<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020年もオーディオを
皆さま

新年あけましておめでとうございます。

既に年賀状届いていますでしょうか?

今年もご期待に応えれていますでしょうか?

はじめて年賀状を受け取られましたお客様

喜んでいただけましたでしょうか?それとも引いてしまいましたでしょうか?

引かれてしまいましたお客様、あきらめてください。

この年賀状作りはオーディオと同じく私のライフワークなのです。

申し訳ありませんが、オーディオともにお付き合いください。

オーディオも年賀状も続けることに意味があるのです。


新年のあいさつと言う事で、今年はオーディオと言う趣味を続ける意味を考えてみました。

人間誰しも考える事、

「人間ってなんで生きてるんだろう。」

間違いなく誰しも考えた事があると思います。

私の場合今まで生きてきた中でその答えに行きついた事はありません。

が、最近ふと思ったことがあります。

「きっと今日より明日は楽しい。」

「それが無理でもきっと未来は良い事があるはず。」

なのではないかと。

特にそれが強いのは20代の頃だと思います。

私の場合「俺はなんでこんなに貧乏に生まれてきたんだろう。」と思いながらバイトに明け暮れた学生時代も、きっと将来は何かあるのではないかと夢見、24時間労働、48時間労働、72時間労働なんて苦境を乗り越えてきました。

あれから20年以上たった今現在も「この製品は間違いなく世界一だ。ただこの製品を理解してくれる人はいったい何人いるんだろう?」と思い苦しみながらも、「本物さえ作り続ければ、きっと将来多くの人がそれに気づいてくれる。」とこんな感じです。

