所の1個のUSB端子に挿しただけ!
ビックリです。
それだけ、端子周りからノイズ成分になる振動、電界などが、
飛び散っているということでしょうか?
まだ、在庫があれば、もう一つ導入したく。
Raspberry Pi にVolumioというネットワークプレイヤーソフトを入れて、
ラジオ 湘南ビーチFMを流していますので、そこにも挿しておきます。」(F様)

上記はお客様から頂いたXP-USBST/Aのご感想+追加ご注文のメールです。

正しく「やめられない止まらないかっぱえびせん」状態です。

最近のオーディオ機器はUSB B入力もあります。

USBオーディオをやられない方はUSB B入力にXP-USBST/Bを差し込むことをお薦めします。

とにかくこの音を聴かれてしまうと、止まらなくなると思います。




XP-USBST価格変更

「CROSS POINT USBスタビライザーXP-USBST量産モデルようやく完成」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=939

多大なる時間・費用を費やし初回量産ロットが出来上がったばかりのXP-USBSTですが、

誠に申し訳ありませんが価格を28,000円⇒33,000円と変更させていただきます。

勢いで量産を決定してしまいましたが

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=924

今回クオリティコントロールに非常に苦労しました。

ケーブルのような端子だけでなく、ワイヤーにも依存する製品なら誤魔化しがまだ効くのでしょうが、これ一個だけで音を支配し正しい方向に導くには、とにかくクオリティーコントロールを厳しくしないといけません。

金メッキは他の製品もあるのですが、母材との兼ね合いもあり、このUSB端子のクオリティコントロールは非常に難しいのです。

それプラス当初の予定になかった(門外不出の)ENLLの採用に(使うハンダの量は少ないですが、ENLL処理を行いこの価格というのは本来あり得ないのです)、(クオリティコントロールの為)新たに加わった+αの加工時間。

限定販売でなく、今後も製作し続けるという事を考えた時に、価格を変更するしかないという結論に達しました。

1月31日までのご注文分の価格を28,000円とし、2月1日からのご注文分は

XP-USBST/A 33,000円 (USB A用)

XP-USBST/B 33,000円 (USB B用)

とし、正式に発売させていただきます。

ご理解よろしくお願いします。

XP-USBST/A お客様からのご感想

XP-USBST/Aのご感想をお客様からいただきましたので紹介させていただきます。

「奈良岡様

 XP-USBST/A無事に受け取りました。

 少しだけ試聴いたしましたが、いい感じの効果があったと思います。
 いろいろと変更したこともあり、音の密度感や情報量はあるものの少し落ち着きがない鳴り方、若干潤いの足りないような鳴り方が装着前の状態でした。

 XP-USBST/Aを付けたところ、音のひとつひとつに低音成分というか、しっかりとした安定感が出て、低域やローミッドも充実したようになりました。また中域から高域にかけても潤いがあり煩さがないため、安心して聴けるようになっています。

 予想外だったのが音場の拡がりで、恐らくいままで何らかの理由で不足気味だったローミッドが充実したことで、今までが何だったのかと呆れるほど伸びやかに音場が拡がることとなりました。

 まだ新品ということで多少の慣らしは必要でしょうし、リッピング時にも効果を現すでしょうから再リッピングでまだ伸び代はあるはずですが、とりあえずは確実に効果はあったというところです。

 しばらくは慣らしをしながら、経過を見てみたいと思います。

 ありがとうございました。」


というものです。

ご感想に記された表現は、私がこの製品に求めたものであり、感じ取ったものと同じものです。

「松下のUSBパワーコンディショナーとXP-USBSTは真逆」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=940

松下のUSBパワーコンディショナーに対し感じた事を強くぶつけた以上、私も自身の製品に厳しく接しなければいけません。

信じる音を貫き通し、XP-USBST/Aを製作し、お客様に発送しました。

発送された商品がお客様に届き、そして頂いたご感想にホッと胸をなでおろしたところです。

XP-USBSTの音はどの様な音か?

