<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017年ラスト1ケ月特別商品3番目

「2017年あと1ケ月に向けまして」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=914

「2017年ラスト1ケ月特別商品2番目」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=915

の特別商品2つに続く3つ目ですが、今年9月12日に前触れもなく10個限定で発表し、2日後の9月14日には販売終了となりましたコンセントスタビライザーです。

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=883

たまたま過剰に作っていたXP-PSC Flare LimitedのACアースブレード10本Tを発見した為に何年も前から持っていた構想を「形にしてしまおうか!」と製品化したものです。

この製品を用いた時の音を聴いてしまうと、この製品を用いた時の映像を観てしまうと、

「よくぞ過剰パーツを見つけた!」

「よくぞ長年の構想を忘れることなく形にした!」

と自分をこれ以上ないくらいに褒めてあげたくなります。

それほどの製品です。

このブログを読まれ、この製品をご購入された方ならこの製品の凄さが理解いただけると思います。

そしてこう思ったはずです。

「空いているコンセントは塞がねば!」と

その様なわけで、ご購入いただいたお客様の中には

「まだ空きコンセントがあるんです。もっと買っておけばよかった!」

という方が何人もおられました。

ご購入いただけなかった方も含め

「もう再販はないんですか?」

と多数のお問い合わせも。

それならばという事で、3番目の特別商品はコンセントスタビライザー HLP-PSST です。

さすがにもう過剰パーツはありません。

今回はこの製品の為だけにXP-PSC Flare Limited用ACアースブレードを10本作る事にしました。

ただいまメッキに出していまして「何とか12月中頃までお願いできませんでしょうか。」とメッキ屋さんにも御願いしております。

価格はこれ専用に新たに作る為55,000円⇒63,000円になることはお許しください(ただ導入されてる方なら、この製品が「それでも安い!」という事はご理解いただけるはずです)。

一つはっきり言える事、

「空きコンセントがある事は嬉しい事!素晴らしい事!!何故ならそこにHLP-PSSTを差し込むと物凄い事が起こるから。」

どの様な物凄い事が起こるかはもう一回

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=883

をご覧ください。

私にはあの時の興奮以上の文章をもう一回書くことができません。


2017年ラスト1ケ月特別商品3番目

コンセントスタビライザー HLP-PSST 63,000円(税込) ※10個限定

2017年ラスト1ケ月特別商品2番目

前のブログの

「2017年あと1ケ月に向けまして」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=914

の特別商品1つ目に続く2つ目は、昨年末25SET限定販売で有終の美を飾ったケーブルインシュレーターXP-CINです。

最近のブログ

「XP-CINオーナーの優越感」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=909

でも紹介しています。

復活するわけではありません。

ただ製作するときには必ずクオリティーコントロールの保険をかけて少し多め(+自分用)を作ります。

自分用は手放しませんが、クオリティーコントロール用に多く作ったものが16個(4SET)あります。

こちらを最新仕様にして4SET限定で販売させていただきます。

最新仕様に価格をつけるなら58,000円+バージョンアップ料金12,000円=70,000円です。

ただ、その価格で販売しては限定品を購入していただいたお客様に申し訳ありません。

78,000円/4個1SETで販売させていただきます。


直近の「オーディオアクセサリー」誌を読みました。

ケーブルインシュレーター特集のようなものをやっていましたが、どれも化石的コンセプトのケーブルインシュレーターです。

あれならケーブルインシュレーターは使わないほうが良いと思います。

XP-CINこそが最初で最後の真っ当なケーブルインシュレーターだと自負しています。

今回の4SETは上にも書きました通り販売復活の4SETではなく、クオリティーコントロール用に多めに作った4SET

これが本当の最期です。


ケーブルインシュレーター HP-CIN 78,000円(4個1SET) ※4SET限定

2017年あと1ケ月に向けまして

2017年もあと1ケ月となりました。

この1ケ月、2017年をしっかりと締めるべく、そして私的理由で頑張らないといけません。

その私的理由と言うのは前のブログ(http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=910)の

「自分で言うのもなんですが、ここ最近の自分の出す製品は凄いと思います。
完全に自分の能力を超える製品を出しています(その理由は後日でも)。」

にかかってくるのですが、

その理由とは自分がナルシストになったというものではなく、実は来年2月初め前後に4人の子供の父親になってしまう事に。

以前から3人の子供は欲しいと思っていたので、3人の子供の父親になった時は事を重く考えることは無かったのですが(単なる鈍感なのでしょうが)、さすがに4人の子供の父親となると「家族全員をしっかりと養っていけるかな?」と怯えてしまいまして。

