<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リハビリとしてベースケーブル

実は先週火曜夕方から週末までずっと風邪で寝込んでいました。

土曜の夕方にはある程度回復していたのですが、昨日日曜日は座間市中学校吹奏楽合同定期演奏会があり、長男玲もチューバ奏者として参加していましたので家族で観に行ってしました。

さすがに火曜〜日曜まで何も仕事をしていないと「まるっきり仕事したくない病」になってしまうものです。

いや、健康で休んでいたなら気力体力も充実するのですが、風邪での休みは気力も体力もまるっきりなくなってしまい・・・。

まずは今日から仕事始めです。

今日の仕事はリハビリを兼ね私事でした。

その私事とは、長男の中学校の吹奏楽部の為にエレキベース用のケーブルを作る事です。

以前玲に「もしよかったらお父さん、部長(普段はコントラバス奏者)の為にエレキベース用ケーブル作ってやろうか?お父さんが作れば間違いなく世界一のケーブルだぞ。」と言うと翌日には「(吹奏楽部の顧問の)先生が凄く喜んでいたよ。」と喜ぶ玲

「あれから数か月たっちゃったな〜」と思いながら玲の演奏を聴き、妻に「ホント〜中は上手になったね。例のケーブルもうそろそろ作ってあげないとな。」と言うと

「ホントそうよ。あっという間に時間は過ぎるからね。急がないと3年生卒業しちゃうわよ。」

これはイカンイカンと反省し、リハビリを兼ねてのケーブル製作となったわけです。

写真のケーブルがそのケーブルです。

メッシュをかけようかと思いましたが、ミュージシャンの多くは普段ケーブルを引きずり回し演奏し、ケーブルが汚れる為メッシュは嫌がると聞いていましたので付けませんでした。

端子ですが当然CROSS POIN製金メッキを用い(L字仕様フォン端子は構造上G&Hオリジナル金メッキのままです)、ターミネートは座間DOLPHIN最高峰ENLL処理です。

一切の手抜きなしです。

その音ですが、おそらく世界最高峰のケーブルに仕上がったと思います。

ボリューム感たっぷりに「ドスンッ」と沈み込み、コールタールを思わせるドロッとした粘度を感じさせる汚い音から、濃厚で色彩豊か、まるでライカの色彩を感じさせる歴史の重みと美しさを兼ね備えた音まで

その様な音です。

多くのミュージシャンと面識もあるKさんに話すと

「もったいないな〜、そんないいケーブルを中学生が使うなんて。」

と言われましたが、

「世界最高峰のベース用ケーブルを座間の中学生が使っているなんて痛快でいいじゃないですか。」

と返す私。

タダそうなると、アンプスピーカーもいじりたくなります。

ACプラグぐらい交換しちゃおうかな。

ケーブルインシュレーター

中々ブームが起こらないオーディオ業界、オーディオアクセサリー業界でコンスタントに売れてるものがあるそうです。

それは何かというならケーブルインシュレーターだそうです。

私に言わせると

「プッ、何かのおまじないか?」

オーディを知らない人間が見ると

「オーディオ特有の儀式?」

断言して良いです。

ケーブルインシュレーターを使い橋渡しの様にケーブルを浮かせてる連中の音は絶対に良くないと。

もっと言うならまともな精神構造を持った人間はケーブルインシュレーターなんて使いません。

なぜそこまで言い切るかというなら、まともな人間は実際にそれを試さなくても人生経験からある一定の答えを導きだせるからです。

ケーブルインシュレーターで浮かせてる景色を見て普通の人はこう思うはずです。

「なんて不安定なんだろう」と

そうです、ケーブルインシュレーターを使うとその様な音になるのです(それプラス素材の音がのります)。

もしあなたが布団に寝るときに敷布団ではなく、ケーブルインシュレーターの様に頭・腰・脚の三点で浮かされ眠ったらどうなりますか?