だいたいのイメージはつかめたのではないでしょうか。





 

松下のUSBパワーコンディショナーとXP-USBSTは真逆

「CROSS POINT USBスタビライザーXP-USBST量産モデルようやく完成」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=939

からの続きです。

「そんなに良かったかな〜」と思い探し続けていた松下DMR-UBZ1に付属のUSBコンディショナーが見つかりました。

お守り袋のようなものに入って鉛筆やボールペンを入れている瓶の中に入っていました。

「お〜お〜、そうじゃったそうじゃった。」(誰の真似かは考えてください)と早速試聴、視聴

率直な感想を言いますと、やはり初めて視聴した時と同じで私の感性だと良く感じません。

肯定的にとらえると、音も映像も粗さがとれ丁寧に表現されるようになるのですが、失うものがあまりにも多すぎます。

音では音場も音像も引き伸ばされたようになり、とにもかくにも薄く、また低域が非常に軽く浮雲の様に高域よりに。

映像はSN感は増すものの黒が少し浮き気味(人によってはこれを暗部階調が増したというのかな?)で彩度を押さえた薄味映像。

これを良しとする評論家の方々、ユーザーの方々、すみません。

私には良さが分かりませんでした。

松下のUSBパワーコンディショナーを用いた音・映像を好まれる方に対して、XP-USBSTはパフォーマンスでご期待に応えられないかもしれません。

聴感上のSNが増し歪が減るという共通部分以外は、音の傾向、映像の傾向は180度反対だと思います。

ちなみに我が家の子供たちにブラインドテストをさせると3回やって3回とも迷わずXP-USBST/Aの方が良いそうです。

とりあえず私の独りよがりの製品ではないようです。

CROSS POINT USBスタビライザーXP-USBST量産モデルようやく完成

 

USBパワーコンディショナー

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=918

で「今松下のUSBパワーコンディショナー『SH-UPX01』が熱いようです」と紹介しました。

「そんなに良かったのかな〜」とDMR-UBZ1に付属のUSBコンディショナーを再度引っ張り出し試聴しようと思ったらなかったので、代わりにCROSS POINTのNEW XP-DIC/USB ENを空きUSB端子に差し込んだら物凄く、結果CROSS POINT社のXP-USBST/A、XP-USBST/Bを登場させることになりました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=920

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=924

しかし、メッキがこちらが指定したメッキプログラムの指定値範囲に入っていなく、音も私の望むものに達していなかったため発売を一旦保留していました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=927

その後もメッキはことごとく失敗し、メッキ屋さんには

「あの〜、これで駄目ならもうやめます。」とプレッシャーを与えた4回目、ようやく納得がいくメッキが完成しました。

本日早速8個製作し、音質チェックの結果もばっちり。

やはり空きUSB端子があるのなら、XP-USBSTのないオーディオ・ホームシアターは考えられません。

大変お待たせしました。

さて、そんな中消えていた松下DMR-UBZ1に付属のUSBコンディショナーを発見・・・

Comet DAC/HLP + HLP-B・DRIVE

Comet DAC/HLP

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=933

HLP-B・DRIVE

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=934

の登場は

Comet DAC/HLP + HLP-B・DRIVEという製品を登場させます。

Comet DAC/HLP と HLP-B・DRIVEの電源部が共通である以上、Comet DAC/HLPとHLP-B・DRIVEを同時に使うことがないのなら、電源部を2台所有する必要がないからです。

ディスクをリッピングするとき、(Comet DAC/HLPを用いての)音楽再生を行う時で電源部を使い分ければいいのです。

その様なわけで

Comet DAC/HLP本体+ HLP-B・DRIVE本体+共通電源 をSET製品として提案させていただきます。

Comet DAC/HLP+HLP-B・DRIVE 1,580,000円(税込)

※Comet DAC/HLP+HLP-B・DRIVE詳細
★Comet DAC/HLP本体850,500円
・本体240,000円
・アンダーボード280,000円
・インシュレーター108,000円
・ネジ類20,000円
・本体モデファイ40,000円
・ENLL処理162,500円
★HLP-B・DRIVE766,000円
合計1,616,500円⇒1,580,000円(SET価格)

HLP-B・DRIVE登場 〜Comet DAC/HLPの技術の波及〜

「Comet DAC/HLP正式登場 〜HLPシリーズの進化〜」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=933

の技術は座間DOLPHINが提唱するリッピングマシンHP-B・DRIVE

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=66

にも必然的に波及します。

Comet DAC/HPとHP-B・DRIVEの電源部は共通だからです。

これまでもHP-B・DRIVEの内部ターミネートにENL処理(現在はENLL処理)を用いたHLP-B・DRIVE特注扱いで製作してまいりましたが、

今回Comet DAC/HLPの登場でHLP用電源部が完成し、ここにHP-B・DRIVEに対し完全に差別化のはかられたComet DAC/HLPを発表したいと思います。