とにかく今は「仕事をしっかり頑張り、お客様の信頼を得、家族を養っていくしかない!」と。

我が家の6人目の家族をしっかりと守るべく、結果論として自分の能力以上の事をしているというだけなのです。

恐らく2018年の2月初め前後2〜3週間ほどは仕事ができないと思います。

だからこそ2017年残り1ケ月しっかりと頑張らないといけません。

さて、2017年を締めるべく特別な商品を三つ用意しました。

一つ目は今年4月1日から完全受注生産になったCROSS POINT社のリファレンス壁コンセントXP-PS Flare≒Limitedです。

完全受注生産で388,000円⇒500,000円になった製品です。

さすがにこの価格になるとポンポン売れるものではなく、4月1日移行1個も売れていません。

だからこそご案内できるのですが、私所有のXP-PS Flare≒Limited を1個(まだ組み立てていない新品)を3月31日までの価格でご案内させていただきます。

CROSS POINTにはXP-PS Flare≒Limitedの関係パーツはもうなく本当に今後は完全受注生産で、今回は私の所有物をHLP-PS Flare≒Limitedとして販売させていただきます。

HLP-PS Flare≒Limited 388,000円(税込) ※1個限定

この価格で販売するのはこれが本当の最期になります。

残り二つの特別な商品は後ほど
 

お支払いに関する業務連絡
お支払いに関します業務連絡です。

当店で商品をご購入いただくお客様のお支払いですが、今までは「現金」と「クレジット会社による分割払い」のみでした。

カード払いを要望されるお客様が非常に少なかったといいますか、殆どおりませんでしたので、今まではカード払いに関しましては対応できずにいました。

ただ、最近「カードで払えますか?」というお問い合わせが少しずつ増えてきました。

それに対応すべく、今後はカード払いのお客様へは「PAY PAL」で対応させていただくこととしました。

1万円以上のお支払いに限り、基本カード手数料なしという事で(注:当店オリジナルのHPシリーズまたはHLPシリーズに関しましては2.9%+40円〜3.6%+40円かかります)対応させていただきます。

よろしくお願いします。



チャーリー・ハンセンさんが亡くなられました

AYREの主宰者のチャーリ・ハンセンさんが亡くなられました。

10年以上前に自転車事故で怪我をされ体調が思わしくないことはAXISSの方からも聞いていましたが、

今朝ショートメールでT橋(元AXISS)さんから

「チャーリー・ハンセンが亡くなりました」

との連絡が。

「なんで知ったの?」と聞くと

「AYREのFACE BOOKに載ってるよ。」と

https://www.facebook.com/AyreAcoustics

「なんかさ〜電車の中で泣きそうになってしまったよ。本当に良い奴だったからさ。」とT橋さん

正直T橋さんから聞くチャーリーの話はいつも愚痴

「あいつ1意見言うと100の反論で返ってくるから、メールで意見言うのも嫌になるんだよ。」と

「本当に嫌な奴ですね。」と同調する自分

でありましたが、そのプライドの高さ負けん気の強さはオーディオへの愛からくるものだとT橋さんも知っていたようで、

経年劣化パーツ以外は基本修理代0に対しても(今は変わったのかな?)

「向こうは修理に関係するパーツ類をすべて無償で日本に送ってくる。向こうがそれほどまでの覚悟で対応してるのだから、こっちもお客様に対し技術料なんて請求できなよ。」と

う〜〜〜ん

別にここに綺麗事を書こうと思っていないので、美辞麗句を並べるわけにもいかず何を書けばいいか分かりませんが、私が唯一愛したプリアンプとパワーアンプはKX-R(Twenty)とMX-R(Twenty)だけです。