疲れてたまったものではありません。

どこかのオーディオ評論家がケーブルインシュレーターを使う理由を「ケーブル君の気持ちになってみて」と言っていましたが、ケーブルの気持ちになったら使わない方がいいに決まっているのです。

それが分からないという事は、人間が本能的に持っている生命維持装置を持っていないという事です。

ケーブルなんてブラ〜ンと床の上を這わせておいていいんです。

床がやわなところに浮かせたって床自体が盛大に揺れるのだから意味はありません。

もっと不安定になるだけです。

しっかりした床で浮かせて・・・

どうするんです?床がしっかりしたところでわざわざ不安定にして。

最後に

私が唯一認める私が作ったケーブルインシュレーターXP-CIN(http://log.zama-dolphin.jp/?eid=63)の使い方は人間が眠る中で枕のような役割です(限定販売で既に終わっていますが)。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=788
 

XP-PSC EN/AU登場

2019年の初仕事は3本限定の福袋的電源ケーブルHP-PSC EN/AUの製作でした。

「今年の初ハンダごて」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1022

その中でHP-PSC EN/AUの相対的パフォーマンスを以下のように述べています。

「そのパフォーマンスは当初の予定通り2017年仕様XP-PSC Flare(http://log.zama-dolphin.jp/?eid=75)を凌駕し、2018年仕様XP-PSC Flare(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=965)に肉薄し、ある部分では優っていると思います(ちなみに優っている部分は音のつながりの良さと優しさです)。」

CROSS POINTの実質的トップランナー電源ケーブルXP-PSC Flareの地位が1年持たない。

それほどまでに2018年の座間DOLPHIN、CROSS POINTは激動でした。

そのような激動の2018年の結晶として誕生したHP-PSC EN/AUなのですが、今度は「新しい時代の始まり」とまで言うXP-PSC EN/STが誕生してしまう。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1045

この製品のパフォーマンスは衝撃的でしたが、実は最終仕様は更に良く、エントリーモデルであるにもかかわらず、2018年仕様のXP-PSC Flareをキャッチしてしまったのです(当然にすべてではないのですが)。

残酷な言い方をするなら、1年前のトップランナーが今度は最後方になってしまう。

これが新しい時代の始まりなのです。

1年ぶりに座間DOLPHINを訪れたお客様がポツンと「えっ?今どこにいるの?」と孤独感に陥ってしまうほどの衝撃が2019年の座間DOLPHINにはあるのです。

そうなると興味が出てくるのは、

「HP-PSC EN/AUとXP-PSC EN/STのどっちが強いの?」

う〜ん

音色の濃さや中域の押し出しはHP-PSC EN/AUです。

しかし、根を張ったような最低域の伸び、ボリューム感たっぷりの中低域、決して過剰になる事のないバランスの取れた中域〜高域・・・

一つのパッケージングとして捉えるならXP-PSC EN/STの完成度の高さに惚れ惚れと聴き入ってしまうのです。

XP-PSC EN/STの前では、HP-PSC EN/AUの突出した長所は単ななるエゴに感じてしまい、聴き疲れてしまうのです。

これが「HP-PSC EN/AU vs XP-PSC EN/ST」の私の答えです。

そうなるとそれに合わせ、HP-PSC EN/AUを進化させなければいけません。

そしてそれは実に大変な作業・・・ではありませんでした。

XP-PSC EN/STで得た技術をフィードバックすればいいだけだからです。

製品ごとにそれぞれチューニングを変えるなんて言うのは技術でもなんでもありません。

それは単なる誤魔化しです。

そしてその誤魔化しは誤魔化してる本人は気づかなくても、聴く人が聴けばわかるのです。

XP-PSC EN/STと言う盤石な基礎ができたなら、今度はそれをベースにACプラグとIECコネクターを奢ってあげる。

それだけです。

さてHP-PSC EN/AUのアップデート内容ですが、

.院璽屮襪離拭璽潺諭璽判萢であるEN処理を最新仕様に変更

6か所のネジ変更

プラグとコネクターカバーの変更

です。

以上の変更により出てきた音ですが、

正しくXP-PSC EN/STの正常進化のサウンドです。

XP-PSC EN/ST単体を聴くなら「もうこれ以上の低域再現力はないだろう?」と思うのですが、実はまだまだ出ていなかったという事を思い知らされます。

そして何よりも音楽の色濃さが違います。

漂う空気、描かれる音像の色濃さが全然違うのです。

確かに「音色の濃さや中域の押し出しはHP-PSC EN/AUです。」と書きましたが、このすべて埋め尽くす色濃さを体感してしまうのなら、「その濃さって単なる点でしょ?」とつぶやきたくなるのです。