HLP-B・DRIVE 766,000円(税込)

※HLP-B・DRIVE詳細
<HLP-B・DRIVE>(ドライブBDR-S11J-X)
・HP-B・DRIVE210,000円
・ENLL処理325,000円
・電源部強化パネル128,000円
・XP-FS Flare(FUSE)103,000円
合計766,000円
 

Comet DAC/HLP正式登場 〜HLPシリーズの進化〜


昨年末このようなパーツが入ってきました。



このパーツ群は座間DOLPHINの提案するDAC Comet DAC/HP

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=60

のHLP仕様の為に開発されたカーボンファイバーコンポジット製オリジナルアンダーボード、インシュレーター(脚)、強化電源パネルになります。

強化電源パネルを除けば、アンダーボードやインシュレーターの見た目はComet DAC/HPと一切変わりませんが、そのグレードはまるっきりの別物です。

当社のリファレンスプリアンプKX-R/HLP用に開発したアンダーボード

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=670

と同じグレードのカーボンファイバーコンポジットを用い、

更にはインシュレーターと強化電源パネルには昨年末CROSS POINTのカーボンファイバーコンポジット製品を飛躍的に進化させた

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=79

の技術が用いられています。


これまでもComet DAC/HPの内部ターミネート処理にENL処理(現在はENLL処理)を用いた、Comet DAC/HLPを特注扱いで製作してまいりました。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=730

そのパフォーマンスは

ESOTERIC K-01⇒AYRE KX-R⇒AYRE MX-Rに用いただけで、ESOTERIC K-01を手玉に取るだけでは足らず、AYREのKX-Rすらを凌駕し、

ESOTERIC K-01⇒Comet DAC/HLP⇒AYRE MX-R(最終的にはESOTERIC K-01がMARK LEVINSON NO.31Lへ変更)と300万円ほどもするプリアンプAYRE KX-Rを省略してしまうほどの能力を持っていることをブログでも報告していました。


今回のComet DAC HLP化カーボンファイバーコンポジットパーツは、Comet DAC/HPとは中味だけでなく、筐体(筐体を強化するカーボンファイバーコンポジット)までも完全に変えてしまう為のものなのです。

そしてその目的は、ハイエンドオーディオメーカーのフラッグシップDAC+フラッグシッププリアンプを凌駕しようというものです。

その目的は達成されました。

・音の帯域バランスでは今まで見えなかったピラミッドの裾野がはっきりと表れ、更なら盤石なピラミッドバランス、好ましい帯域バランスに変わりました。

・今まで以上に音場・音像ともにボリューム感が増し、音楽が等身大に迫るものになりました。

・ボリュームアップした音場・音像を更に更に上回る情報密度の向上は、音楽を更に濃密に艶めかしく、訴え掛けてくれます。

ここに特注裏メニューではなく正規ラインナップとしてComet DAC/HLPを発表したいと思います。

Comet DAC/HLP 1,270,000円(税込)

※Comet DAC/HPとComet DAC/HLPの金額詳細は下記になります。

<Comet/HP>
★本体430,000円
・本体240,000円
・アンダーボード80,000円
・インシュレーター50,000円
・ネジ類20,000円
・本体モデファイ40,000円
★電源部140,000円
合計570,000円⇒540,000円(SET価格)

<Comet/HLP>
★本体850,500円
・本体240,000円
・アンダーボード280,000円
・インシュレーター108,000円
・ネジ類20,000円
・本体モデファイ40,000円
・ENLL処理162,500円
★電源部533,500円
・電源部140,000円
・電源部強化パネル128,000円
・XP-FS Flare(FUSE)103,000円
・ENLL処理162,500円
合計1,384,000円⇒1,350,000円(SET価格)

年賀状も進化しています

毎年、当店でご購入いただいたお客様(オークションはいれておりません)には感謝を込めて年賀状を送らせていただいております。

2018年の年賀状、皆さま届いていますでしょうか。

今年も自信作です。

オーディオ製品と同じように年賀状も進化するように毎年頑張っています。

「座間DOLPHINのくだらない年賀状が欲しいから製品を購入してるんだ!」

というお客様が出るように頑張ります。

ただ、しっかりチェックしたつもりですが2017年ご縁があったにもかかわらず年賀状が届いていないお客様がいらっしゃいましたら

「この落とし前どうつけてくれるんだ!」

とご連絡ください。