人間夢見るから将来に向かって生きていけるんだろうという結論です。

そしてここからは謝罪です。

たまに聴く人様のオーディオの音。

失礼ながらこう思う事がたまにありました。

「俺ならこんな報われない趣味なんてやめちゃうけどな。」

本当にすみません。

この仕事をする人間は同じ趣味を共有する方に対し思ってはいけない事でした。

本当に深く反省しています。

人間生きる事も、オーディオファンがオーディオを続ける意味も同じです。

「きっと今日より明日は良い音が出るはず。」

「何年後かに自分がイメージする音が出るはず。」

それを夢見、オーディオを皆続けてると思います。

偉そうなこと書きましたが、今考えると、1年前、2年前、3年前・・・・

自分が出していた音は酷い音です。

もっと言うなら、今の私の製品を手にしたお客様は1年前、2年前、3年前・・・の私の音を聴いたら

「奈良岡偉そうなこと言いながら、本当に酷い音出してるな〜。」と思うかもしれません。

人それぞれペースがあって、そのペースの中で前を見て生きている、オーディオを続けている。

それだけです。

一番大切なのはオーディオを続けることなのです。

オーディオさえ続けていればきっと将来・・・

2020年の目標は

「座間DOLPHINの力さえあれば、明日は今日より音(映像)が良い。いつかきっとイメージする音(映像)が出せる。」

その様な夢を与えることができる店とお客様に信じてもらえることです。
2019年の自信の代表作

2019年

今年も残り十数分のところでブログを書いています。

2019年は座間DOLPHINにとって、CROSS POINTにとって物凄い濃い濃い一年でした。

それは今年当店とお付き合いいただいたお客様が一番お分かりだと思います。

「2019年仕様」

この言葉がこれほど重みのある一年は無かったと思います。

オーディオケーブル、インシュレーター、ボード、コンセント、タップ・・・・

全てが輝いた一年でした。

その輝いた製品の中で今年のベストをあげるなら・・・

このブログではあげませんでしたが

Comet DAC/HLP(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=933) 2019年仕様

HLP-UB900(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1023) 2019年仕様

だったと思います。

このどちらもが、2019年を代表するENLLハンダRB15とカーボンファイバーコンポジット技術の複合により生まれた製品です。

複数の2019年の技術が絡み合い昇華した製品です。

最新作ではないが、最新の技術を用いる事で生まれ変わった製品。

オーディオをやっていると常に新しいもの新しいものを追い求める傾向がありますが、本当に大切なのは本物を改良し続けていくことではないかと思いました。

兎に角この2製品、惚れ惚れする音がするのです。

何も前触れがない中で紹介したこの2製品。

ただこれがオーディオの醍醐味だと思います。

手っ取り早く高音質〜年末のオーディオの大掃除〜
座間DOLPHINは本日から休みを頂いております。

ただ、職場に行かないというだけで、自宅のPCはたまに見たり、ブログもアップします。

遠慮なくメール等ください。

さて、昨日が仕事納めと言う事で職場で大掃除をしました。

急遽の仕事もありましたので、大掃除着手が午後6時過ぎ(終わりは11時過ぎ)

全ての部屋を掃除機、乾拭き、スチームモップ・・・

床に肌をこすりつけれるように丁寧に

オーディオは全てラックから取り外し、ラックも動かし丁寧に水拭きをしました。

さてこの掃除ですが音質向上に大きな意味があります。

それは埃は微弱な静電気を持ち、音質悪化の原因になるからです。

埃が集まった綿埃なんて更に静電気が大きくなります。

それを放置しておくとノイジーで散漫で薄味のオーディオ再生になってしまうのです。

水拭きは水道水を使わないでください。

水道水は多くのミネラルを持ちます。

ラックやオーディオ製品に付着するとやはり音質劣化の原因です。

衛生面を含め、純水仕様のウエットティッシュがお薦めです。

オーディオの大掃除と言うと、馬鹿なオーディオ雑誌が提言する端子掃除はやめましょう。

オーディオ製品の端子は多くが金メッキで酸化しません。

にもかかわらず端子をコンパウンドで磨くのを提唱したり(磨くと表面にコンパウンドが残ります)、何を血迷ったかポリマーコーティングを提唱したり。

オーディオ雑誌通りの大掃除を行うと端子部分の接触抵抗が高くなります。

決してオカルトオーディオ雑誌は信じないでください。

強いてお薦めするなら無水エタノールでの綿棒掃除はあっても良いと思います。

ただ厳密に言うなら無水エタノールでも端子表面凹凸にしばらくの間残りますから、数十分は放置したほうがいいでしょう。

年末年始は綺麗な部屋で良い音と良い映像を

皆さん大掃除頑張ってください。
USBスタビライザー、BNCスタビライザー期間限定復活します

USBスタビライザー、BNCスタビライザーを期間限定復活する事にしました。

USBスタビライザーとBNCスタビライザーに関しましてはこちらを確認ください。

http://blog.zama-dolphin.jp/?search=XP-USBST

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1070

こちらの製品が販売終了してる理由ですが、

一番の理由は在庫管理の難しさと、コスト問題(パーツ代+ENLL利用料+作業工賃を考えるとこの価格は出ません)です。

そしてもう一つは、どちらの製品も欲しいというお客さ様には行きわたったという判断からです。

ただ、最近当店のお客様になっていただいた方に言われました。

「その時私は座間DOLPHINの存在を知らなかった。」と

そして

「期間限定で良いからもう一回復活して欲しい。」と

その様な言葉に毎回毎回耳を傾けていては期間限定販売の意味はないのですが、ただ・・・

当社事で恐縮なのですが、実は10月ぐらいから急に新規のお客様が増えているのです。

それも1人や2人ではなく10人以上

10月1日から消費税が10%になる事で当社も厳しい経営になると覚悟していました。

同業者からも「お客様がぱったりと途絶えた」との声を聞きます。

その様な中で当社の様なマイナーな店が2ケ月ちょっとで新規のお客様が10人以上増えるというのは奇跡なのです。

正直、1年でも中々ある事ではありません。

2019年の座間DOLPHINの凄い進化を耳にしたのか、それとも私が戦略的に考えた商品(XP-PS AU、XP-BR AU、XP-IN30・・・等)が噂を呼んだのか、それとも単なる偶然が重なった奇跡なのか自分でもわかりませんが、

その様な背景の中でお客様の声に耳を傾けないのは怠慢ではないかと判断したのです。

本日から1月7日までの期間限定になりますが覆刻販売させていただきます。

・USBスタビライザー
HLP-USBST/A 43,000円(税込)
HLP-USBST/B 43,000円(税込)

・BNCスタビライザー
HLP-BNCST 40,000円(税込)

年賀状が完成しました
座間DOLPHINで製品をご購入いただくお客様は何が目的で購入されるのか?