最低域〜最高域まで(過剰になる事なくバランスの取れた状態で)ボリューム感たっぷりに描かれ、それが隅々まで色濃く描かれた音を聴いてしまうと・・・

「これがオーディオ的、音楽的快感であり、癒しなんだろうな。」

と思ってしまう自分がいます。

私がこれほどまでに神経質にオーディオ再生に拘るのは、職業病でもある「重箱の隅を突っつく」ような聴き方をしても何も引っかからずただただ音楽にのめり込めることを夢見てです。

その意味でこの電源ケーブルはその夢をかなえる電源ケーブルとも言えると思います。

そしてこのような製品が完成した今、この製品を非売品とするのは非常に大きな罪と思うわけです。

HP-PSC EN/AU ⇒ XP-PSC EN/AU

大きく成長し、CROSS POINTデビューとさせていただきます。


電源ケーブル 
XP-PSC EN/AU 378,000円 (1.8m ±82,000円/m)


(最後に、座間ドルフィンの桜)
 

XP-PS HYAKU/SHIKI LASTもう少しお待ちください

「XP-PS HYAKU/SHIKI LAST」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1035

ご注文いただいたお客様方、

本当は3月半ば過ぎには完成していなければいけないのですが、あともう少し時間がかかりそうです。

大変に申し訳ありません。

3月半ばにはメッキからあがってきたのですが、メッキ屋さんのミスで2種類のパーツ(±ケーブル固定ネジとそのねじを受けるナット)のメッキプログラムが逆になっていました。

当社の金メッキはただの金メッキではありません。

コンセントを構成する素材の音色を統一するために、素材に合わせ事細かくメッキプログラムを指示してるのです。

メッキプログラムが逆さまになったら、XP-PS HYAKU/SHIKIの音が出ないのです。

その様なわけでクレームを入れ再度メッキをお願いしたのですが、今度はメッキ剥離の際に剥離しすぎネジとナットの間に隙間ができてしまう事態に。

使えないことは無いのですが、万全を期してこれも却下です。

仕方なくネジとナットは新品を供給し、再度メッキに出し「今度こそは!」と

そうしたら今度は担当者が

「すみません。急性胃腸炎になってしまいました。」と(2連発のミスに私が怒りすぎた為?)

ただ、担当者も先週末現場復帰し、今週メッキパーツが納品されそうです。

なんとか来週初めぐらいには完成させ製品をお納めできればと思っております。

とにもかくにも製品の完成が遅れています事、誠に、誠に申し訳ありません。

最後に、今回コンセントは17個ご注文お受けしています。

XP-PSC EN/ST〜新しい時代の始まり〜

 

 

2019年仕様の電源ケーブル

エントリーモデルXP-PSC EN/ST 258,000円(1.8m)

が完成し、そのあまりに手ごたえに感動しています。

座間DOLPHINが主宰するCROSS POINTの伝説的電源ケーブルXP-PSC ENが諸事情によりディスコンとなった

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=662

今から3年9か月前の話です。

この穴埋めのために製作されたXP-PSC EN/STは今考えると妥協の産物だったのかもしれません。

「XP-PSC EN/ST変更 完成 そして」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=826

XP-PSC ENの最終仕様「XP-PSC EN 秋の収穫」(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=583)においては「価格無制限で他メーカーのリファレンス電源ケーブル達!どこからでもかかってらっしゃい!!」と言う自信がありました。

しかしXP-PSC EN/STに関しては「XP-PSC ENがない今となっては間違いなくこのクラスのベストコストパフォーマンスケーブルと言えると思います。」程度の表現にとどまった。

自信のなさ?は文章からもユーザーにも伝わり、XP-PSC EN/STは指名もなくほとんど売れませんでした。

自身は無いと言いましても、「同価格帯、いや1ランク上、2ランク程度上の他メーカー製品には負けない」という自信はありました。

ただ当社のユーザーが当社に求めるのは他メーカーに対してどうのこうのではなく、私の「やり切った」と言う達成感なのだと思います。

XP-PSC EN/STには私の「やり切った感」が感じられなかった。

それにつきます。

その意味では!