あの合理的デザインはそのまま美しさに繋がり、この製品に会って以降、世の中全てのアンプが間抜けに見えるようになりました。

恐らく壊れて使えなくなるまでこのアンプ使い続けるのだろうなと思います。

凄い接点があるわけでもなく、AYRE製品すべてが好きなわけではありませんが、私が唯一愛を感じたプリとパワーを作り上げたチャーリーハンセンは間違いなく天才です。

HP-INAJ/N1にSEバージョン登場

「この様なものを作りました」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=897

「この様なものを作りました」完成報告

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=901

「HP-INAJ/N1 試聴結果報告2」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=904

で紹介していますDELA N1シリーズ用インシュレーターにSE仕様が登場します。

違いは何かといいますと、ネジが違います。

HP-INAJ/N1SEでは選別無酸素銅削り出しネジに当社オリジナルの金メッキが施されています。

筐体に固定するネジを器機の残留ノイズをコントロールする素材と考え、また筐体とインシュレーターを繋ぐ緩衝材として考えました。

タフピッチ銅と違い選別無酸素銅は純度も高く当社の金メッキとの相性は抜群。

オーディオ製品が持つ残留ノイズの質を良い方向へ導いてくれます。

また削り出し構造で作られた銅ネジは圧造で作られたネジの様に過度に硬くなることは無く粘性を持ち、高い内部損失を持ちます。

インシュレーターの振動を筐体に伝えにくくする緩衝材としては理想的です。

以上の理由から作り上げられたHP-INAJ/N1SE用ねじですが、XP-INAJ/N1SE発表前にお客様のF様に確認いただきました。

試聴結果は下記のようになります。



「HP-INAJ/N1SE用、早々に聴いています。

『音楽の躍動感が、素晴らしいです!』

全てが、ここに集約すると思います。

ドラムスの皮の振動が見えるように、生々しいです。
ベースもうねります。
無空から、突然音が飛び出して来ます。
音の消え際も、一つ一つの楽器が、尾をひくように消えて行きます。
DSD音源が、派手さは無いが、とても自然に
 ・・・アナログ音源に近いと云われていることを、初めて実感しました。

一時間半ほど聴いた、一報です。

これは、ハイレゾ音源への答えの製品かもしれません。」



というものです。

自分がイメージする音がF様のシステムでも再現され、自信をもってHP-INAJ/N1SEを発表させていただきます。

HP-INAJ/N1を含めDELA N1用インシュレーターは以下のようになります。

・HP-INAJ/N1 108,000円 (4個1SET)

・HP-INAJ/N1SE 128,000円 (4個1SET)

・HP-INAJ/N1⇒HP-INAJ/N1SEバージョンアップ料金 22,000円

※HP-INAJ/N1SE登場前にHP-INAJ/N1をご購入いただいたお客様へのバージョンアップ料金は20,000円とさせていただきます。

NEW XP-DIC/USB EN

CROSS POINT社のUSBケーブル XP-DIC/USB ENのモデルチェンジのご案内です。

大変に素晴らしい製品に仕上がったと思います。

前回のモデルチェンジ

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=717

からケーブルも端子も一切変わっていません。

しかしそのサウンドは完全に1ランク、いやそれ以上に上です。


今回のモデルチェンジのコンセプトは純度の追求と、完成度の追求です。

ワイヤーがケーブルとしてパッケージングされる際に混入する不純物、ターミネートする際に混入する不純物、これらを徹底的に排除する事で、本来ケーブルが持つ、コネクターが持つ能力を出し切る事が可能となりました。

また完成された製品としてはパフォーマンス向上で手を打つのではなくイメージ上の音が出るまで細かいセッティングが続けられました。

イメージ上の音が出るまで開発をやめないという事は今まで殆どなかったと思います。

今までもイメージ上の音を追いかけ製品を作り上げてきましたが、思考と現実の誤差はかなり多めにとっていました。

その意味で私の音楽的感性をさらけ出す、言い訳のできない製品だと思っています。

実はこの流れ、ここ最近登場しましたNEW XP-WSBやNEW XP-SBシリーズ、生産完了品ですがNEW XP-CINも同じです。

自分で言うのもなんですが、ここ最近の自分の出す製品は凄いと思います。

完全に自分の能力を超える製品を出しています(その理由は後日でも)。



さてそのサウンドですが、とにかく聴感上のSNが高く、歪も少ないというか皆無に近いと思います。

「煩さを探す」

この職業で培われた私の耳に煩さが届いてきません。

本当に心に耳に安心安全なサウンドです。

そしてそのサウンドは安心安全=有機農産物を思わせる様に味が深く、そして濃い。

オーディオ的用語を並べる事よりも音楽的な旨味に溢れた音を言葉に表したくなります。

その言葉は人それぞれ食べ物の好みによって違うかもしれませんが、とにかく「美味しい音」

NEW XP-DIC/USB ENはそのような音だと思います。


NEW XP-DIC/USB EN 158,000円 (1m ±48,000円/m)

※旧モデルからのバージョンアップは40,000円となります。

XP-CINオーナーの優越感

 

ここ最近の私はNEW XP-WSBの登場

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=898

そしてNEW XP-SBシリーズ の登場

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=907

に伴う旧製品からのアップデート需要の為、ずっとアップデート加工をしています。

正直大変です。

しかしお客様の喜びの声を聴くたびに自分の事のように嬉しいです。

★XP-WSBをアップデートされたお客様の声
「いつもながら、仰るとおりの音の変化が出て驚いています。本当に脱帽です。
オーディオ的なエッジがきれいに取り払われて、音の階調で全てが語られる。
僕はデジカメも相当好きなのですが、良いカメラには、解像感よりも階調がある。
それは数値化できない評価軸なのですが、人間のセンサーはむしろそこに鋭敏に反応するように出来ているように思えます。
そんなことを思い出させてくれました。
なにせ、何を聴いても「ここはイヤな音が出るな」と身構える必要がない。
温泉のような癒やしの効果がありながら(音楽って本来そういうものですよね)、実は細部の描写にも抜かりがない…。
実音に近いくらいに音量をグイグイとあげたくなります。」