それは、おそらく・きっと・たぶん・・・

毎年の年賀状が目当てです。

それは間違いありません!

そう言う事にしてください。

今年もプレッシャーに打ち勝ち何とか完成しました。

来年、楽しみにしてください。

座間DOLPHIN 年内の予定
座間DOLPHINの年内の予定ですが、27日までの営業となります。

27日に大掃除、26日が在庫整理となります。

27日は作業を伴わない製品の発送のみとなります。

作業を伴う製品の年内納品に関しましては、25日迄ご注文分となります(注文多数の場合は来年になりますのでご了承ください)。

ご了承ください。

今年も残りわずか、引き続きよろしくお願いします。

XP-PS AU 次回入荷は来年となります。
今年ももう2週間ありません。

やらなければいけない事は沢山あるのに、昨日は私用で都内へ

今日は「仕事するぞ!」と思いながら急に寒気と吐き気。

う〜ん、あれもやらなければいけないし、これもやらなければいけないし・・・

なのですが、休んでしまいました(もともと水曜日は休みなのですが)。

明日は、仕事をしっかりやれたらと。

さてそんな中、年末に向け残念な在庫切れのお知らせです。

壁コンセントのXP-PS AU(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=1108)

の在庫が切れ、次回の入荷は来年と言う事に。

次回入荷予定は1月中旬に30個入荷予定です。

ご迷惑おかけします。

別に森林なんかで音楽聴きたかないし
「別に森林なんかで音楽聴きたかないし」

って書けばどのメーカーのルームチューニング材を指してるか分かると思います。

ただ、人が森林で音楽を聴きたいというのを止めようとも思いません。

ただ、ただ、森林で音楽聴きたいならスピーカー前の床にもってくるルームチューニング材はそれではないと思うんですよ。

植物でも植えた鉢だと思うんです。

年末限定コンセントアース用丸端子

今年も後約半月

今回は年末を飾る王道のマイナーアクセサリーをご案内させていただきます。

それは何かというとコンセントのアース端子用の丸端子です。

この端子はXP-PBとXP-PS AU SEを購入いただいたお客様の為に(タップ内部用)アース端子として特注で製作したものです。

少しばかり多めに作りましたので、CROSS POINT社の壁コンセントをご購入いただいた事のあるお客様に特別販売させていただきます(ご購入いただいたコンセントの個数以上は販売できません)。

更には・・・

門外不出、座間DOLPHINから外には絶対に出る事のない2019年仕様ENLLハンダRB15を10cmつけさせていただきます(このハンダ、グラム1万円で販売してくれと言われても絶対に出さないハンダです。それどころか1万円/cmでも販売しません。)。

このSETを15SET限定で販売させていただきます。

★座間DOLPHINオリジナル金メッキ丸端子+RB15 15,000円 (SOLD OUT)
 

無味を知る

オーディオをやるうえで一番大切なのは耳を良くすることだと思います。

世の中のオーディオファンが音の悪いオーディオ製品をわざわざ買う理由は

1、信頼に値しない雑誌を信じ

2、信頼に値しないオーディオショップを信じ

3、信頼に値しない自分の耳を信じる

からだと思います。

1〜2は自身に自信がない謙虚さが招く悲劇

3は自身に過剰な自信を持ってる悲劇です。

この悲劇を避けるためにはどうすればいいか?