2019年仕様XP-PSC EN/STは「やり切った」と言う達成感と同時に「本当に凄いものを作ったぞ」と言う感動を自分自身強く感じています。

「とにかく良いものを作りたい」

この一心でXP-PSC EN/STの製作にとりかかりました。

「予算の枠は設けても、音質的妥協は絶対にしない。」

その目標を達成できたのはやはりXP-PS HYAKU/SHIKI(http://log.zama-dolphin.jp/?eid=85)で得た技術です。

この技術をベースに的確なコストダウンとコストアップを行う事が出来ました。

ACプラグ・IECコネクターはマリンコベースですが、適材適所のパーツ改良によりACプラグ・IECコネクター単体としてもXP-PSC EN時代のパフォーマンスを大きく超えています。

ターミネート処理のEN処理も、ウィスキーの樽一つ一つ一つを徹底的にテイスティングする様に音質的に相応しいEN処理用を見つけ、XP-PSC EN時代を大きく超えています。

最適解一つ一つを積み重ねる様にして作り上げられたXP-PSC EN/STがXP-PSC ENを大きく超えるのは必然でした。

何一つ劣るところはありません。

こんなにも優しく、こんなにも雄大で、こんなにも繊細で、こんなにも色濃く、こんなにも艶めかしく・・・・

こんなにも、こんなにも、こんなにも、

この様な音はXP-PSC ENからは絶対に出ない。

当時の自分にこの様な音を出せるという未来図はなかったし、今回もここまでの音が出せるとは・・・

いや、「意地でも出してやる。」と当初は導入予定のなかったパーツを実は奢り確信的にこの音を作り上げました。

まぐれでもなんでもなく、目指した音を確信的に作り上げたところにXP-PSC EN/STの凄さがあると思います。

「これが私の音です。」

私奈良岡の名刺代わりになる製品と思っていただいて構いません。

2019年仕様NEW XP-PSC EN/STの完成は、新しい時代の始まりを告げるのだと思います。

電源ケーブル XP-PSC EN/ST 258,000円 (1.8m ±82,000円/m)

XP-PSC EN/ST〜新しい時代の始まり〜
XP-PSC EN/ST〜並びそして軽く抜き去る〜

2019年仕様の電源ケーブル

エントリーモデルXP-PSC EN/ST 258,000円(1.8m)

何に並び、何を軽く抜き去るのか。

近日ご案内。
ホンダを褒めろ!
「ホンダ全然駄目ですね」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1041

ちょっときつめに書きましたが、私はホンダファンです。

それは我が家では私がLEGEND、妻がElysionに乗っていることからもわかると思います。

そんな私が胸を張って言えることはホンダ車のカーオーディオは音が良い!

宇都宮にいた時にホンダのカーオーディオ部門の方と面識がありましたが、皆さんバランスがとれた音を好みとされていました。

分かり易く言うと中庸な音です。

世の中のハイエンドオーディオをやられてる方とは正反対の真っ当な音です。

実際マークレビンソン搭載のレクサスの車を乗られてるお客様が私の車の音を聴き(サウンド調整機能でほんの少し調整していますが)