★XP-SB Flare Limited/Hをアップデートされたお客様の声
「本日、無事に受け取り 早速 片側100kgものスピーカーと格闘しながら
XP-SB Flare Limited/H に傷を付けない様 慎重に設置し
元音の記憶を頼りに 比較試聴を行いました。
まず第一印象として
情報密度がさらに増し濃密になったのはすぐに感じ取れたのですが
これまでは2次元的なキャンバス上の情報密度上昇が中心だったのが
今回のアップデートでは、3次元的に立体空間全体に渡り 情報密度の向上が
顕著に感じ取れました。
また、前回アップデートして頂きましたカップリングインシュレーターと同様
さらに耳に優しく、嫌な音を出さない変化も感じることが出来ました。
どの様なアップデート内容なのか非常に気になる所ではありますが
結果として、この様に好結果を得ることが出来 良かったです。
まずはお礼と報告まで。」

を紹介させていただきます。

「そりゃ〜ちょっとは良くなったんでしょ?ただそんな小さい改良に一々お金を出していられないよ。」とお思いのあなた!

そんなこと言っちゃ年越せませんよ。

新旧のパフォーマンス差は聴き比べなければ分からない差ではないですから。

マイナーチェンジのパフォーマンスアップではなく、フルモデルチェンジのパフォーマンスアップ。

いや、同一カテゴリー内のパフォーマンスアップではなく、別カテゴリーへのパフォーマンスアップと思っていただいて結構です。

有機ELと液晶テレビの差が分かる感性があるのでしたら、誰でもわかる差だと思います。

さて、ただでさえアップデート作業で大変な中、自分を更に大変にする最悪な!?いや大変に嬉しいご案内です。

このアップデート作業を限定販売された今となっては幻のオーディオアクセサリーXP-CIN

http://log.zama-dolphin.jp/?eid=63

に施してしまったのです。

その効果は・・・・

「あ〜最悪、いや失敬、すっ、すっ、凄すぎる!!」

アップデート作業が施されたNEW XP-CINの前ではこれまでのXP-CINは情報がスッキリ、音がサッパリ。

「もう聴くに堪えない」

言い過ぎでしょうか?

(4個1SET用いた差でなく)たった1個の比較で新旧の差は歴然なのです。

もっと言うと新旧の差はそれまでのXP-CINを用いた時と用いない時の差ほどに感じてしまうのです。


アップデート料金ですが

12月15日までの申し込みの場合は

12,000円/4個1SET(追加の場合は+10,000円/4個1SET)

12月15日~12月25日(生産完了製品の為これ以降はアップデート対応は終了とします)

17,000円/4個1SET (追加の場合は+15,000円/4個1SET)

となります。

それでは、良いお年をお迎えください。

いやいやまだ今年は1ケ月ちょっとあるって〜

ていへんだ〜KRELL製品の価格が上がっちまう

ていへんだ〜

ていへんだ〜

KRELL製品が値上がりしちまうってよ!

これはていへんだ〜

こりゃ〜来年キャッシュで買うより今年クレジットで買っておいた方がいいかもしんね〜ぜ!

ってお前は何者だって感じですが、12月1日からのKRELL製品の価格改定をご案内差し上げます。

XP-SBシリーズ急遽モデルチェンジ

「NEW XP-WSB 絶対的自信、これが完成形」

http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=898

と急遽モデルチェンジしたXP-WSB

当然この技術はXP-SBシリーズにも応用できるわけです。

本日どのくらいその取り分があるかをチェックするために製品加工⇒ヒアリングテストを行っていたのですが、残念ながら凄い効果が。

これはすぐにモデルチェンジとして対応しなければいけないという結論に達しました。

その様なわけで現行製品

XP-SB 44,000円(4個1SET)

XP-SB Flare 88,000円(4個1SET)

を急遽モデルチェンジし

NEW XP-SB 54,000円(4個1SET)

NEW XP-SB Flare 98,000円(4個1SET)

とすることにします。


当然現行XP-SBと現行XP-SB FlareからはNEWモデルへのアップデートが可能です。

バージョンアップ料金はどちらも

12,000円/4個1SET(追加の場合は+10,000円/4個1SET)

として12月15日まで対応させていただきます。

12月15日以降は

17,000円/4個1SET (追加の場合は+15,000円/4個1SET)

となります。

また限定販売されましたXP-SB Flare Limited/LとXP-SB Flare Limited/Hは最強の宿命を背負う以上同じようにアップデートに対応させていただきます。

以上、XP-SBシリーズの緊急モデルチェンジのご案内です。