簡単です、耳を良くすればいいのです。

それでは耳を簡単に良くする方法を。

それは無味を知る事。

そして無味を知る、理解する一番の方法は、市販の洗剤をやめ柔軟剤をやめる事です。

我が家では子供たちが学校から帰ってきたら真っ先にすることがあります。

それはお風呂に入る事です。

一番の理由は私が潔癖症と言う事が大きいのですが、その次が子供たちの体中に柔軟剤の臭いがついていているのが嫌だからです(柔軟剤の臭いは空気を通し移るのです)。

我が家の食卓では一切化学調味料・香料はなく、芳香剤もなく(代わりにあるのは空気清浄機6台、空気清浄機能付き除湿器4台、ファブリーズではなくアルコールスプレー)、その様な環境下で暮らすと、学校帰りの子供たちの柔軟剤臭は拷問と言うか、酔ってしまうのです。

「髪は必ず二回洗えよ(当然シャンプーは石鹸シャンプーです)」

これが私が子供たちに言ってる言葉です。

凄く不自由に感じるかもしれませんが、その代り食べ物の味、香りはよく分かります。

味覚や嗅覚に優れてるという事は、本来無味であるはずの水の味がよく分かります。

無味ではありませんが米の味がよく分かります。

塩・味噌・醤油・鰹節・・・

調味料や出汁の味がよく分かります。

「米の味なんて俺だってわかるさ」

「調味料の味なんて誰でもわかるよ」

その様に言われるかもしれませんが、理解度が全然違います。

それは無味である水の味を理解する能力があるからです。

結果

「この米には〜の水が合う」

「今日はこの様な気分だから〜の水で米を炊こう」

「このお茶は〜の水、このお茶は〜の水」

「この味噌汁は〜で作って」

「今日の肉は〜だからしゃぶしゃぶは〜で作って」

となります。

味噌汁、煮物、お茶等、全ての料理の陰の主役は味の土台を作る水なのです。

この水と言うのはオーディオで言うなら音楽の背景を作り上げる音場です。

そして本来は無味無臭である音場のクオリティというか音楽的味わいを決定づけるのが残留ノイズの質なのです。

私がこのブログでいつも言及する「残留ノイズの質」

このブログを読まれてる方は皆その大切さを理解してるはずです。

「残留ノイズの質を支配できる人間はオーディオを支配できる」

これは私がたった今つくった格言です。

(よほどSNの悪いオーディオ製品でない限り)オーディオ製品の電源を入れても普通は聴こえてこない、何も感じない残留ノイズ

これがオーディオの音を支配してる。

それを理屈でなく、体で理解するには「無味」を理解する必要があります。

私的には聴覚的無味も味覚的無味も実は同じです。

聴覚的無味を理解するには味覚的無味を理解する感性を身に付ければいいと思っています。

その様な味覚と嗅覚を手に入れるには、それを狂わすと言うか、麻痺させる市販の洗剤や柔軟剤をやめるのが手っ取り早いと考えています。

それでは何を使えばいいか?

理想は無添加せっけんと、クエン酸をベースにした柔軟剤です。

しかし水の硬度の高い地域の人たちがそれをやってしまうと洗濯槽に石鹸カスはつきますし、カビのもとにもなる。

軟水地域の方でないとお薦めできません(私は生活クラブの様な「どのような場所でも石鹸第一」の様な石鹸原理主義ではありません)。

私の様に軟水器を購入する方法もありますが(http://blog.zama-dolphin.jp/?search=%C6%F0%BF%E5%B4%EF)、それができない方にはこちらがお薦めです。

https://www.sonett.jp/product/product01/

香料はありますが天然香料で、後を引く様なものではありません。

我が家では軟水器をつけれない台所、洗面所、トイレにこの洗剤を用いています。

具体的には、我が家では台所の石鹸をこれに変えてから妻の手荒れが治り(つまり手荒れの原因は石鹸カスだったという事です)、コップの曇りもなくなりました。

非常に良い洗剤です。

って言うか、ここまで来て「俺ここで何を書いてるのだろう?」と思ったりもするのですが、迷いもなくオーディオに役立つというか、耳を良くするためのダイレクトファクターの話です。

もしよろしければ実行されてみてください。

音楽に対する理解力が今まで以上に増すかもしれません。

いえ、増すはずです。