「レクサスなんかかなわないくらい凄くバランスが取れたい良い音」と大絶賛され、

Elysionの音も私のこの繊細な耳を疲れさせない。

確かにほんの少し調整していますが、既製品の分際で生意気です。

今のLEGENDはKRELLが搭載され悪い予感がしますが(マークレビンソンの前例もありますので)。

少なくとも我が家のLEGENDとElysionは◎です。

トヨタ、レクサス、日産なんて相手になりません。

あの時のメンバーが変わっていなければ今でもホンダ車の音は良いはずです。
ホンダ全然駄目ですね
2019年F1グランプリが昨日から開幕しましたが

ホンダ全然駄目ですね。

レッドブルのフェルスタッペンは昨年ポールとの差は0.674秒差だったものが今年は0.834秒差

F1ファンならわかると思いますが、今年のレッドブルのマシンはエイドリアン・ニューウェイが本気で作ったマシンです。

それで昨年よりもポールとのタイム差が0.16秒広がっているわけです。

これはもう大惨敗です。

逆に昨年までレッドブルにPUを供給していたルノーはメルセデスとのタイム差を2.368秒⇒1.548秒(ヒュルケンベルグはQ3に進めなかったので、Q2比較)

ルノーは昨年よりも0.838秒メルセデスとの差を詰めたとことになります。

つまり単純計算なら、もしレッドブルがルノーPUだったら簡単にポールを取れたという事です。

残念ながらホンダPUは今のところ駄目駄目です。

ホンダファンとしてホンダを応援しますが、私の応援の比重は

レッドブル>>ホンダ

です。

この様な状況が続くなら、アンチホンダになるかもしれません。

とりあえずここでは結論を出さず数戦観てみましょう。
エンジン音だけならHONDAの圧勝

2019年F1

今年は3月15日のオーストラリアGPからはじまります。

今週の金曜〜日曜はおそらく私は「仕事全くしません病」になってしまうかもしれません。

なんたって私が最も応援するレッドブルがHONDAとタッグを組むのですから。

実は2月18日のバルセロナテストからF1モードの自分は完全な夜型になってしまいまして、寝るのが6時、起きるのが昼すぎというのが半月以上続いています(今日もこれから寝ます)。

さてそんな中この様なものを発見

https://www.youtube.com/watch?v=OzAb7FYTanw

はっきり言ってエンジン音だけならHONDAの圧勝です。

今のF1は15000回転までですから、NA時代ほど高回転を多用するわけではありません。

そしてそれを加味して考えるなら、ホンダの太くて甲高い音は

「お〜っ、これは低回転(とはいっても高回転ですが)からトルクが出てるぞ」と感じさせるのです。

今のF1はエンジンにERS(MGU-HとMGU-K)を組み合わせたPU(パワーユニット)ですので、電気的な部分でホンダがどれだけのものを持っているか分かりませんが、少なくともエンジンは大きく進化してるように感じます。

昔のF1のオイル臭さを最も感じさせるHONDAエンジン

応援せずにはいれません。

本日でXP-PS HYAKU/SHIKI LASTがラストです

「XP-PS HYAKU/SHIKI LAST」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1035

いったい何個ご注文があるか心配と言うか、興味深かったですが、私の予想に反して今現在10個を軽く超える(20個には届きませんが)ご注文を頂いております。

「10万円以下で私が本気で作る最後のコンセント」

として昨年作った百式ですが、確かに正規ラインナップにするなら10万円オーバーの製品だと思います。

ただ、10万円オーバーでも価値は大ありのコンセントだと思います。

他メーカーのコンセントは出来る事ならコンセントを通さず直接オーディオ製品に電源を供給した方がいいと思います。

しかし百式は意図して通した方がいいとすら思うからです。

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、他メーカーのコンセントを使っているのなら、何十万円どころか100万円オーバーの電源ケーブルを使っても虚しいだけです(と悩んでるお客様に以前言ったことがありました)。

XP-PS HYAKU/SHIKI、その技術の派生製品

これが私に教えてくれたことは音楽再生とは「音から音楽を紡ぐ」という事です。

XP-PS HYAKU/SHIKI登場前と後の製品群で同じ歌手の歌声を聴くと

「あ〜以前はまだまだ歌い上げていなかったんだな。本当はこの様な歌だったんだな。」と

良くオーディオマニアを「あなた方は音楽ではなく音を聴いている。」と言われる方がいますが、おっしゃる通りです。

ただXP-PS HYAKU/SHIKIは最高の音を最高の音楽として紡いでくれる製品です。

音楽も大事ですが、音も大事です。